タグ別アーカイブ: その他

世界初の民生用デジタルカメラはQV-10ではなくDycam Model 1

QV-10

カメラファンの皆さんこんにちは。

最近カシオがデジタルカメラ事業から撤退したことに関連して、「世界初のデジタルカメラを作ったカシオ」、あるいは、「世界初の民生用デジタルカメラを発売したカシオ」であると勘違いされているケースがしばしば見受けられます

これも「QV-10」があまりにも有名であるからなのだろうとは思いますが、

  • 世界で初めてデジタルカメラを発明したメーカー
  • 世界で初めて民生用デジタルカメラを発売したメーカー

いずれもカシオではありませんし、当然QV-10も、世界初の民生用デジタルカメラではなく、カシオに先行して民生用デジタルカメラを発売していたメーカーは数社ありました。

そこで今回は、

  1. 世界で初めてデジタルカメラを開発したメーカーは?
  2. 世界で初めて民生用デジタルカメラを発売したメーカーは?
  3. QV-10がこれほど有名になった理由は?

という3点について、解説させて頂きたいと思います。

【目次】

  • 世界で初めてデジタルカメラを開発したメーカーは?
    • 世界初のデジタルカメラはイーストマン・コダックによって作られた
  • 世界で初めて民生用デジタルカメラを発売メーカーは?
    • 実際に発売された世界初の民生用デジタルカメラは「Dycam Model 1」
    • デジタルカメラの前身となった「電子スチルビデオカメラ」
    • 民生用デジタルカメラの誕生とその系譜
    • Dycam Model 1とはどんなカメラであったのか?
  • QV-10がこれほど有名になった理由は?
    • なぜQV-10はエポックメイキングなカメラとして名を残したのか?
    • 誤解を招いたドキュメンタリー番組「プロジェクトX」

果たして世界初の民生用カメラはどのような機種であったのでしょうか?そして、カシオのQV-10はなぜこれほど有名になったのでしょうか?今回はこのお話をさせて頂きたいと思います。 続きを読む 世界初の民生用デジタルカメラはQV-10ではなくDycam Model 1

次にカメラ市場から撤退するメーカーはどこなのか?

デジタルカメラ市場からの撤退

皆さんこんにちは。

遂にカシオがカメラ事業からの撤退を発表しました。不況のカメラ業界、果たして次にカメラ事業から撤退するのはどのメーカーなのか?多くのカメラファンが心配しつつ見守っていることと思います。

そこで今回は、一般的な順位当てパズルを使って、不謹慎にも「次にカメラ事業から撤退するのはどこのメーカーなのか?」という論理パズル(※もちろん現実の話ではありません)を作ってみましたので、暇つぶしにやってみていただければと思います。

では問題です!

難易度:IQ120相当

問題:カメラメーカーのうち4社(オリンパス、パナソニック、富士フイルム、リコー)は、実は既に4社共がカメラ事業からの撤退を予定しています。

そこで、それぞれのメーカーに、「いつ頃カメラ事業から撤退するのか?」について聞いてみましたが、最後に撤退するメーカー以外の3社はウソを吐きました。

以下の各社の発言内容から、「最初に撤退するメーカー」を当てて下さい。

【発言】

  • オリンパス「最初に撤退する」
  • パナソニック「リコーより後に撤退する」
  • 富士フイルム「パナソニックより後に撤退する」
  • リコー「富士フイルムより先に撤退する」

【条件】

  • 最後に撤退するメーカー以外はウソを吐いている
  • メーカー同士はお互いがいつ撤退するのかを知っている

正解はこのあとすぐ! 続きを読む 次にカメラ市場から撤退するメーカーはどこなのか?

カメラが斜陽産業になった真の理由と、カメラ業界の問題点

斜陽
Photo by 山﨑将方

カメラファンの皆さんこんにちは。

写真用カメラ産業の斜陽化が叫ばれる昨今、頼みの綱であったミラーレスカメラさえも、2018年以降生産台数・出荷台数共に大幅な前年割れとなってしまいました。

これによって、コンパクトデジタルカメラ、ミラーレスカメラ、一眼レフカメラ全てに未来が見えなくなり、いよいよ「カメラ事業から撤退するのではないか?」と囁かれるメーカーも出てきました。

なぜカメラ業界はこれほどまでに衰退してしまったのか?それは本当にスマートフォンの登場によるものなのでしょうか?

【目次】

  • カメラ業界の悲惨な現状
    • CIPA統計から見る2018年のカメラ産業
    • あらゆる項目で前年を割る出荷傾向
    • 頼みの綱のミラーレスさえも前年割れ
    • CIPAによる2018年のカメラ出荷台数予想
  • カメラが売れなくなったのはスマホのせいではない?
    • カメラが売れないのは本当にスマートフォンのせいなのか?
    • スマホで代替可能でも伸びている産業もある
    • 伸びている時計業界
    • SNSの普及もデジタルカメラの衰退の原因とは言い切れない
    • スマホが登場しなくてもカメラ業界はダメだった?
  • 21世紀のカメラ業界の動向
    • デジタルカメラ登場以降カメラ産業を支えたブーム
  • デジタルカメラへの移行は幸運なブームだった
    • デジタルカメラへの移行は単なる「長いブーム」だった
    • デジタルカメラへの移行の完了と進化の鈍化
  • メーカーも踊らされたカメラ女子ブーム
    • カメラをファッションにしてしまったカメラ女子ブーム
    • 売れさえすればいい、というカメラメーカーの姿勢
    • カメラ男子も一種のファッションだった
  • なぜミラーレスはカメラ業界の救世主となれなかったのか?
    • ミラーレスカメラの誕生と革新性
    • ミラーレス誕生の背景
    • ミラーレスに積極的だったメーカーと消極的だったメーカー
    • 燻り続けるマウント径とセンサーサイズの選択の問題
    • 新しい市場を開いたミラーレス、しかしミラーレスにも未来はない?
    • 各社のミラーレスシステムの問題点
    • ミラーレスさえもカメラ業界の衰退は救えなかった
  • カメラが売れなくなった本当の責任は誰にあるのか?
    • カメラ業界の衰退を招いた真の犯人は誰だ?
    • 過剰に斜陽化を煽ったメディア
    • 利益率や販売目標しか考えなかったカメラ販売店
    • ノイジーマイノリティのプロカメラマンやカメラマニア
    • あるべきカメラの姿を示せなかったカメラメーカー
    • カメラ業界を衰退させたのは誰だったのか?

というわけで今回はカメラ産業の斜陽化の原因と、現在のカメラ業界が抱える問題点について色々と考えてみたいと思います。 続きを読む カメラが斜陽産業になった真の理由と、カメラ業界の問題点

白人モデルと黒人モデルを同じ写真で比較するとどうなる?

06

ロサンゼルスの黒人女性モデルのデデ・ホワードさんは、白人モデルが採用されることが多い広告業界に一石を投じようと、さまざまな有名ブランドの広告写真と同じポーズを自身で再現し、大きな反響を呼びました。

そこで今回は、このデデ・ホワードさんが行った白人と黒人モデルによる比較広告写真をご紹介します。 続きを読む 白人モデルと黒人モデルを同じ写真で比較するとどうなる?

写真鑑賞や画像編集におすすめの液晶モニター6機種

ColorEdge CG248-4K

RAW現像やレタッチ時のモニターには何を使われているでしょうか?

写真のRAW現像やレタッチの際に正確な色再現を行えたり、見やすいモニターは重要です。

そこで今回は画像・動画編集用のモニターの定番中の定番、EIZOのモニターから、おすすめの液晶モニターをご紹介します。 続きを読む 写真鑑賞や画像編集におすすめの液晶モニター6機種

コンタクトプリントとインデックスプリントの違い

コンタクトプリント

皆さんこんにちは。

現像済みのフィルムはそのままではどのようなコマなのか分かりづらいため、各コマを分かりやすく見るために「コンタクトプリント(密着プリント/ベタ焼き)」や「インデックスプリント」というものを使用して確認します。

そこで今回は、この「コンタクトプリント(密着プリント/ベタ焼き)」と「インデックスプリント」についてご説明します。 続きを読む コンタクトプリントとインデックスプリントの違い

バウンス角度を自動で変える「スピードライト 470EX-AI」登場

スピードライト 470EX-AI

ストロボ(スピードライト)でバウンス発光を行う場合、撮影距離やカメラの角度、また縦位置横位置を変えた際に発光部の向きを変える必要があります。

キヤノンの新型スピードライト 470EX-AIは、バウンス撮影を自動化する「AIバウンス機能」を世界で初めて搭載しています。

ストロボが適切な発光部の角度を自動設定するストロボ初心者向けのフルオートモード「AI.Bフルオート」と、カメラの縦横の姿勢変化に応じて、ストロボに記憶させた発光部の角度に自動的に再設定する中上級者向けのセミオートモード「AI.Bセミオート」を備えており、ユーザーの撮影ニーズに応じて使い分けることができます。

そこで今回は、このキヤノンの画期的な自動バウンススピードライト、スピードライト 470EX-AIをご紹介します。 続きを読む バウンス角度を自動で変える「スピードライト 470EX-AI」登場

最も写真に詳しいユーチューバー「写真の秘訣 廣瀬雅弘写真術」のご紹介!

YouTubeには沢山の動画が日々投稿されており、カメラや写真系のユーチューバーの方も数多くおられます。

私自身相当な数のカメラ・写真系の動画を視聴しているつもりですが、今回はその中から特におすすめしたい写真系YouTubeチャンネル、「写真の秘訣 廣瀬雅弘写真術」をご紹介したいと思います。 続きを読む 最も写真に詳しいユーチューバー「写真の秘訣 廣瀬雅弘写真術」のご紹介!

デジタルカメラ出荷台数増加で前年比103.3%。金額は前年比111.6%

デジタルカメラ 出荷数量月間推移

2017年(1-12月累計)のデジタルカメラ総出荷実績は24,978,486台で、前年比103.3%と増加したとのこと。

2011年以降デジタルカメラの出荷台数は減少傾向にありましたが、昨年2017年に至り遂に増加に転じました。

地域別で見ると、デジタルカメラ全体の出荷台数では日本向けが100.0%、日本向け以外が103.8%となっており、国内は横ばい、海外で増加しています。合わせて交換レンズの総出荷実績も、19,220,599本で前年比100.2%と微増していることが分かります。

また出荷金額においては、792,817,491円(前年比111.6%)と顕著な伸びを示しています。 続きを読む デジタルカメラ出荷台数増加で前年比103.3%。金額は前年比111.6%

カナダグースのダウンジャケットで特に暖かいモデルはコレ!

エクスペディション・パーカ

皆さんダウンジャケット着てますか?近年ダウンジャケット業界で非常に人気のあるブランドといえばカナダグースです。

高い防寒性能とファッション性を両立したカナダグースは、街着としてはもちろん、寒冷地での写真撮影、野鳥観察、天体観測、オーロラ観測のような屋外での長時間の待機が必要なシチュエーションや、モデルによっては極地探検のような極限の環境下に対応するモデルまでラインアップされています。

今回はカナダグースのダウンジャケットの中でも特に暖かい、「TEI5:EXTREME(究極の保温性)-30°C以下の極寒地に対応している」と言われる、4つのおすすめモデルをご紹介します。 続きを読む カナダグースのダウンジャケットで特に暖かいモデルはコレ!