CP+2020開催中止。だからカメラ業界はダメなんだ!

新型コロナを理由に、CP+2020の開催中止が発表されました。

なんという気概のなさ。根性のなさ。実に情けない。

カメラ業界が厳しい状況にあり、日本全体が暗いムードの中、「こういう時だからこそ、カメラ業界を盛り上げるために開催しましょう!」と声を上げる者がなぜいないのか?

もう新型コロナの市中感染は起きているのに、カメライベントで感染を防げる防げないなど言っていても意味がない。またCP+に限らずこのような過剰な自粛行動は社会活動を停滞させてしまう。

日常を取り戻す最短の道は、日常のごとく振る舞うことなのに。

行くか行かないかはお客さんが決めればいい。
出たくないスタッフには無理強いしなければいい。

その上で「新型コロナより新型カメラだ!」という人こそ本物のカメラマニアだろう。

その上で「CP+を楽しみに来てくれる人が1人でもいるならうちはやる!」というのが本物のカメラメーカーだろう。

CIPAのCP+中止に対する説明は「会場で感染する人が出て責任問題になったら面倒だから中止します」と言っているも同然。カメラメーカーも同様。

彼らは「お客様のため」と言いつつ、実際には自らの保身のために真っ先に遁走した単なる腰抜けに過ぎない。

あなた達は「カメラ映像機器工業会」ではないのか?
あなた達は「カメラメーカー」ではないのか?

カメラや写真に人生を賭けたのではなかったのか?

こんな信念と覚悟のない奴らが中心にいたのでは、カメラ業界が衰退するのも当然だろう。本当に情けない。

 

Reported by 山﨑将方