LUMIX S1、EOS R、Z6、α7 IIIの性能比較

LUMIX Sシリーズ

パナソニックファンの皆さんこんにちは。

ミラーレスの地平を切り開いたパナソニックから、待望のフルサイズミラーレス、LUMIX S1が正式発表され、これによって、キヤノン・ニコン・ソニー・パナソニック・ライカと、多くのカメラメーカーがフルサイズミラーレス市場へ参入することとなりました。

そこで今回はこの話題のLUMIX S1と競合各社のフルサイズミラーレスベーシックモデル(EOS R,Z6,α7 III)の性能を比較してみたいと思います。 続きを読む LUMIX S1、EOS R、Z6、α7 IIIの性能比較

今、冷たいアイスバブルが熱い!

アイスバブル

アイスバブルファンの皆さんこんにちは。

今何かと話題になっているのがアイスバブルです。アイスバブルは湖などので水中に気泡が閉じ込められたまま凍る現象で、最近ニュースなどでもよく取り上げられています。

そこで今回はこのアイスバブルを紹介したANNのニュースをご紹介します。 続きを読む 今、冷たいアイスバブルが熱い!

E-M1XとED 150-400mm F4.5 TC1.25× IS PROで挑む東京オリンピック

OM-D E-M1X

オリンパスファンの皆さんこんにちは。

オリンピックといえばこれまでキヤノン・ニコンの一眼レフの独壇場でした。

しかし近年ではキヤノン・ニコン以外のカメラメーカーもスポーツのプロフォトグラファー市場への参入を狙っており、来たる2020年の東京オリンピックでは、それらのメーカーがどれだけプロスポーツの市場に食い込んでいけるかが注目されています。

そこで今回は、ついに発表されたオリンパスのフラッグシップ機OM-D E-M1Xでオリンピックで挑む際の機材と、OM-D E-M1Xはオリンピックで通用するのか?について考えてみましょう。 続きを読む E-M1XとED 150-400mm F4.5 TC1.25× IS PROで挑む東京オリンピック

御手洗会長「キヤノンは今後法人事業にシフトする」

斜陽産業ファンの皆さんこんにちは。

2018年もカメラ業界は出荷台数・出荷金額ともに前年を下回ってしまいました

そんなお先真っ暗な業界に絶望してしまったのか、キヤノンの御手洗会長は日経新聞のインタビューでカメラ業界の将来に対する悲観的な予想と共に、今後キヤノンは法人事業へと軸足を移していくという趣旨の発言をしています。

目次
  • 御手洗会長の2013年と2019年の考え方の違い
    • 2019年1月25日日経新聞インタビュー内容
    • 2013年8月24日東洋経済インタビュー内容
  • カメラ業界の現実
    • 御手洗会長の予想をはるかに上回ったカメラ業界の凋落
  • カメラ業界の未来
    • 下げ止まりを見せつつあるカメラ業界とフルサイズミラーレスという救命ボート
    • 業界最大手キヤノンの行く先は?

そこで今回は、この日経新聞の御手洗会長のインタビューと2012年から2018年までのカメラ業界の推移をご紹介します。 続きを読む 御手洗会長「キヤノンは今後法人事業にシフトする」

AI-S Nikkor買うなら今!MFニッコール生産完了近し。

マニュアルフォーカスニッコールファンの皆さんこんにちは。

ニコン公式サイトによると、どうやら遂にAI-Sニッコールの生産完了が近づいているようで、

上記3本のAI-Sニッコールレンズが旧製品表示となっています。長い間ニコンが販売を継続していたMFニッコールレンズにも遂に幕を降ろす時が来たのかも知れません。

というわけで、今回はAI-Sニッコール生産完了間近(なのではないか?)というお話です。 続きを読む AI-S Nikkor買うなら今!MFニッコール生産完了近し。

去年一年間で一番売れたミラーレスカメラは?

ミラーレスファンの皆さんこんにちは。

昨年一年間で最も売れたミラーレスカメラは一体何だったのでしょうか?

今回は、BCNランキングに2018年1月1日-12月31日までの販売されたミラーレスカメラの台数シェアランキングが発表されていましたので、そちらをご紹介します。 続きを読む 去年一年間で一番売れたミラーレスカメラは?

α6400におすすめのレンズはコレだ!

α6400ファンの皆さんこんにちは。

新たに発表された久しぶりにおAPS-Cフォーマットのαシリーズ、α6400ですが、α6400の高い画質を発揮できるEマウントレンズラインアップを、サードパーティ製レンズを踏まえてレンズのジャンルごとに考えてみましたのでご紹介します。 続きを読む α6400におすすめのレンズはコレだ!

カメラメーカーシェア発表!BCN 2019

BCN AWARDは、全国の量販店の実売POSデータを日次で収集・集計した「BCNランキング」に基づき、 カメラやレンズ製品などの年間(2018年1月1日-2018年12月31日)販売台数1位のトップベンダーの功績を讃える、非常に知名度のあるマーケティング会社の賞です。

目次
  • デジタル一眼レフ部門
    • ニコンが更にシェアを上げた一眼レフ部門
  • ミラーレス部門
    • 遂にキヤノンがミラーレスでも首位に
  • コンパクトデジタルカメラ部門
    • ニコンが大幅シェアアップで遂にトップブランドに
  • 交換レンズ部門
    • レンズでもシェアを伸ばしたニコン
  • ビデオカメラ部門
    • パナソニックがシェア拡大、ソニーとJVCケンウッドを引き離しにかかる
  • アクションカム部門
    • GoPro圧倒、格安メーカーも躍進
  • 三脚・一脚部門
    • Vitec Groupが一気に躍進
  • カメラバッグ部門
    • ハクバ強し。Vitec Groupはここでも登場
  • インクジェットプリンタ部門
    • 2強の熾烈なトップ争いは続く

今回は2018年最も売れたメーカーはどこなのか?そのシェアが遂に明かされる! 続きを読む カメラメーカーシェア発表!BCN 2019

カメラメーカーたちの東京オリンピック撮影機材!

EOS-1D X Mark II vs D5

2020年東京オリンピックフォトグラファーの皆さんこんにちは。

各カメラメーカーが、東京オリンピックに自社製品を送り込まんと高速連写機や超望遠レンズのラインナップに力を入れてきています。

目次
  • 現代のオリンピックフォトグラファーの撮影機材
    • キヤノンユーザーのオリンピックフォトグラファーの撮影機材
    • ニコンユーザーのオリンピックフォトグラファーの撮影機材
  • キヤノン東京オリンピック撮影機材
    • EOS-1D X Mark IIIで挑む東京2020
  • ニコン東京オリンピック撮影機材
    • D6で挑む東京2020
  • ソニー東京オリンピック撮影機材
    • α9 IIで挑む東京2020
  • オリンパス東京オリンピック撮影機材

そこで今回は、2020年東京オリンピックに臨むための機材を、キヤノン、ニコン、ソニー、オリンパスでご紹介したいと思います。 続きを読む カメラメーカーたちの東京オリンピック撮影機材!

X-H1におすすめのレンズはコレだ!

X-H1

X-H1ファンの皆さんこんにちは。

富士フイルムXシリーズ機のハイエンド、X-H1ですが、サードパーティ製レンズを踏まえて、X-H1の性能を発揮できるXマウントレンズラインアップをレンズのジャンルごとに考えてみましたのでご紹介します。 続きを読む X-H1におすすめのレンズはコレだ!