カテゴリー別アーカイブ: カメラニュース

国内市場でミラーレスが一眼レフを抜く。海外も同様の流れとなるか?

レンズ交換式デジタルカメラ出荷台数実績表

CIPAファンの皆さんこんにちは。

2018年(1-7月累計)のデジタルカメラ総出荷実績は6,330,265台で、前年比94.2%と減少したとのこと。

地域別で見ると、レンズ交換式カメラ全体の出荷台数では、

  • 国内出荷台数:625,007台(前年比89.5%)
  • 海外出荷台数:5,705,258台(前年比94.7%)

となっており、国内・海外共に減少しています。

また出荷金額においても、

  • 国内出荷金額:33,840,493台(91.2%)
  • 海外出荷金額:291,786,450円(99.6%)

とやはり減少傾向にあります。

そこで今回は、レンズ交換式デジタルカメラの出荷傾向を見ていきたいと思います。 続きを読む 国内市場でミラーレスが一眼レフを抜く。海外も同様の流れとなるか?

一眼レフ・ミラーレス・コンデジの世界シェアトップ5が発表

レンズ交換式カメラシェア

カメラシェアファンの皆さんこんにちは。

以前日経がカメラなどの世界シェアを発表し、その際は3位まででしたが、先日5位までを見ることが出来るようになりましたので、

  • デジタルカメラ
  • レンズ交換式カメラ
  • COMSイメージセンサー
  • インクジェットプリンター

今回は上記のカメラ関連製品の世界シェアトップ5を改めてご紹介したいと思います。 続きを読む 一眼レフ・ミラーレス・コンデジの世界シェアトップ5が発表

上半期シェアは一眼レフ・ミラーレスをキヤノン、コンデジをニコンが制す!

ジャンル トップメーカー シェア 昨年比
デジタル一眼レフカメラ キヤノン 58.9% -2.2%
ミラーレスカメラ キヤノン 30.1% +8.8%
コンパクトデジタルカメラ ニコン 31.0% +5.5%
交換レンズ キヤノン 20.7% -1.2%
ビデオカメラ パナソニック 44.1% +2.1%
アクションカム GoPro Inc. 72.9% +5.7%
三脚・一脚 ヴァイテックイメージング 17.3% 前回不明
カメラバッグ ハクバ写真産業 28.3% +1.6%
インクジェットプリンター エプソン 45.1% +2.6%

カメラシェアファンの皆さんこんにちは。

毎年恒例のBCNランキングですが、2018年上半期のシェア1位が発表されました。

BCNランキングは全ての販売店を網羅しているわけではないものの、調査対象が多く基本的には国内シェアの動向を十分に推察できるものと言えるでしょう。

【目次】

  • デジタル一眼レフ部門
    • キヤノン僅かに後退、それでも圧巻のシェア
  • ミラーレス部門
    • 遂にミラーレスもキヤノンがシェアトップに
  • コンパクトデジタルカメラ部門
    • ニコンが大幅シェアアップでトップに立つ
  • 交換レンズ部門
    • サードパーティーがシェアを伸ばす交換レンズ業界
  • ビデオカメラ部門
    • パナソニックがリードを拡大
  • アクションカム部門
    • アクションカム市場はGoPro Inc.が独走
  • 三脚・一脚部門
    • ヴァイテックイメージングが一気にトップシェアに躍り出る
  • カメラバッグ部門
    • ハクバがその地位を拡大
  • インクジェットプリンタ部門
    • 2強の熾烈な争いは、5年ぶりにエプソンが制す

そこで今回は、これまでのBCN AWARDのシェアとも比較しながら、2018年上半期のカメラ業界のシェア動向をご紹介させて頂きたいと思います。 続きを読む 上半期シェアは一眼レフ・ミラーレスをキヤノン、コンデジをニコンが制す!

デジタルカメラの世界シェアが発表!

レンズ交換式カメラシェア

カメラシェアファンの皆さんこんにちは。

日本経済新聞社は主要商品・サービス71品目について2017年時点のシェアを調査し、カメラ関連となる、

  • デジタルカメラ
  • レンズ交換式カメラ
  • COMSイメージセンサー
  • インクジェットプリンター

などの世界シェアも合わせて発表されました。

そこで今回は、このレンズ交換式カメラなどのカメラ関連製品の世界シェアをご紹介します。 続きを読む デジタルカメラの世界シェアが発表!

SDUC、SD Expressとは?従来型SDカードと比較

SDUC microSDUC

SDカードファンの皆さん。

SDアソシエーションがSDCU(SD Ultra Capacity)カードの新インターフェース「SD Express」を発表しました。

SDUCカードは最大で128TBもの超大容量を実現し、SD Expressは最高985MB/秒の超高速転送を実現するとのこと。

そこで今回は、このSDXCの次となる次世代型SDメモリーカード、SDUCカードとSD Expressについて簡単にお話ししたいと思います。 続きを読む SDUC、SD Expressとは?従来型SDカードと比較

キヤノンフィルムカメラ82年の歴史の終焉。EOS-1Vよ、さようなら。

EOS-1V

EOS-1Vユーザーの皆さんこんにちは。

遂に先日、キヤノンがフィルム一眼レフカメラ「EOS-1V」の販売終了を発表しました。

EOS-1Vはキヤノン最後のフィルム一眼レフカメラでした。

2000年から18年間にも渡って発売され続けたロングセラーであり、ここまで生産完了しなかったのはキヤノンの一種の意地であったようにも思います。

修理保証期間は2020年10月31日までですが、2025年10月31日までは部品在庫があれば修理対応してくれるとのこと。

【目次】

  • EOS-1Vとは何だったのか?
    • EOS-1Vの概要
    • EOS-1Vのシャッタージャンプの問題
    • キヤノンの「フィルム一眼レフに対する結論」にして最高傑作

そこで今回はこのEOS-1Vというカメラがどういったカメラであったのか?を簡単に振り返りたいと思います。 続きを読む キヤノンフィルムカメラ82年の歴史の終焉。EOS-1Vよ、さようなら。

2018年はミラーレスでもキヤノンがシェア1位になる?

EOS Kiss M

最近、BCNランキングなどを見ていると、EOS Kiss Mが良く売れている、というのを見かけることが多くなってきました。

そこでBCNランキングの売り上げTOP50ミラーレスカメラに限定してカウントし、現在のどのメーカーのミラーレスが売れているのか?をチェックし、各メーカーのシェアを概算してみました。

というわけで、今回は、2018年のミラーレスのシェア動向について考えてみたいと思います。 続きを読む 2018年はミラーレスでもキヤノンがシェア1位になる?

2018カメラメーカーシェア発表!一眼・ミラーレス、売れているのはどこ?

BCN 2018

BCNが「BCN AWARD 2018」(2017年分)を発表しました。BCN AWARDは、全国の家電量販店やカメラ量販店などの実売データをもとに、デジタル家電やパソコン関連製品の販売台数を集計し部門別に2017年の年間販売台数No.1メーカーを表彰するものです。

果して2017年一番売れたメーカーはどこなのか?

<目次>
  • デジタル一眼レフ部門
    • ニコンがシェアを上げたデジタル一眼レフ部門
  • ミラーレス部門
    • 上位3社は三つ巴
  • コンパクトデジタルカメラ部門
    • キヤノンが微増、ニコンが大幅シェアアップ
  • 交換レンズ部門
    • サードパーティーがシェアを伸ばす交換レンズ業界
  • ビデオカメラ部門
    • パナソニックがトップを堅守、しかしソニーが迫る
  • アクションカム部門
    • GoPro圧倒、しかしアクションカムに未来はあるのか?
  • 三脚・一脚部門
    • 遂にハクバがトップメーカーに
  • カメラバッグ部門
    • ハクバが首位、しかしロープロが3位にランクイン
  • インクジェットプリンタ部門
    • 2強の熾烈な争いの中で、ブラザーも着々とシェアを伸ばす

今回は一眼レフ・ミラーレス・コンデジ・レンズ・三脚などカメラに関わるさまざまな製品のシェアをご紹介したいと思います。 続きを読む 2018カメラメーカーシェア発表!一眼・ミラーレス、売れているのはどこ?

カメラはなぜ再び売れ始めたのか?

レンズ交換式出荷数量月間推移

ヤフーニュースに、「カメラ各社が販売計画を上方修正、インスタ映え需要が後押し」というニュースが掲載されています。

そこで今回はこのニュースに加えて、デジタルカメラの出荷台数回復の要因を考えてみたいと思います。 続きを読む カメラはなぜ再び売れ始めたのか?

α7R III、プロ機として大幅進化!

α7R III

ソニーからα7R II後継機となるα7R IIIが発表されました。

α7R IIIは新世代の画像処理エンジンBIONZ XとフロントエンドLSIが採用され、常用ISO感度はISO32000まで、ダイナミックレンジは低感度時約15.0Evまで拡大しているとのこと。

画質面だけでなく、4Dフォーカス、高速連写、タッチパネルなど全方位にハイスペックを実現しています。

そしてα7R IIIは、シンクロ接点の追加、デュアルカードスロットの採用、大容量バッテリーへの変更など、プロの撮影現場を完全に意識した仕上がりとなっており、ソニーが人物撮影や商品撮影など、コマーシャルフォトの分野でプロカメラマンの市場に本格的に進出していくための下地を全て揃えたモデルとなっている点も注目です。

目次
  • α7R IIIの特徴概要
    • α7R IIIの概要
    • あらゆる撮影ジャンルに対応できるスペック
  • 優れたダイナミックレンジとボディ内手ぶれ補正
    • 一新した信号処理システムで向上した画質性能
    • シャッタースピード約5.5段分。驚異の5軸ボディ内手ぶれ補正
  • 動体にもポートレートにも強力に動作する進化したAF
    • 4Dフォーカスに対応し、最高約10コマ/秒のAF/AE追従による高速連写
    • 進化した瞳AFはポートレート撮影の強力な武器に
  • 動画品質も一眼動画トップクラス
    • 高解像4K動画とプロフェッショナルの映像制作に対応する多彩な機能
    • LUMIX GH5ほどではないが、高品質な動画でHDR動画にも対応
  • 新機能「ピクセルシフトマルチ撮影」で商品撮影や建築写真の大伸ばしにも対応
    • 高解像に細部の色や質感を忠実に描写するピクセルシフトマルチ撮影
  • プロの現場に対応するためのα7R IIIの進化
    • 小型・軽量ボディに高い操作性、信頼性、ソリューションを
  • 本当の意味でコマーシャルフォトの現場で使えるモデルに進化
    • シンクロ接点の搭載と大型ストロボへの対応
    • サードパーティー製もαを使うプロカメラマンを意識
    • デュアルカードスロットの搭載
  • 大口径超望遠レンズ「FE 400mm F2.8 GM OSS」も予定
    • プロスポーツカメラマンの市場も狙っていくソニー
  • α7R IIIの機能紹介動画
    • α7R IIIの機能説明ビデオ
  • α7R III基本仕様

フルサイズミラーレス機として驚異の画質で話題を呼んだモデルはどのように進化したのか?今回はこのα7R IIIをご紹介します。 続きを読む α7R III、プロ機として大幅進化!