タグ別アーカイブ: カメラシェア

一眼レフ・ミラーレス・コンデジの世界シェアトップ5が発表

レンズ交換式カメラシェア

カメラシェアファンの皆さんこんにちは。

以前日経がカメラなどの世界シェアを発表し、その際は3位まででしたが、先日5位までを見ることが出来るようになりましたので、

  • デジタルカメラ
  • レンズ交換式カメラ
  • COMSイメージセンサー
  • インクジェットプリンター

今回は上記のカメラ関連製品の世界シェアトップ5を改めてご紹介したいと思います。 続きを読む 一眼レフ・ミラーレス・コンデジの世界シェアトップ5が発表

上半期シェアは一眼レフ・ミラーレスをキヤノン、コンデジをニコンが制す!

ジャンル トップメーカー シェア 昨年比
デジタル一眼レフカメラ キヤノン 58.9% -2.2%
ミラーレスカメラ キヤノン 30.1% +8.8%
コンパクトデジタルカメラ ニコン 31.0% +5.5%
交換レンズ キヤノン 20.7% -1.2%
ビデオカメラ パナソニック 44.1% +2.1%
アクションカム GoPro Inc. 72.9% +5.7%
三脚・一脚 ヴァイテックイメージング 17.3% 前回不明
カメラバッグ ハクバ写真産業 28.3% +1.6%
インクジェットプリンター エプソン 45.1% +2.6%

カメラシェアファンの皆さんこんにちは。

毎年恒例のBCNランキングですが、2018年上半期のシェア1位が発表されました。

BCNランキングは全ての販売店を網羅しているわけではないものの、調査対象が多く基本的には国内シェアの動向を十分に推察できるものと言えるでしょう。

【目次】

  • デジタル一眼レフ部門
    • キヤノン僅かに後退、それでも圧巻のシェア
  • ミラーレス部門
    • 遂にミラーレスもキヤノンがシェアトップに
  • コンパクトデジタルカメラ部門
    • ニコンが大幅シェアアップでトップに立つ
  • 交換レンズ部門
    • サードパーティーがシェアを伸ばす交換レンズ業界
  • ビデオカメラ部門
    • パナソニックがリードを拡大
  • アクションカム部門
    • アクションカム市場はGoPro Inc.が独走
  • 三脚・一脚部門
    • ヴァイテックイメージングが一気にトップシェアに躍り出る
  • カメラバッグ部門
    • ハクバがその地位を拡大
  • インクジェットプリンタ部門
    • 2強の熾烈な争いは、5年ぶりにエプソンが制す

そこで今回は、これまでのBCN AWARDのシェアとも比較しながら、2018年上半期のカメラ業界のシェア動向をご紹介させて頂きたいと思います。 続きを読む 上半期シェアは一眼レフ・ミラーレスをキヤノン、コンデジをニコンが制す!

デジタルカメラの世界シェアが発表!

レンズ交換式カメラシェア

カメラシェアファンの皆さんこんにちは。

日本経済新聞社は主要商品・サービス71品目について2017年時点のシェアを調査し、カメラ関連となる、

  • デジタルカメラ
  • レンズ交換式カメラ
  • COMSイメージセンサー
  • インクジェットプリンター

などの世界シェアも合わせて発表されました。

そこで今回は、このレンズ交換式カメラなどのカメラ関連製品の世界シェアをご紹介します。 続きを読む デジタルカメラの世界シェアが発表!

BCN2019カメラ市場シェアはキヤノン全部門首位、ニコンが追い上げ中?

レンズ交換式 一眼レフ ミラーレス コンデジ
キヤノン 46.8% 56.5% 34.6% 35.6%
ニコン 21.9% 43.4% 33.3%
オリンパス 13.7% 28.0% 2.1%
ソニー 12.7% 27.5% 10.5%
パナソニック 3.7% 7.6% 1.0%
富士フイルム 1.1% 2.3% 3.8%
リコー 5.2%
カシオ 8.4%

BCNランキング(全国の家電量販店やECサイトのPOSデータを日次で集計したもの)を元に、BCN AWARD 2019(2018年分)の各カメラメーカーの現時点での国内市場シェアを概算してみました。

2018年上半期のシェアは現在のところ、

  • レンズ交換式カメラ全体:キヤノンが圧倒
  • 一眼レフカメラ:キヤノン首位を維持もニコンが追い上げ傾向
  • ミラーレスカメラ:キヤノンが遂に国内市場で首位に
  • コンパクトデジタルカメラ:キヤノンとニコンが熾烈な首位争い

といった感じだと思います。

今回は2018年上半期のシェア動向について考えてみたいと思います。 続きを読む BCN2019カメラ市場シェアはキヤノン全部門首位、ニコンが追い上げ中?

報道写真の傑作の過半数はニコンのカメラで撮影されている?

ベネズエラの危機
ベネズエラの危機:Ronaldo Schemidt

報道写真ファンの皆さんこんにちは。

「世界報道写真展(WORLD PRESS PHOTO)」は、世界で最も有名な報道写真のコンテストであり、1955年にオランダのアムステルダムで世界報道写真財団が発足したことを機に、翌年から始まったドキュメンタリー、報道写真の世界的展覧会です。

世界報道写真コンテストは、毎年、1-2月にかけて前年に撮影された写真を対象に、十数人からなる国際審査員団によって入賞作品を選出し、「世界報道写真展」として、世界中の約100会場で展示されます。

第61回を迎える2018年の世界報道写真展には、125カ国の地域から、4,548人のフォトグラファーが参加、73,044点の作品の応募がありました。

そして、全8部門において、22カ国、42人のフォトグラファーの作品が受賞しましたが、スペインの有名カメラサイトPHOTOLARIがそれら受賞作品129作品のうち、カメラ情報が記されていた97作品のデータを対象に使用機材の調査を行いました。

その結果、受賞作品の半数以上がニコン製のデジタル一眼レフで撮影されているということが判明しました。

ちなみに、この記事のアイキャッチ画像となっている大賞作品「ベネズエラの危機」も、ニコンのフラッグシップ機D4Sによって撮影されたものです。

そこで今回は、この調査の詳細と共に、果たして世界の傑作報道写真はどんなカメラを使って撮影されているのか?をご紹介したいと思います。 続きを読む 報道写真の傑作の過半数はニコンのカメラで撮影されている?

2018年はミラーレスでもキヤノンがシェア1位になる?

EOS Kiss M

最近、BCNランキングなどを見ていると、EOS Kiss Mが良く売れている、というのを見かけることが多くなってきました。

そこでBCNランキングの売り上げTOP50ミラーレスカメラに限定してカウントし、現在のどのメーカーのミラーレスが売れているのか?をチェックし、各メーカーのシェアを概算してみました。

というわけで、今回は、2018年のミラーレスのシェア動向について考えてみたいと思います。 続きを読む 2018年はミラーレスでもキヤノンがシェア1位になる?

2018カメラメーカーシェア発表!一眼・ミラーレス、売れているのはどこ?

BCN 2018

BCNが「BCN AWARD 2018」(2017年分)を発表しました。BCN AWARDは、全国の家電量販店やカメラ量販店などの実売データをもとに、デジタル家電やパソコン関連製品の販売台数を集計し部門別に2017年の年間販売台数No.1メーカーを表彰するものです。

果して2017年一番売れたメーカーはどこなのか?

<目次>
  • デジタル一眼レフ部門
    • ニコンがシェアを上げたデジタル一眼レフ部門
  • ミラーレス部門
    • 上位3社は三つ巴
  • コンパクトデジタルカメラ部門
    • キヤノンが微増、ニコンが大幅シェアアップ
  • 交換レンズ部門
    • サードパーティーがシェアを伸ばす交換レンズ業界
  • ビデオカメラ部門
    • パナソニックがトップを堅守、しかしソニーが迫る
  • アクションカム部門
    • GoPro圧倒、しかしアクションカムに未来はあるのか?
  • 三脚・一脚部門
    • 遂にハクバがトップメーカーに
  • カメラバッグ部門
    • ハクバが首位、しかしロープロが3位にランクイン
  • インクジェットプリンタ部門
    • 2強の熾烈な争いの中で、ブラザーも着々とシェアを伸ばす

今回は一眼レフ・ミラーレス・コンデジ・レンズ・三脚などカメラに関わるさまざまな製品のシェアをご紹介したいと思います。 続きを読む 2018カメラメーカーシェア発表!一眼・ミラーレス、売れているのはどこ?

8月は一眼レフ好調で前年比112.1%。ミラーレスも好調維持!

デジタルカメラ出荷台数

CIPAが発表しているデジタルカメラ出荷台数統計ですが、2017年8月分が発表されましたのでご紹介します。

それによると8月は一眼レフが好調で、前年比+12.1%と大きく伸びており、ミラーレスも+4.9%と相変わらず好調でした。そこで今回はこのCIPAデジタルカメラ出荷統計をご紹介します。 続きを読む 8月は一眼レフ好調で前年比112.1%。ミラーレスも好調維持!

キヤノンのデジタルカメラ事業好調。ミラーレスも昨年比70%増

EOS M6

東洋経済ONLINEにキヤノンの業績が復調しているというニュースが掲載されています。7月27日に発表した2017年の第2四半期決算は、売上高が1兆9652億円(前年同期比18.6%増)、営業利益1719億円(同58.2%増)と大幅な増収増益。

さらにカメラ事業も好調で、なんとミラーレスに関しては2017年1~6月の上半期で、キヤノンはミラーレス全体で販売台数を約70%以上も増やし、世界のミラーレス市場におけるキヤノンのシェアは予測で今年22.4%(2016年は16.3%)にまで高まる見込みとのこと。

今回はこのキヤノンデジタルカメラ事業好調のニュースをご紹介します。 続きを読む キヤノンのデジタルカメラ事業好調。ミラーレスも昨年比70%増

2017年上半期カメラシェアはキヤノンが驚愕の63.9%!ミラーレスはオリンパスが首位

2017年上半期 カメラシェア

BCN RETAILに2017年上半期のデジタルカメラ及びカメラ関連製品のシェアが掲載されています。

それによると、2017年上半期(1月〜6月)までのレンズ交換式カメラのシェアは一眼レフではキヤノンの69.3%が首位、ミラーレスではオリンパスの28.9%が首位となっています。

そこで今回はこの2017年上半期のデジタルカメラ及びカメラ関連製品のシェアのニュースをご紹介します。 続きを読む 2017年上半期カメラシェアはキヤノンが驚愕の63.9%!ミラーレスはオリンパスが首位