カテゴリー別アーカイブ: 撮影機材

1g当たりの価格が高いレンズはどれ?ーソニーE・Aマウント編ー

FE 400mm F2.8 GM OSS

レンズファンの皆さんこんにちは。

レンズの良し悪しを測る基準には、解像力、歪曲の少なさ、周辺減光、色収差の少なさなど様々な要素があります。

しかし、贅沢感を感じるか否か、それは結局質量の割に高いか安いか?ではないでしょうか。

そこで今回は、価格コムの最安値(記事執筆時)を参考に、ソニーEマウントとAマウントレンズを1g当たりの価格でランク付けしてみたいと思います。 続きを読む 1g当たりの価格が高いレンズはどれ?ーソニーE・Aマウント編ー

レンズフードを付ける意味とその種類、さらにハレ切りまで全解説

HB-83

レンズに入ってくる有害光をカットし、フレアやゴーストといった現象を防ぐためのアクセサリーに「レンズフード」があり、このレンズフードには、形状や取り付け方式の違いによってさまざまな種類があります。

またレンズフード同様に、フレアやゴーストを防ぐ手段として「ハレ切り」があります。

【目次】

  • レンズフードを付ける理由は?
    • 有害光をカットすることでフレアやゴーストを防ぐ
    • ぶつけたり落下させた時の衝撃を多少緩和する
    • 雨や雪や指紋が前玉に付着する可能性を下げる
    • 衝撃緩和や防汚効果を期待し過ぎてはいけない
  • レンズフードの形状にはどのようなものがある?
    • 丸形レンズフード
    • 花形レンズフード
    • 角形レンズフード
    • インナーレンズフード(フジツボ形レンズフード)
    • 穴あきレンズフード
  • レンズフードの取り付け方式にはどのようなものがある?
    • ねじ込み式フード
    • バヨネット式フード
    • かぶせ式フード
  • レンズフード選びの際の注意点
    • レンズフードは口径や長さがレンズに適合している必要がある
    • レンズフードは自己責任で改造する場合もある
  • ハレ切りのメリット
    • ハレ切りはデジタルでもフレアやゴーストを防ぐ効果がある
    • ハレ切りはズームレンズの画角に合わせて位置を変えられる
    • ハレ切りはレンズフードよりも広範囲の有害光をカット出来る

そこで今回は、この「レンズフード」と「ハレ切り」について解説させて頂きたいと思います。 続きを読む レンズフードを付ける意味とその種類、さらにハレ切りまで全解説

1g当たりの価格が高いレンズはどれ?ーニコンFマウント編ー

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

レンズファンの皆さんこんにちは。

レンズの良し悪しを測る基準には、解像力、歪曲の少なさ、周辺減光、色収差の少なさなど様々な要素があります。

しかし、贅沢感を感じるか否か、それは結局質量の割に高いか安いか?ではないでしょうか。

そこで今回は、価格コムの最安値(記事執筆時)価格を参考に、ニコンFマウントレンズを1g当たりの価格でランク付けしてみたいと思います。 続きを読む 1g当たりの価格が高いレンズはどれ?ーニコンFマウント編ー

レンズが充実しているマウント、不足しているマウント

AF-S NIKKOR 800mm f:5.6E FL ED VR

レンズラインナップファンの皆さんこんにちは。

一眼レフ、ミラーレスさまざまなマウントが各社から登場していますが、果たしてレンズラインナップが充実しているマウント、不足しているマウントはどこなのでしょうか?

【目次】

  • レンズラインナップ本数比較の条件
    • 本数のカウント方法とカテゴリー分け
    • サードパーティ製レンズは対象外
    • マイクロフォーサーズについて
    • マウントアダプターやコンバージョンレンズの使用は対象外
  • 各マウントのレンズラインナップ比較
    • レンズラインナップ比較表
    • 各部門の最多レンズラインナップマウント
    • 豊富なラインナップを誇る一眼レフマウントは、古いレンズの刷新が課題
    • 着々とラインナップを増やすミラーレスマウントは、特殊レンズの充実が課題
    • 一般的な撮影は殆どのマウントが対応可能

そこで今回は、各カメラメーカーの合計16マウントに関して、どのジャンルのレンズが何本あり、どういった点が課題なのか、各社のレンズラインナップについて考えてみたいと思います。 続きを読む レンズが充実しているマウント、不足しているマウント

1g当たりの価格が高いレンズはどれ?ーキヤノンEF・EF-Mマウント編ー

EF14mm F2.8L II USM

レンズファンの皆さんこんにちは。

レンズの良し悪しを測る基準には、解像力、歪曲の少なさ、周辺減光、色収差の少なさなど様々な要素があります。

しかし、贅沢感を感じるか否か、それは結局質量の割に高いか安いか?ではないでしょうか。

そこで今回は、価格コムの最安値(記事執筆時)価格を参考に、キヤノンのEF・EF-S・EF-Mレンズを1g当たりの価格でランク付けしてみたいと思います。 続きを読む 1g当たりの価格が高いレンズはどれ?ーキヤノンEF・EF-Mマウント編ー

キヤノン、ニコン、ソニーでレンズ性能が一番優れているのは?

85mm F1.4 DG HSM

レンズファンの皆さんこんにちは。

レンズ交換式カメラはカメラボディだけでなく、レンズも重要な要素ですが、果たして画質面で最も優れたレンズラインナップを誇るカメラメーカー、そして最も優れたレンズマウントはどこなのでしょうか?

そこで今回は、DxOのレンズレーティングから、

  • キヤノン:EFマウント
  • ニコン:Fマウント
  • ソニー:Eマウント

それぞれのマウントのレンズ性能を、純正レンズのみと、サードパーティ製レンズを含めた2つのパターンで比較してみたいと思います。 続きを読む キヤノン、ニコン、ソニーでレンズ性能が一番優れているのは?

EF70-200mm F2.8L IS III USM登場、前モデルや競合レンズとの違い

EF70-200mm F2.8L IS III USM

キヤノンの所謂大三元レンズのうちの一本である、望遠ズームレンズ、EF70-200mm F2.8L IS III USMが発表されましたが、前モデルとなるEF70-200mm F2.8L IS II USMからどのような進化を果たしたのか?

また、ライバルとなるニコンのAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRやソニーのFE 70-200mm F2.8 GM OSSとのスペック比較もしてみたいと思います。 続きを読む EF70-200mm F2.8L IS III USM登場、前モデルや競合レンズとの違い

単焦点レンズを使うと写真が上達する、というのは迷信です。

EF50mm F1.8 STM

写真ファンの皆さんこんにちは。

写真愛好家の皆さんは、良く「写真が上手くなりたかったら、単焦点レンズを使え」というような事を耳にすることがあると思います。

しかし、これは嘘もしくは迷信です。

勿論これは単焦点レンズに価値がないというような意味ではなく、単焦点レンズにはメリットも魅力もあるのですが、「単焦点レンズを使えば写真が上達するという点」に関しては間違いであるという事です。

【目次】

  • 単焦点レンズを使うと写真が上手くなるわけではない
    • なぜ単焦点レンズを使うと写真が上達すると言われているのか?
    • なぜ写り方が変わるのに、単焦点レンズを使うことは上達と関係がないのか?
    • 撮影距離を変えるのとズーミングでどちらが良いかはケースバイケース
    • 真の上達とは何か?
    • むしろズームレンズの方が使いこなしは深い部分もある
  • 単焦点レンズを使用することの弊害
    • ボケやすいことで上手くなったような気になる錯覚
    • 単焦点は焦点距離ごとの画角の感覚が身につくのは事実
    • 焦点距離ごとの画角感を身に付けるのは単焦点レンズの使い分けに必要な技術
    • 実はズームレンズでも画角やパースの感覚は身につく
  • 上達とは無関係でも単焦点レンズの魅力は別のところにある
    • かつて言われていた単焦点レンズの一般的な魅力
    • これまでの常識が通用し難い現代の単焦点レンズ
    • それでも単焦点レンズの魅力は無くならない
    • 結局、単焦点でもズームでも良い写真は撮れる

そこで今回は、この写真業界に根深く残る、「単焦点レンズを使えば写真が上手くなる」という迷信について、なぜその考え方が間違っているのか、という理由と同時に、単焦点レンズの魅力についても、お話ししたいと思います。 続きを読む 単焦点レンズを使うと写真が上達する、というのは迷信です。

ブランドや口コミに惑わされない、正しいカメラの選び方

EOS Kiss X9i ダブルズームキット

カメラ購入予定の皆さんこんにちは。

カメラを買う時、皆さんどのような基準で選ばれているでしょう?

  • ブランド(メーカー)
  • スペック
  • 口コミサイトの評価
  • カメラ雑誌の評価
  • 販売店の店員さんのアドバイス
  • デザイン

様々な選び方があるでしょう。しかし沢山の情報に惑わされてはいないでしょうか?

【目次】

  • いきなりメーカーを決めるのは愚の骨頂
    • メーカーは選ばなくて良い
  • 最初に考えるべきは、あなたが何を撮りたくてカメラを買うのか?
    • 撮りたいものが無いなら買わなくてもいい
    • 主な撮影ジャンル
  • 被写体の次に、自分が重視するものを書き出して優先順位をつける
    • あなたがカメラに求める要素を書き出す
    • 重視しない要素をわざわざ書く必要はない
    • あなたにとっての理想のカメラとは、全方位に高性能なカメラのことではない
    • 求めるカメラの要素に優先順位を付けていく
  • 求める要素を具体的な機能にして置き換えて考える
    • あなたが求めるカメラの要素をカメラ用語に変える
    • あなたにとっての理想のカメラのスペックが確定する
  • 実際にどのようなカメラがあるのか?
    • 条件が決まれば自ずと機種もレンズも決まる
  • カメラ選びはブランドや他人の評価を気にしないことが大切
    • 不要な先入観を持たなければ、選択肢が広がる
    • カメラ選びの要点

そこで今回は、本当にあなたが選ぶべき機種を「自分自身で」見つけるための、正しいカメラの選び方について、私なりの考え方をご紹介したいと思います。 続きを読む ブランドや口コミに惑わされない、正しいカメラの選び方

今超売れている、EOS Kiss Mの人気の秘密に迫る。

EOS Kiss M(ホワイト)

先日、キヤノンのEOS Kiss M が非常に売れており、「今年はミラーレスでもキヤノンがシェア1位を獲得するのでは無いか?」という話をさせて頂きました。

今回GfKランキングとBCNランキングを再度調べて見たところ、やはりEOS Kiss M ダブルズームキットが異様なほど売れており、GfKランキングで4週連続販売台数1位、それどころか、なんと1位〜3位までを、4週連続でEOS Kissシリーズが独占しています。

  1. EOS Kiss M ダブルズームキット
  2. EOS Kiss X9 ダブルズームキット
  3. EOS Kiss X9i ダブルズームキット

このようになっており、EOS Kissシリーズの中でもEOS Kiss Mは一際売れているようです。

ある人気機種が連続で1位を獲得することはあっても、4週連続で同じブランドが販売台数のTOP3を独占し続けるというような状況は見たことがありません。

しかもこれはBCNランキングでも同様で、TOP3をEOS Kissシリーズが連続で独占しています。

【目次】

  • 不動の王者「EOS Kiss」を超える、新たな「EOS Kiss」
    • GfKランキングから見るEOS Kiss Mの強さ
    • EOS Kiss Mの登場で、メーカーシェアは更に偏っていく?
    • BCNランキングでは更に強いキヤノン
  • EOS Kiss Mの魅力とは?
    • EOS Kiss MとEOS Kiss X9iの性能比較
    • ブランド力だけではない、EOS Kiss Mの魅力
    • EOS Kiss Mの優れる点
    • EOS Kiss X9iが優れる点
    • カメラとしての総合力はほぼ互角?
  • 「EOS Kiss」というブランドが一眼レフとミラーレスを繋ぐ
    • 一瞬でブランド力を手にしたEF-Mマウント
    • 自分で選んだと思わせて、本当は選択肢を与えないキヤノンの上手さ
    • 渡せないはずのバトンを無理やり渡す「EOS Kiss」というマジックワード

そこで今回は、「なぜEOS Kiss Mのこれほどまでに売れるのか?」という点から、EOS Kiss Mのカメラとしての性能比較などと共に、キヤノンのブランディングの上手さについても考えてみたいと思います。 続きを読む 今超売れている、EOS Kiss Mの人気の秘密に迫る。