カテゴリー別アーカイブ: その他

CP+2020開催中止。だからカメラ業界はダメなんだ!

新型コロナを理由に、CP+2020の開催中止が発表された。

なんという気概のなさ。根性のなさ。実に情けない。

カメラ業界が厳しい状況にあり、日本全体が暗いムードの中、「こんな時だからこそ、カメラ業界を盛り上げるために開催しましょう!」と声を上げる者はいなかったのか?

どのようなイベントであっても感染防止のための努力はするべきだろう。しかしもう新型コロナの市中感染は起きているのだから、今更CP+だけ中止しても意味がない。

彼らは「カメラは手に触れるものだから」というが、物に手に触れたり混雑する場面など、CP+でなくともあらゆるイベント、あらゆる日常の中に幾らでもある。

一方で彼らは相変わらず通勤しているのだから全く愚かとしか言いようがない。

自由参加のCP+と半ば強制的に乗せられる混雑した通勤電車。どちらが新型コロナに感染しやすい環境なのか?

除菌することが可能な展示機のカメラと、そのような間も無く掴まらざるを得ない電車のつり革や手すり。どちらがウイルスが付着している可能性が高いのか?

お客さんやスタッフの安全面を考えるというならそもそも全ての企業はテレワークのみにするべきだろう。彼らの主張は最初の段階から矛盾しているのだ。

「仕事は仕方ない。CP+は遊びのイベントだから同列ではない」という人がいるが、ならば「カメラメーカーはCP+を遊びで開催している」ということになる。その方が業界の恥である。

カメラ業界にとってCP+は本気の祭りの場であり、いわゆる「不要不急」のものではなく、言うなれば「必要火急」なものであるはずだ。

そしてそう思えない人間はカメラ業界から去るべきだ。

そもそも感染症が怖いからやらないというのであれば、CP+を毎年インフルエンザが流行している時期に開催していること自体矛盾である。

インフルエンザで毎年何人の人が死んでいるか知っているだろうか?厚労省によると2018年も2019年も3,000人以上の方がインフルエンザ感染が原因で亡くなっている。

CP+が開催される2月だけで見ても、2018年2月が1,260人、2019年2月が1,107人もの方がインフルエンザで亡くなっている。

つまりCIPAの言い分が正しいなら「インフルエンザに感染するかもしれないからCP+は毎年中止にすべき」ということになる。

CP+に行くも行かないもお客さんが決めればいい。
出たくないスタッフには無理強いしなければいい。

その上で「新型コロナより新型カメラだ!」という人こそ本物のカメラマニアだろう。

その上で「CP+を楽しみに来てくれる人が一人でもいるならうちはやる!」というのが本物のカメラメーカーだろう。

CIPAのCP+中止に対する説明は、「会場で新型コロナに感染する人が出て責任問題になったら面倒だから中止します」と言っているも同然。カメラメーカーも同様。

彼らは「お客様のため」と唱えつつ、実際には自らの保身のために真っ先に遁走した単なる腰抜けに過ぎない。

もう一度言おう、彼らはお客さんやスタッフのためなどではなく、保身のために逃げたのだ。カメラを捨ててだ!

あなた達は「カメラ映像機器工業会」ではないのか?
あなた達は「カメラメーカー」ではないのか?

カメラや写真に人生を賭けたのではなかったのか?

こんな信念と覚悟のない奴らが中心にいたのでは、カメラ業界が衰退するのも当然だろう。本当に情けない。

新型コロナに限らず病気とは「正しく恐れ、正しく恐れない」という姿勢が大切だろう。このような過剰な自粛行動は社会活動を停滞させるだけで単純に無意味である。

そして日常を取り戻す最短の道は、日常のごとく振る舞うことなのだ。

こんな時だからこそカメラ業界は、「あのとき日本中が新型コロナに怯えていたが、我々は勇気と冷静さを失わなかった。自分たちの仕事を放棄することなく、膝を屈しなかった」という歴史を刻むべきだったのだ。

 

Reported by 山﨑将方

年間カメラメーカーシェア発表!BCN 2020

BCN AWARDは、全国の量販店の実売POSデータを日次で収集・集計した「BCNランキング」に基づき、 カメラやレンズ製品などの年間(2019年1月1日-2019年12月31日)販売台数1位のトップベンダーの功績を讃える、非常に知名度のあるマーケティング会社の賞です。

目次
  • デジタル一眼レフ部門
  • ミラーレス部門
  • コンパクトデジタルカメラ部門
  • 交換レンズ部門
  • ビデオカメラ部門
  • アクションカム部門
  • 三脚・一脚部門
  • カメラバッグ部門
  • インクジェットプリンタ部門

今回は2019年最も売れたメーカーはどこなのか?そのシェアが遂に明かされます! 続きを読む 年間カメラメーカーシェア発表!BCN 2020

その時代を生きた者にしか語れない、この10年のカメラ業界史

ミラーレスカメラ

皆さんこんにちは。

令和元年ということもあり、今回はリアルその時代を生きた者にしか語れない視点から、この10年間のカメラメーカーの潮流をまとめてみます。

[目次]

  • 2009年頃 〜ミラーレスの始まり〜
    • 2009年頃を代表するカメラ
    • 2009年頃のカメラ業界の潮流
      • ミラーレスの始まりは静かに
      • 判断を間違えたリコーのユニット交換式
  • 2010年頃 〜将来性を感じさせるEマウントの登場〜
    • 2010年頃を代表するカメラ
    • 2010年頃のカメラ業界の潮流
      • 未来を見据えたEマウントの誕生
      • マイクロフォーサーズシステムに漂う暗雲
      • 当時の各社カメラメーカー担当者との思い出
      • 後発ゆえに正しい道を選べたソニー
      • Aマウントの終焉を認める結果になったトランスルーセントミラー・テクノロジー
  • 2011年頃 〜荒れ狂うカメラ女子ブーム〜
    • 2011年頃を代表するカメラ
    • 2011年頃のカメラ業界の潮流
      • 一眼レフへの未練を捨てきれなかったニコンとペンタックス
      • 吹き荒れるカメラ女子ブームと翻弄されたメーカーたち
      • 最初から地獄だったPENTAX Qとビッグチャンスを逃したNikon 1
  • 2012年頃 〜機械計測という新しい評価基準〜
    • 2012年頃を代表するカメラ
    • 2012年頃のカメラ業界の潮流
      • カメラ女子ブームからカメラ男子ブームへ
      • DxOに代表されるレビューサイトの一般化
      • レンズ開発の実例にみる性能数値化の危険性
      • カメラの評価に対する思想が求められる時代に
  • 2013年頃 〜遂に登場したフルサイズミラーレス〜
    • 2012年頃を代表するカメラ
    • 2013年頃のカメラ業界の潮流
      • フルサイズミラーレスの始まり
      • DfとFマウントのニコンにとっての功罪
      • その他のミラーレスメーカーの苦しみ
      • レンズ交換式カメラが売れた最後の年
  • 2014年頃 〜レンズ交換式カメラまでもがスマホの餌食に〜
    • 2014年頃を代表するカメラ
    • 2014年頃のカメラ業界の潮流
      • 徹底改善されハイアマのフルサイズミラーレス移行を予感させたα7 II
      • ユーチューバーを主体に自撮り動画需要に嵌ったLUMIX GH4のコンセプト
  • 2015年頃 〜加速するソニーの技術力〜
    • 2015年頃を代表するカメラ
    • 2015年頃のカメラ業界の潮流
      • ソニーの技術力を見せつけたα7R II
      • ひっそりと動画用途でプロに広がり始めたα7R II
  • 2016年頃 〜打つ手がなくなったオリンパスの凋落〜
    • 2016年頃を代表するカメラ
    • 2016年頃のカメラ業界の潮流
      • オリンピックイヤーを飾った一眼レフの高級機達
      • かつての大成功に足を引っ張られたオリンパス
  • 2017年頃 〜一眼レフの到達点とミラーレスへの転換点〜
    • 2017年頃を代表するカメラ
    • 2017年頃のカメラ業界の潮流
      • ハイクオリティを実現したD850とそれゆえに見え始めた一眼レフの到達点
      • 報道用プロ機の市場に進出し攻勢を仕掛けたソニー ブルーオーシャンへ船出した富士フイルム
  • 2018年頃 〜ついに登場したZとRF〜
    • 2018年頃を代表するカメラ
    • 2018年頃のカメラ業界の潮流
      • 待望のニコン・キヤノンのフルサイズミラーレスの登場とその評価
      • 悩ましいマウント径とフランジバック長の選択
      • 新マウント採用を決断したキヤノン
  • 2019年頃 〜ソニーの失速とタイタニックと化したカメラ業界〜
    • 2019年頃を代表するカメラ
    • 2019年頃のカメラ業界の潮流
      • ここ数年業界をリードしてきたソニーの停滞
      • 止まらないカメラ業界の衰退
      • パナソニックもフルサイズミラーラレスに参戦
  • 2020年以降 〜写真文化とカメラの変遷〜
    • カメラ業界を救う術は…もうない。
    • それでも写真文化は無くならない

というわけで今回は、2009-2019年までの10年間のカメラ業界の潮流をお話しします。 続きを読む その時代を生きた者にしか語れない、この10年のカメラ業界史

乃木坂46の番組にてソニーα7 IIIをバナナマンが使用して撮影

乃木坂工事中

皆さんこんにちは。

乃木坂46のバライティ番組、「乃木坂工事中」にて、乃木坂46の神宮球場ライブの舞台裏をバナナマンが撮影するという企画が行われ、その撮影にソニーのα7 IIIが使用されました。

そこで今回は乃木坂工事中でソニーα7 IIIが使われたという話をご紹介します。 続きを読む 乃木坂46の番組にてソニーα7 IIIをバナナマンが使用して撮影

東京夜景空撮動画の名作をご紹介

DSC01495
Photo by 山﨑将方

皆さんこんにちは。今回は、東京空撮動画の名作をご紹介したいと思います。

世界最大の都市である東京都は、その夜景のスケールも世界トップクラス。その東京の夜景の魅力を余すことなく捉えた空撮夜景動画の傑作をいくつか今回ご紹介します。 続きを読む 東京夜景空撮動画の名作をご紹介

レンズマウントの潜在能力を測る、バリューアングルという考え方

レンズマウント

バリューアングルな皆さんこんにちは。

富士フイルムがXシリーズののイベントにおいて、レンズマウントの潜在能力を表すバリューアングルなる考え方を提唱しています。

そこで今回はこのバリューアングルの意味と各マウントのバリューアングルの数値をご紹介したいと思います。 続きを読む レンズマウントの潜在能力を測る、バリューアングルという考え方

グラビア撮影風景がわかる雑誌のYouTubeチャンネル

ポートレートファンの皆さんこんにちは。

プロのモデルさんを撮影するようなポートレート撮影は、風景写真などと比較して実際に自分で撮影経験を積むのが難しいジャンルです。

そこで今回は、ポートレートの現場の雰囲気とはどのようなものか?を知るためおすすめのYouTubeチャンネルをご紹介したいと思います。 続きを読む グラビア撮影風景がわかる雑誌のYouTubeチャンネル

プロフォトグラファーの年齢・性別・経歴などの属性は?

プロフォトグラファーを目指す皆さんこんにちは。

プロフォトグラファーは男性社会と言われることがありますが、現在の業界はどのようになっているのでしょうか?

また、広告写真業界ではどのような被写体の撮影が多いのか?

広告写真の専門誌であるコマーシャル・フォト2019年2月号に、コマーシャルのプロフォトグラファー205人を対象に行ったアンケート、「フォトグラファー白書 2019」が掲載されています。

そこで今回はこのフォトグラファー白書を参考に、プロフォトグラファーの大まかな属性などについてご紹介したいと思います。 続きを読む プロフォトグラファーの年齢・性別・経歴などの属性は?

歴史に残るデジタルカメラ時代の名機をご紹介!

名機ファンの皆さんこんにちは。

フィルムカメラの名機というのはこれまでにも数多語られてきました。

しかしフィルムカメラと比較して、イメージセンサーの進化や現在も進化が続いていることなどから、デジタルカメラの名機というのは語られにくく、また難しい問題でもあるでしょう。

そこで今回はレンズ交換式デジタルカメラの中から、

  • デジタルカメラの歴史に影響を及ぼしたか?
  • 機種そのものが普遍的な価値を有しているか?
  • 使わなくても所有しておきたい魅力があるか?

といったことを基準として、

個人的に「これはデジタルカメラ時代の名機と呼べるのではないか?」という機種を選んでランキング形式でご紹介したいと思います。 続きを読む 歴史に残るデジタルカメラ時代の名機をご紹介!