超詳細!ゼロから学ぶモノブロックストロボの使い方!

こんにちは、あなたの心の大型ストロボ、山崎將方です。

eya11

モノブロックストロボでのライティングに挑戦してみたいあなたに、今回は「Profoto B1 500 Air TTL」を例に挙げて、一般的なモノブロックストロボの具体的な操作方法と共に、「Profoto B1 500 Air TTL」の魅力についてもお話いたします。

一般的に撮影用ストロボというと、内蔵フラッシュ、クリップオンストロボ、モノブロックストロボ、フラッシュヘッド+ジェネレーターなどが思い浮かぶと思います。

内蔵フラッシュやクリップオンストロボは携帯性に優れていますが、発光量が弱いのが欠点です。

こうした一般的なストロボとは別に、本格的な撮影に使用されているのが電源部が一体となったモノブロックストロボや、ジェネレーターとヘッドを組み合わせたいわゆる大型ストロボで、主にスタジオ内での撮影で使用され、大光量を得られたり様々なライティングアクセサリーによる高度なライティングが可能という特徴があります。

今回操作例としてご紹介する「Profoto B1 500 Air TTL」も大型ストロボの一つで、発光部である灯体とコンデンサー部分が一体となった、所謂モノブロックストロボです。

モノブロックストロボ自体は珍しいものではありませんが、「Profoto B1 500 Air TTL」の人気の秘密は、一つにはTTL調光が可能であるということ、もう一つは充電式のバッテリーで駆動するという点。

つまり、コードレスでコンセントやバッテリータイプのジェネレーターに接続する必要がなく、少数スタッフでの屋外ロケや手持ちでの使用さえ可能になりました。

大容量リチウムイオン充電池を使用することで、一回の充電で最大500W、約220回のフル発光が可能です。

つまり、屋外でもモノブロックストロボが簡単に使えるという点が革新的で、従来だとバッテリータイプのジェネレーター+フラッシュヘッドが必要であったロケでの本格ライティングがモノブロックストロボ単体で可能になるのが魅力です。

これからはこういった「TTL調光、無線スレーブ&調光、バッテリー駆動」といったタイプが増えていくと思いますので、この機会に是非覚えていって下さいね!

ではさっそく、モノブロックストロボの具体的な使い方についてご説明しましょう! 続きを読む 超詳細!ゼロから学ぶモノブロックストロボの使い方!

Photoshopで痩身レタッチ!「ゆがみフィルター」でぽっちゃりさんを痩せさせる方法!

みなさんこんにちは、カメラマンのひらりんです。 今回はわがアメイジンググラフのカメラマン、山崎將方をモデルに、冴えない中年男性でもしゅっとしたハンサムボーイにするレタッチをご紹介します。

Photoshopがあればとっても簡単!それではご一緒に見ていきましょう。

禁断の痩身レタッチが今ついに幕を開ける…

DSC_3257_1

素材となる写真はこれ。 ポーズは決めていても、全体的にぽっちゃりした体型が気になります。また、眉毛の形もなんだかおかしいですね。福耳も主張しちゃって、イケメンとは程遠い外見…。ただ、お金持ちになる人相です(本人談)。
しかし、そんな被写体でも諦めません。 続きを読む Photoshopで痩身レタッチ!「ゆがみフィルター」でぽっちゃりさんを痩せさせる方法!

建築写真向けアクセサリー「LensTRUE System」とは何か?

マウントアダプターで有名な近代インターナショナルが、ドイツOBO社のLensTRUE Systemを6月中旬に発売するとのこと。

LensTRUE Systemというのが何かと言うと、建築写真などで建物を下から写すと上すぼまりにパースが付いてしまう現象を回避するための物で、従来ですと、 続きを読む 建築写真向けアクセサリー「LensTRUE System」とは何か?

iPhoneで本格ライティングの時代も近い?スマホ用ワイヤレスフラッシュトリガーの話

Kickstarter(キックスタート)というサイトをご存知ですか?
製品・サービスのアイデアを実現するために出資者を募るというものなのですが、時々写真関係のアイテムも登場しています。
今回は、iPhoneと外部ストロボを同調させるという面白いアクセサリー「Tric for iPhone」のお話。 続きを読む iPhoneで本格ライティングの時代も近い?スマホ用ワイヤレスフラッシュトリガーの話