カテゴリー別アーカイブ: その他

BCN2019カメラ市場シェアはキヤノン全部門首位、ニコンが追い上げ中?

レンズ交換式 一眼レフ ミラーレス コンデジ
キヤノン 46.8% 56.5% 34.6% 35.6%
ニコン 21.9% 43.4% 33.3%
オリンパス 13.7% 28.0% 2.1%
ソニー 12.7% 27.5% 10.5%
パナソニック 3.7% 7.6% 1.0%
富士フイルム 1.1% 2.3% 3.8%
リコー 5.2%
カシオ 8.4%

BCNランキング(全国の家電量販店やECサイトのPOSデータを日次で集計したもの)を元に、BCN AWARD 2019(2018年分)の各カメラメーカーの現時点での国内市場シェアを概算してみました。

2018年上半期のシェアは現在のところ、

  • レンズ交換式カメラ全体:キヤノンが圧倒
  • 一眼レフカメラ:キヤノン首位を維持もニコンが追い上げ傾向
  • ミラーレスカメラ:キヤノンが遂に国内市場で首位に
  • コンパクトデジタルカメラ:キヤノンとニコンが熾烈な首位争い

といった感じだと思います。

今回は2018年上半期のシェア動向について考えてみたいと思います。 続きを読む BCN2019カメラ市場シェアはキヤノン全部門首位、ニコンが追い上げ中?

プロカメラマンが○○にマウント移行している、というのは錯覚

EOS-1D X Mark II vs D5

皆さんこんにちは。

今回はプロフォトグラファーの使用機材に関する余談ですが、ネット上の口コミサイトなどで、

  • プロカメラマンの○○(名前)が、△△(カメラブランド)から、□□(カメラブランド)に変えた
  • プロカメラマンの多くが、○○(カメラブランド)に次々とマウント移行している

というような話を時々耳にすることがあるかと思います。

こうした話は、カメラ業界では定期的に起こる話題なのですが、実状とは異なるケースが多いため、今回はその点についてお話ししたいと思います。

【目次】

  • フォトグラファーの仕事には色々ある
    • フォトグラファーの種類
    • 機材を使用したりレビューすることもフォトグラファーの仕事の一つ
  • セミナー講師や書籍や雑誌に寄稿するフォトグラファーの実際
    • セミナーやイベント講師、雑誌系のフォトグラファーの活動
    • 機材はメーカーから提供される場合がままある
    • セミナー講師や写真系雑誌に寄稿することと、商業写真撮影はかなり違う
  • プロフォトグラファーの現実
    • 商業写真のフォトグラファーは一流だから有名とは限らない
    • 提供されたカメラを使うことと機材を入れ替えることは違う
    • 現実の商業写真のフォトグラファーはそんなに気楽にマウントを変えたりしない
    • プロ市場を狙っていく本当の意味
    • キヤノン・ニコン以外のメーカーがプロフォトグラファーの市場を獲得していくためには?

では、早速始めましょう。 続きを読む プロカメラマンが○○にマウント移行している、というのは錯覚

将来、生き残れるカメラメーカーはどこか?

ミラーレスカメラ

カメラファンの皆さんこんにちは。

果たして不況のカメラ業界、未来まで生き残れるメーカーはどこなのでしょうか?

遂にカシオがデジタルカメラ事業からの撤退を発表したことで、カメラファンの中にも「次はどこなのか?」という戦々恐々とした空気が漂っています。

そこで今回は、各カメラメーカーが抱える問題点と将来性について考えてみたいと思います。

【目次】

  • 各カメラメーカーのカメラ事業の現在
    • 各メーカーのイメージング事業の売上高と営業利益の比較
    • 決算資料を見る際の注意点
  • キヤノンの問題点と将来性
    • 勝ち続ける世界最大のカメラメーカー
    • レンズ交換式カメラ市場におけるキヤノンの立ち位置
    • キヤノンが抱える技術力という課題
    • キヤノンは中間層を失っているのか?
    • キヤノンのフルサイズミラーレスマウントはEFかEF-Mか新マウントか?
    • カメラ業界を最も理解しているメーカー
    • キヤノンの強さはプロの気持ちにも初心者の気持ちにもなれること
    • キヤノンは生き残れるのか?
  • ニコンの問題点と将来性
    • 名門は復活したのか?
    • ニコンのブランディングの弱点
    • ミラーレスという最大の課題
    • フルサイズミラーレスは成功するのか?
    • 一眼レフの今後は?
    • ニコンは生き残れるのか?
  • ソニーの問題点と将来性
    • 現在カメラ業界の台風の目
    • 高い技術力と低い写真撮影への理解
    • α9から感じる、開発者の撮影経験の少なさ
    • 現代においてプロフォトグラファーの市場を狙う意味
    • ソニーは生き残れるのか?
  • オリンパスの問題点と将来性
    • 岐路に立たされるミラーレスの立役者
    • オリンパスのカメラ事業の今
    • 未だ燻り続けるセンサーサイズの選択
    • 自ら「ベストバランス」と言ってしまったことの苦しみ
    • オリンパスは生き残れるのか?
  • パナソニックの問題点と将来性
    • 苦境に立たされている先駆者
    • あまりにも下手すぎたパナソニックの広告戦略
    • 動画にパラメーターを振ったのは基本的には戦略ミスだった
    • パナソニックは生き残れるのか?
  • 富士フイルムの問題点と将来性
    • 中判ミラーレスを抱える老舗
    • 現在のXシリーズの閉塞感
    • 富士フイルムは生き残れるのか?
  • リコーの問題点と将来性
    • リコーの今
    • カメラでも「野武士のリコー」で耐えてきた
    • カメラは性能よりもブランド力が物を言う
    • 問題は次の手を打てなくなりつつあること
    • リコーは生き残れるのか?
  • 5年後、10年後、生き残っているカメラメーカーはどこか?
    • 5年後と10年後の存続確率予想

では早速、始めましょう。

※今回各メーカーのカメラ作りや販売戦略に関して批判的なことを多数書いているため、「特定のブランドやシステムに強い愛着を持っておられる方」などは、気分を害される恐れがあるため、読まないことを強くお勧めします。 続きを読む 将来、生き残れるカメラメーカーはどこか?

写真の色を合わせるカラーマネージメントの簡単な方法を解説

DSC04173
Photo by 山﨑将方

写真愛好家の皆さんこんにちは。

デジタルカメラで撮影した写真をプリントしていて困るのが、PC上のモニター(ディスプレイ)で見えている色と、実際にプリント(印刷)した時の写真の色味に差異が発生するケースです。

幾らRAW現像やレタッチ時にモニター上で色調を調整しても、プリントして見ると色味が違ってしまう、また他のモニターに変えて見た場合など以前のモニターで見ていた色と違う。

そういった色味に関する問題が頻繁に発生します。

その問題を解決し、モニター上で見る色調とプリントの色調が合うように調整する作業や、モニター間での色調の違いを一致させる作業、それがカラーマネージメントです。

【目次】

  1. なぜ写真は画像とプリントで色がズレるのか?
    • 色空間(カラースペース)とは?
    • 色空間の種類 同じ写真であってもデバイスが変わると違う色に見えている
    • 色空間やデバイスの設定が統一されていればほぼ同じ色に再現できる
    • カメラでもAdobe RGBを設定することができる
  2. カラーマネージメントシステムとは?
    • 色を一致させるカラーマネージメントシステム
    • カラーマネージメントに重要な「ICCプロファイル」とは?
    • ガモットマッピングとは?
  3. 実践的で簡単なカラーマネージメント
    • 結局簡単に色を合わせるにはどうすれば良いか?
    • 1.カメラでAdobe RGBに設定する
    • 2.モニター周辺を色評価光か、演色性の高い「昼白色」の照明環境下で作業を行う
    • 3.モニターもカラーキャリブレーションしてAdobe RGBに設定する
    • 4.LightroomやPhotoshopのようなAdobe RGBを扱えるアプリケーションでセレクトや画像編集を行う
    • 5.ICCプロファイルを利用してPhotoshopやLightroomからプリントする
  4. プリンターごとのカラーマネージメントの実際の設定
    • キヤノン製のプリンターで印刷する場合の手順
      • マッチング方式の「知覚的」の意味
      • マッチング方式の「相対的な色域を維持」の意味
    • エプソン製のプリンターで印刷する場合の手順
  5. 結局どうすれば写真の色は合うのか?
    • Adobe RGBかsRGBか?は、必ずしも重要ではない
    • 手っ取り早い組み合わせ
  6. カラーキャリブレーションの重要性
    • モニターは使っているうちに色も明るさもズレていく
    • カラーキャリブレーションの頻度
  7. カラーキャリブレーションの種類
    • カラーキャリブレーションの種類と原理
    • ソフトウェアキャリブレーションとは?
    • ハードウェアキャリブレーションとは?
    • ハードウェアキャリブレーションとソフトウェアキャリブレーションの違い
  8. 楽に正確な色を見たいなら、カラーマネージメントモニターがおすすめ
    • カラーマネージメントモニターの数々の利点

そこで今回は、この「カラーマネージメント」と、モニターの色調を調整するための作業である「カラーキャリブレーション」についてなるべく平易な表現でご説明させていただければと思います。 続きを読む 写真の色を合わせるカラーマネージメントの簡単な方法を解説

報道写真の傑作の過半数はニコンのカメラで撮影されている?

ベネズエラの危機
ベネズエラの危機:Ronaldo Schemidt

報道写真ファンの皆さんこんにちは。

「世界報道写真展(WORLD PRESS PHOTO)」は、世界で最も有名な報道写真のコンテストであり、1955年にオランダのアムステルダムで世界報道写真財団が発足したことを機に、翌年から始まったドキュメンタリー、報道写真の世界的展覧会です。

世界報道写真コンテストは、毎年、1-2月にかけて前年に撮影された写真を対象に、十数人からなる国際審査員団によって入賞作品を選出し、「世界報道写真展」として、世界中の約100会場で展示されます。

第61回を迎える2018年の世界報道写真展には、125カ国の地域から、4,548人のフォトグラファーが参加、73,044点の作品の応募がありました。

そして、全8部門において、22カ国、42人のフォトグラファーの作品が受賞しましたが、スペインの有名カメラサイトPHOTOLARIがそれら受賞作品129作品のうち、カメラ情報が記されていた97作品のデータを対象に使用機材の調査を行いました。

その結果、受賞作品の半数以上がニコン製のデジタル一眼レフで撮影されているということが判明しました。

ちなみに、この記事のアイキャッチ画像となっている大賞作品「ベネズエラの危機」も、ニコンのフラッグシップ機D4Sによって撮影されたものです。

そこで今回は、この調査の詳細と共に、果たして世界の傑作報道写真はどんなカメラを使って撮影されているのか?をご紹介したいと思います。 続きを読む 報道写真の傑作の過半数はニコンのカメラで撮影されている?

世界初の民生用デジタルカメラはQV-10ではなくDycam Model 1

QV-10

カメラファンの皆さんこんにちは。

最近カシオがデジタルカメラ事業から撤退したことに関連して、「世界初のデジタルカメラを作ったカシオ」、あるいは、「世界初の民生用デジタルカメラを発売したカシオ」であると勘違いされているケースがしばしば見受けられます

これも「QV-10」があまりにも有名であるからなのだろうとは思いますが、

  • 世界で初めてデジタルカメラを発明したメーカー
  • 世界で初めて民生用デジタルカメラを発売したメーカー

いずれもカシオではありませんし、当然QV-10も、世界初の民生用デジタルカメラではなく、カシオに先行して民生用デジタルカメラを発売していたメーカーは数社ありました。

そこで今回は、

  1. 世界で初めてデジタルカメラを開発したメーカーは?
  2. 世界で初めて民生用デジタルカメラを発売したメーカーは?
  3. QV-10がこれほど有名になった理由は?

という3点について、解説させて頂きたいと思います。

【目次】

  • 世界で初めてデジタルカメラを開発したメーカーは?
    • 世界初のデジタルカメラはイーストマン・コダックによって作られた
  • 世界で初めて民生用デジタルカメラを発売メーカーは?
    • 実際に発売された世界初の民生用デジタルカメラは「Dycam Model 1」
    • デジタルカメラの前身となった「電子スチルビデオカメラ」
    • 民生用デジタルカメラの誕生とその系譜
    • Dycam Model 1とはどんなカメラであったのか?
  • QV-10がこれほど有名になった理由は?
    • なぜQV-10はエポックメイキングなカメラとして名を残したのか?
    • 誤解を招いたドキュメンタリー番組「プロジェクトX」

果たして世界初の民生用カメラはどのような機種であったのでしょうか?そして、カシオのQV-10はなぜこれほど有名になったのでしょうか?今回はこのお話をさせて頂きたいと思います。 続きを読む 世界初の民生用デジタルカメラはQV-10ではなくDycam Model 1

次にカメラ市場から撤退するメーカーはどこなのか?

デジタルカメラ市場からの撤退

皆さんこんにちは。

遂にカシオがカメラ事業からの撤退を発表しました。不況のカメラ業界、果たして次にカメラ事業から撤退するのはどのメーカーなのか?多くのカメラファンが心配しつつ見守っていることと思います。

そこで今回は、一般的な順位当てパズルを使って、不謹慎にも「次にカメラ事業から撤退するのはどこのメーカーなのか?」という論理パズル(※もちろん現実の話ではありません)を作ってみましたので、暇つぶしにやってみていただければと思います。

では問題です!

難易度:IQ120相当

問題:カメラメーカーのうち4社(オリンパス、パナソニック、富士フイルム、リコー)は、実は既に4社共がカメラ事業からの撤退を予定しています。

そこで、それぞれのメーカーに、「いつ頃カメラ事業から撤退するのか?」について聞いてみましたが、最後に撤退するメーカー以外の3社はウソを吐きました。

以下の各社の発言内容から、「最初に撤退するメーカー」を当てて下さい。

【発言】

  • オリンパス「最初に撤退する」
  • パナソニック「リコーより後に撤退する」
  • 富士フイルム「パナソニックより後に撤退する」
  • リコー「富士フイルムより先に撤退する」

【条件】

  • 最後に撤退するメーカー以外はウソを吐いている
  • メーカー同士はお互いがいつ撤退するのかを知っている

正解はこのあとすぐ! 続きを読む 次にカメラ市場から撤退するメーカーはどこなのか?

フィルム現像とは?フィルムの種類別の現像原理と工程を解説

ステレンス現実タンク

フィルム現像ファンの皆さんこんにちは。

デジタルカメラのRAW現像には皆さんももう既に慣れたことと思います。

しかし今回は、「敢えてこれからフィルムカメラを始めたい」という方のために、フィルム現像とはとどのようなもので、どのような種類があるのか​​?について、簡単にではありますが、一通りご紹介させて頂ければと思います。 続きを読む フィルム現像とは?フィルムの種類別の現像原理と工程を解説

山岳写真の撮影には何人のシェルパが必要?

山小屋で、会いましょう!

皆さんこんにちは。

今回は本格的な山岳カメラマンの論理パズルを考えてみましたので、暇つぶしにやってみていただければと思います。

では問題です!

難易度:IQ120相当

問題:山岳写真家であるあなたは、世界的に有名な高山の頂上からの写真を撮りたいと思っています。

この山は登るのに高度順応などを含めてベースキャンプのある4合目から、山頂(10合目)までは1合登るごとに1日かかります。

つまり、4合目(ベースキャンプ)→5合目(1日目)→6合目(2日目)→7合目(3日目)→8合目(4日目)→9合目(5日目)→10合目(6日目)となります。

しかし、あなたもシェルパも一度に持てる食料は最大で4日分です。

最小の人数のシェルパを雇ってあなたが登頂するには、果たしてあなたは自分以外の「何人のシェルパを雇えば良い」でしょうか?

条件は以下の通り。

  • ベースキャンプ(4合目)から山頂(10合目)までは1合登るごとに1日かかる
  • 一人が持てる食料はあなたもシェルパも4日分まで
  • 山頂に辿り着けるのはカメラマンであるあなただけで構わない
  • シェルパは仕事でやっているので、生還させなければならない
  • あなたは山頂の写真さえ撮影できれば生きて帰れずとも良いという決死の覚悟があるので、シェルパと異なり帰り道の食料は考えなくて良い
  • 頂上で撮影する時間は短時間であるので、日数に含めなくて良く、山頂に辿り着いた時点で目的達成とする
  • 登頂にかけられる日数は限られているため、食料をデポ(途中に置いて一旦引き返す)といった日数の増える方法は不可

正解はこのあとすぐ! 続きを読む 山岳写真の撮影には何人のシェルパが必要?

カメラが斜陽産業になった真の理由と、カメラ業界の問題点

斜陽
Photo by 山﨑将方

カメラファンの皆さんこんにちは。

写真用カメラ産業の斜陽化が叫ばれる昨今、頼みの綱であったミラーレスカメラさえも、2018年以降生産台数・出荷台数共に大幅な前年割れとなってしまいました。

これによって、コンパクトデジタルカメラ、ミラーレスカメラ、一眼レフカメラ全てに未来が見えなくなり、いよいよ「カメラ事業から撤退するのではないか?」と囁かれるメーカーも出てきました。

なぜカメラ業界はこれほどまでに衰退してしまったのか?それは本当にスマートフォンの登場によるものなのでしょうか?

【目次】

  • カメラ業界の悲惨な現状
    • CIPA統計から見る2018年のカメラ産業
    • あらゆる項目で前年を割る出荷傾向
    • 頼みの綱のミラーレスさえも前年割れ
    • CIPAによる2018年のカメラ出荷台数予想
  • カメラが売れなくなったのはスマホのせいではない?
    • カメラが売れないのは本当にスマートフォンのせいなのか?
    • スマホで代替可能でも伸びている産業もある
    • 伸びている時計業界
    • SNSの普及もデジタルカメラの衰退の原因とは言い切れない
    • スマホが登場しなくてもカメラ業界はダメだった?
  • 21世紀のカメラ業界の動向
    • デジタルカメラ登場以降カメラ産業を支えたブーム
  • デジタルカメラへの移行は幸運なブームだった
    • デジタルカメラへの移行は単なる「長いブーム」だった
    • デジタルカメラへの移行の完了と進化の鈍化
  • メーカーも踊らされたカメラ女子ブーム
    • カメラをファッションにしてしまったカメラ女子ブーム
    • 売れさえすればいい、というカメラメーカーの姿勢
    • カメラ男子も一種のファッションだった
  • なぜミラーレスはカメラ業界の救世主となれなかったのか?
    • ミラーレスカメラの誕生と革新性
    • ミラーレス誕生の背景
    • ミラーレスに積極的だったメーカーと消極的だったメーカー
    • 燻り続けるマウント径とセンサーサイズの選択の問題
    • 新しい市場を開いたミラーレス、しかしミラーレスにも未来はない?
    • 各社のミラーレスシステムの問題点
    • ミラーレスさえもカメラ業界の衰退は救えなかった
  • カメラが売れなくなった本当の責任は誰にあるのか?
    • カメラ業界の衰退を招いた真の犯人は誰だ?
    • 過剰に斜陽化を煽ったメディア
    • 利益率や販売目標しか考えなかったカメラ販売店
    • ノイジーマイノリティのプロカメラマンやカメラマニア
    • あるべきカメラの姿を示せなかったカメラメーカー
    • カメラ業界を衰退させたのは誰だったのか?

というわけで今回はカメラ産業の斜陽化の原因と、現在のカメラ業界が抱える問題点について色々と考えてみたいと思います。 続きを読む カメラが斜陽産業になった真の理由と、カメラ業界の問題点