シグマが新Artレンズを発表か!?

SIGMA 85-135mm F2 DG OS HSM Art

シグマオーストラリアが先日フェイスブックにテザー広告を出しその焦点距離に様々な憶測が湧いていた大口径レンズですが、Sigma Rumorsは85-135mm F2を期待しているようで、もしそうであれば私も魅力的なレンズになると思います。

ただしCANON RUMORSはこの焦点距離を否定しており、

    • 24-70mm/F2
    • 70-200mm/F2
    • 85-135mm/F2
    • 50-135mm/F2
    • 50-150mm/F2

これらではない世界初の大口径ズームレンズ、と言っています。85-135mm/F2ならF2通しのフルサイズ用中望遠レンズとしてポートレート撮影に非常に魅力的なレンズとなりそうですが、確かに大きさを考えるもう少しズーム比は少ないようにも思えます。

否定されておらず、かつ現実的な焦点距離では、50-85mm F2 DG HSM Artも魅力的かもしれません。果たしてどんなレンズが出てくるのか…。

というわけで大きさを考えても期待薄ですが、敢えて夢のポートレートレンズ、85-135mm F2 DG OS HSM Artを考えてみましょう。 続きを読む シグマが新Artレンズを発表か!?

レンズコーティングはなぜ反射を抑え、透過率が上がるのか?

Nikkor lens

フォトマスター検定の予想問題です。合格目指してさっそく問題です!フォトマスター検定勉強法も掲載しています。参考にして頂ければと思います。

難易度:1級レベル

問:レンズの反射を防止しフレアやゴーストを軽減するために施す反射防止コーティングに、ARコート(Anti Reflection Coating)がありますが、フッ化マグネシウム(MgF2)などを使った一般的なARコーティングなどの場合、なぜ表面反射が減り透過率が上がるのか?最も近いと思われる理由を次の中から選べ。

①コーティングによってレンズ表面の平滑性が上がり、乱反射を抑えるため
②コーティングは空気とレンズの中間の屈折率を持っており、レンズへの入射光を緩やかに曲げながら導く効果があるため
③コーティングはレンズ面とは逆位相の光の反射を起こすことで反射を打ち消すため

正解はこのあとすぐ! 続きを読む レンズコーティングはなぜ反射を抑え、透過率が上がるのか?

PENTAX K-1のスペックが明らかに!初のフルサイズ一眼レフは何がスゴい!?

PENTAX K-1

ペンタックスK-1のスペックがPENTAX RUMORSに掲載されていましたので簡単にご紹介します。有効画素数3640万画素CMOSセンサー搭載、連続撮影枚数秒間約6.5コマ、ISO感度ISO100〜204800、GPS内蔵、防塵防滴、可動式液晶採用、ファインダー視野率100%、ボディ内手振れ補正など現在のペンタックスのトレンドにのったスペックとなっています。

予想価格はボディ単体で約25万円程度が見込まれており、現在のD810やEOS 5D Mark IIIの最安値と競合する価格帯となっています。数日内には仕様や製品特徴などがより詳細なスペックが判明しそうです。 続きを読む PENTAX K-1のスペックが明らかに!初のフルサイズ一眼レフは何がスゴい!?

シグマがまた何やら凄いレンズを発表するようです。

SIGMA 新レンズ

春ということで、またシグマがやってくれそうです。CANON RUMORSによると、2月23日頃に発表される可能性が高いとのことですので、CP+で実物が触れそうです。

CANON RUMORSはF2.8よりも明るい(F2.0)の望遠ズームレンズではないか?とのことですが。果たして… 続きを読む シグマがまた何やら凄いレンズを発表するようです。

多摩動物園へGO!~ありがとうライオンバス、また会う日まで~

DSC_0655
撮影者:ひらはらあい

今回はAmazing Graphの2人で多摩動物園に行ってきました。また、今年3月で工事のため当面の間休業してしまう「ライオンバス」にも乗ってきましたよ!

たくさんの動物を撮り歩き、最後は昆虫園で〆るのがお約束。はてさてどんな写真が撮れたのでしょうか?

ちなみに都内の動物園では、毎年恒例「ほっとフォトコンテスト」が開催中!動物園のフォトコンテストで入賞を狙いたい方も参考になるかも!? 続きを読む 多摩動物園へGO!~ありがとうライオンバス、また会う日まで~

ニコンから久しぶりの高級コンパクトがCP+2016で発表か!?

Nikon 35Ti

Nikon RumorsにNikonの新高級コンパクトの話が載っていたのでそちらをご紹介。CP+2016でNikonが高級コンパクトカメラシリーズを一挙に発表する可能性が高いとのことです。

Nikonは先日フルサイズフラッグシップ一眼レフ機D5とAPS-Cフラッグシップ機D500というスーパースペックの機種を発表し非常に話題になりましたが、高級コンパクトカメラでもCOOLPIX A以来の本格的な新機種を追加してくるようです。 続きを読む ニコンから久しぶりの高級コンパクトがCP+2016で発表か!?

マイクロフォーサーズマウントに更に5社が参入表明!

マイクロフォーサーズ

オリンパス&パナソニックで有名なマイクロフォーサーズマウントに新たに5社が参入するとのこと!

マイクロフォーサーズシステムはミラーレス業界のスタンダードとなっていくのでしょうか。 続きを読む マイクロフォーサーズマウントに更に5社が参入表明!

世にも不思議で美しいエリック・ヨハンソンの写真世界へようこそ

Aïshti

今日は世にもユニークで美しい写真を発表しているスウェーデンの写真家、Erik Johanssonさんの写真表現の世界を見に行きましょう。

Photoshopによる画像の合成やレタッチはバリバリに行われていますが、CGはわずかしか使われておらず、ほとんどは実際に撮影した画像を使用して制作しているようです。

ちなみに使用機材は、

  • カメラ Hasselblad H5D-40
  • PC 自作PC + MacBook Pro 15inch
  • 液晶モニター Eizo ColorEdge CG318-4K
  • レタッチソフト Adobe Photoshop CC

さっそく、その摩訶不思議な世界に浸っていきましょう! 続きを読む 世にも不思議で美しいエリック・ヨハンソンの写真世界へようこそ