カテゴリー別アーカイブ: カメラニュース

CP+2020開催中止。だからカメラ業界はダメなんだ!

新型コロナを理由に、CP+2020の開催中止が発表された。

なんという気概のなさ。根性のなさ。実に情けない。

カメラ業界が厳しい状況にあり、日本全体が暗いムードの中、「こんな時だからこそ、カメラ業界を盛り上げるために開催しましょう!」と声を上げる者はいなかったのか?

どのようなイベントであっても感染防止のための努力はするべきだろう。しかしもう新型コロナの市中感染は起きているのだから、今更CP+だけ中止しても意味がない。

彼らは「カメラは手に触れるものだから」というが、物に手に触れたり混雑する場面など、CP+でなくともあらゆるイベント、あらゆる日常の中に幾らでもある。

一方で彼らは相変わらず通勤しているのだから全く愚かとしか言いようがない。

自由参加のCP+と半ば強制的に乗せられる混雑した通勤電車。どちらが新型コロナに感染しやすい環境なのか?

除菌することが可能な展示機のカメラと、そのような間も無く掴まらざるを得ない電車のつり革や手すり。どちらがウイルスが付着している可能性が高いのか?

お客さんやスタッフの安全面を考えるというならそもそも全ての企業はテレワークのみにするべきだろう。彼らの主張は最初の段階から矛盾しているのだ。

「仕事は仕方ない。CP+は遊びのイベントだから同列ではない」という人がいるが、ならば「カメラメーカーはCP+を遊びで開催している」ということになる。その方が業界の恥である。

カメラ業界にとってCP+は本気の祭りの場であり、いわゆる「不要不急」のものではなく、言うなれば「必要火急」なものであるはずだ。

そしてそう思えない人間はカメラ業界から去るべきだ。

そもそも感染症が怖いからやらないというのであれば、CP+を毎年インフルエンザが流行している時期に開催していること自体矛盾である。

インフルエンザで毎年何人の人が死んでいるか知っているだろうか?厚労省によると2018年も2019年も3,000人以上の方がインフルエンザ感染が原因で亡くなっている。

CP+が開催される2月だけで見ても、2018年2月が1,260人、2019年2月が1,107人もの方がインフルエンザで亡くなっている。

つまりCIPAの言い分が正しいなら「インフルエンザに感染するかもしれないからCP+は毎年中止にすべき」ということになる。

CP+に行くも行かないもお客さんが決めればいい。
出たくないスタッフには無理強いしなければいい。

その上で「新型コロナより新型カメラだ!」という人こそ本物のカメラマニアだろう。

その上で「CP+を楽しみに来てくれる人が一人でもいるならうちはやる!」というのが本物のカメラメーカーだろう。

CIPAのCP+中止に対する説明は、「会場で新型コロナに感染する人が出て責任問題になったら面倒だから中止します」と言っているも同然。カメラメーカーも同様。

彼らは「お客様のため」と唱えつつ、実際には自らの保身のために真っ先に遁走した単なる腰抜けに過ぎない。

もう一度言おう、彼らはお客さんやスタッフのためなどではなく、保身のために逃げたのだ。カメラを捨ててだ!

あなた達は「カメラ映像機器工業会」ではないのか?
あなた達は「カメラメーカー」ではないのか?

カメラや写真に人生を賭けたのではなかったのか?

こんな信念と覚悟のない奴らが中心にいたのでは、カメラ業界が衰退するのも当然だろう。本当に情けない。

新型コロナに限らず病気とは「正しく恐れ、正しく恐れない」という姿勢が大切だろう。このような過剰な自粛行動は社会活動を停滞させるだけで単純に無意味である。

そして日常を取り戻す最短の道は、日常のごとく振る舞うことなのだ。

こんな時だからこそカメラ業界は、「あのとき日本中が新型コロナに怯えていたが、我々は勇気と冷静さを失わなかった。自分たちの仕事を放棄することなく、膝を屈しなかった」という歴史を刻むべきだったのだ。

 

Reported by 山﨑将方

2019年上半期のカメラメーカーシェアが判明!

カメラシェアファンの皆さんこんにちは。

毎年恒例のBCNランキングですが、2019年上半期のシェア1位が発表されました。

そこで今回は、昨年のBCN AWARDのシェアとも比較しながら、2019年上半期のカメラ業界のシェア動向をご紹介させて頂きたいと思います。 続きを読む 2019年上半期のカメラメーカーシェアが判明!

オリンピックに向けて!FE 600mm F4 GM OSS発表。ライバルとの比較は?

FE 600mm F4 GM OSS

ソニーがついにFE 600mm F4 GM OSS、いわゆるロクヨンを発表しました。

オリンピックなどの本格的なプロスポーツカメラマン市場を目指すのなら、現在そうしたオリンピックやワールドカップで最も使われている200-400mm/F4(x1.4テレコン内蔵)と、今回発表された600mm/F4は必須のレンズとなりますので、そのうちの1本がついにEマウントからも発売されたわけです。

そこで今回はこのFE 600mm F4 GM OSSの特徴と、競合レンズのスペックを比較していみたいと思います。 続きを読む オリンピックに向けて!FE 600mm F4 GM OSS発表。ライバルとの比較は?

今時の一流報道カメラマンたちはどんなカメラを使ってる?

世界的なフォトジャーナリズムのコンテストWorld Press Photo 2019の受賞作品の使用機材が今年もPHOTOLARIから発表されました。

そこで今回は、この毎年恒例となっているWorld Press Photo 2019の受賞作品使用機材から、トップクラスの報道カメラマンの使用機材の今を見ていきたいと思います。 続きを読む 今時の一流報道カメラマンたちはどんなカメラを使ってる?

2019年のカメラ出荷台数・出荷金額動向

カメラ業界の未来を憂う皆さんこんにちは。

CIPAの2019年1-2月期の出荷台数・出荷金額統計が発表されました。前年(2018年)同期比で、レンズ交換式カメラの出荷台数は72.4%、出荷金額は76.4%と大幅に減少しています。

デジタルカメラの全盛期であった2012年と比較して、現在のカメラ業界はどうなったのか?果たしてデジタルカメラ業界の不振は止まるのか?を考えてみたいと思います。 続きを読む 2019年のカメラ出荷台数・出荷金額動向

安さだけじゃない、EOS RPがフルサイズを当たり前にする?

EOS RP

EOS RPファンの皆さんこんにちは。

話題のエントリーフルサイズミラーレス機、EOS RPが正式発表されました。とかくその価格ばかりが注目されがちなEOS RPですが、EOS RPの魅力は安価であることだけではありません。

目次
  • 安さだけじゃない、EOS RPの魅力
    • 必要にして十分な実用性能
    • シンプル・イズ・ベストの使い勝手
    • いつでも持ち出せる小型軽量ボディ
    • 単焦点の組み合わせならリーズナブルな価格設定
  • EOS RPがフルサイズを普通のものにする?
    • かつて誰もが使っていた35mm判を、再び人々のものに

そこで今回はこの低価格フルサイズミラーレス、EOS RPの魅力をご紹介します。 続きを読む 安さだけじゃない、EOS RPがフルサイズを当たり前にする?

デジタルカメラ業界過去10年と2019年の予測

レンズ交換式カメラ出荷数量推移

出荷台数・金額ファンの皆さんこんにちは。

CIPAから2018年のデジタルカメラ出荷実績と共に、2019年の出荷見通しが発表されました。

そこで今回は、コンパクトデジタルカメラ、一眼レフ、ミラーレスのこの10年間の出荷台数・金額の変遷と2019年の見通しをご紹介します。 続きを読む デジタルカメラ業界過去10年と2019年の予測