カテゴリー別アーカイブ: その他

世にも不思議で美しいエリック・ヨハンソンの写真世界へようこそ。

ブリリアントです。

Aïshti
画像:Erik Johansson(http://www.erikjohanssonphoto.com/)

今日は世にもユニークで美しい写真を発表しているスウェーデンの写真家、Erik Johanssonさんの写真表現の世界を見に行きましょう。Photoshopによる画像の合成やレタッチはバリバリに行われていますが、CGはわずかしか使われておらず、ほとんどは実際に撮影した画像を使用して制作しているようです。

ちなみに使用機材は、

  • カメラ Hasselblad H5D-40
  • PC 自作PC + MacBook Pro 15inch
  • 液晶モニター Eizo ColorEdge CG318-4K
  • レタッチソフト Adobe Photoshop CC

さっそく、その摩訶不思議な世界に浸っていきましょう! 続きを読む 世にも不思議で美しいエリック・ヨハンソンの写真世界へようこそ。

ニッシンDi700A/Air1が世界を救う!「最後の閃闘士」を見よ!

光あるところ影あり、山崎將方です。

今回はクリップオンストロボの有名メーカー、ニッシンジャパンが製作したYouTube動画「最後の閃闘士」とDi700A/Air1のご紹介です!

ニッシンジャパンのマスコットキャラクターとしても有名なDi700Aちゃんから進化したキャラクター、「閃闘士リューネ」が活躍するショートムービーで、写真好きな女子高生「灯月 輝」(ひづき あきら)が、世界の命運を賭け、大魔王「暗影(クラカゲ)」との戦いに巻き込まれていく…というストーリーです。 続きを読む ニッシンDi700A/Air1が世界を救う!「最後の閃闘士」を見よ!

道無き道を行け!カメラマンにおすすめの人気SUVトップ10!

ブリリアントです。

ランボルギーニ ウルス エクステリア
画像:Lamborghini(http://www.lamborghini.com/jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/)

今日は写真愛好家の皆さんにオススメのSUVをご紹介します。え?カメラマン向けのSUVとかあるの?というかカメラ系サイトなのに?と思われたことでしょう。

道無き道を行く風景写真愛好家にとってSUVは無くてはならないものなのです。そんな私も原付限定免許持ってますし! 続きを読む 道無き道を行け!カメラマンにおすすめの人気SUVトップ10!

シャボン玉撮影のコツとテクニック!

はーツタヤが近所に欲しい。山崎將方です。

皆さんシャボン玉撮ってますか?シャボン玉の撮影はポートレートなどでも行われますが、一風変わった凍りゆくシャボン玉動画とシャボン玉撮影のお話です。まずはポーランド、ワルシャワ在住の写真家Pablo Zaluskaさんが撮影した世にも幻想的な動画を御覧ください。 続きを読む シャボン玉撮影のコツとテクニック!

「カメラマン」「フォトグラファー」「写真家」なぜ呼び方が違う?

フシャー!ブリリアントだっちゃ!

D810_1
Photo by 山崎將方

仕事で撮影している人の名刺や肩書きを見てみると、肩書きは「カメラマン」だったり「フォトグラファー」だったり「写真家」だったり色々です。今日は写真撮影を仕事にしている人の呼び方について考察してみたいと思います。 続きを読む 「カメラマン」「フォトグラファー」「写真家」なぜ呼び方が違う?

北極圏でお茶をブチまけるとどうなるのか?

ほーい。アメグラの時間だよー

北極圏でお茶をぶちまける
画像:Michaelhdavies(http://www.michaelhdavies.com/)

マイナス50℃の北極圏で水筒のお茶をブチまけたらどうなるでしょうか?

今日はそんな馬鹿げたことにチャレンジし、素晴らしい作品を撮影したMichael H Daviesさんとその友人マーカス君のお話です。 続きを読む 北極圏でお茶をブチまけるとどうなるのか?

12/23「モダンレトロ」写真教室レポート☆アートな感性が溢れ出す!


Photo by yohei

12/23の「モダンレトロ」写真教室では6名の生徒さんに参加して頂き、誠にありがとうございました!
その中で、掲載許可を頂いたyoheiさんの作品を一部ご紹介いたします。OLYMPUS EM-1で撮影された、感性豊かな作品をぜひご覧ください☆ 続きを読む 12/23「モダンレトロ」写真教室レポート☆アートな感性が溢れ出す!

ナショジオカメラマンの動物スタジオ撮影がスゴすぎる!

ジングルベール♪ジングルベール♪ひらはらです。

今回ご紹介するのは、写真家ジョエル・サートア氏によるナショナル・ジオグラフィックの「Photo Ark」というプロジェクトです。

世界中で絶滅危惧種になっている生き物が12,000種いることをアピールするため、彼は1種ずつをひたすらスタジオ撮影していきます。

百聞は一見に如かずということで、まずはこちらの動画をご覧ください。

ユーモラスなメイキング動画ですが、自由奔放な生き物たちをスタジオでかっちり撮影するということが、どんなに大変な行為なのか伝わってきますね…! 続きを読む ナショジオカメラマンの動物スタジオ撮影がスゴすぎる!