タグ別アーカイブ: ニコン

Nikonの呼び方は「ニコン」と「ナイコン」どちらが正しいのか?

Nikonファンの皆さんこんにちは。

Nikonは日本では「ニコン」と呼ばれることが一般的かと思いますが、海外では「ナイコン」と発音されることがあります。

果たしてNikonの呼び方は、「ニコン」なのでしょうか「ナイコン」なのでしょうか?

今回はNikonの呼び方について考えてみたいと思います。 続きを読む Nikonの呼び方は「ニコン」と「ナイコン」どちらが正しいのか?

ニコンZマウントで出して欲しいレンズたち

NIKKOR Z 24-70mm f:4 S

Zニッコールレンズファンの皆さんこんにちは。

遂に始まったZマウントですが、当然まだまだレンズラインナップは貧弱であり、また数年で長い歴史を持つFマウント並みのレンズを揃えることも難しいでしょう。

そこで今回は、果たしてニコンはどのような順でZマウントを充実させていくべきなのか?を勝手に考えてみたいと思います。 続きを読む ニコンZマウントで出して欲しいレンズたち

EOS R、Z6、α7 III性能比較。フルサイズミラーレスの戦い始まる!

EOS R

RFマウント、Zマウント、Eマウントファンの皆さんこんにちは。

遂にキヤノンからフルサイズミラーレスEOS Rシリーズが登場し、これによってキヤノン・ニコン・ソニーのカメラ業界トップ3のフルサイズミラーレス市場での戦いが始まりました。

【目次】

  • EOS R、Z6、α7 IIIの性能比較
    • Z6、Z7、α7 III、α7R IIIの仕様比較
  • EOS R、Z6、α7 III、性能的に優れているのは?
    • EOS Rのスペック上の見所
    • 新世代の操作系マルチファンクションバー
    • EOS RとZ6とα7 IIIの魅力

そこで今回はこの話題のフルサイズミラーレス、EOS Rを含めた、3社のフルサイズミラーレスベーシックモデルとなる、EOS R、Z6、α7 IIIの性能を比較してみたいと思います。 続きを読む EOS R、Z6、α7 III性能比較。フルサイズミラーレスの戦い始まる!

ニコンvsソニーのフルサイズミラーレス開戦!z6・z7・α7 III・α7R III比較

Nikon Z6/Z7

Zマウント、Eマウントファンの皆さんこんにちは。

遂にニコンからフルサイズミラーレスZシリーズZ6とZ7が登場しました。

フルサイズミラーレスにはLEICA SLシリーズもありますが、ニコンZ6とZ7の実質的なライバルはやはりソニーのα7 IIIα7R IIIと言えるでしょう。

【目次】

  • Z6、Z7、α7 III、α7R III性能比較
    • Z6、Z7、α7 III、α7R IIIスペック比較
  • 性能的に優れているのは?
    • スペックはα7 IIIとα7R IIIに一日の長がある
    • 操作性と高級感に期待させるZ6とZ7
    • Zシリーズとαシリーズの将来性

そこで今回はこの話題のフルサイズミラーレス4機種の性能を比較してみたいと思います。 続きを読む ニコンvsソニーのフルサイズミラーレス開戦!z6・z7・α7 III・α7R III比較

ニコン本気のフルサイズミラーレスZ6とZ7登場!Zマウントの将来性は?

Z7

ニコンフルサイズミラーレスファンの皆さんこんにちは。

ニコンファン、いいえ多くのカメラファン待望のニコンフルサイズミラーレス機、Z6とZ7が遂に発表されました。

【目次】

  • Zマウントの特徴
    • システムカメラの要、レンズとボディを繋ぐマウント
    • Zマウントの特徴と優位性
  • Zマウントのレンズラインナップ
    • カメラシステムの要、レンズラインナップ
  • Z6とZ7の仕様比較
    • スペック比較
  • Z6の製品特徴
    • 高速連写・超高感度モデル、Z6
  • Z7の製品特徴
    • 超高解像モデル
  • Zマウントの評価と将来性
    • 次の100年に向けた、遂にニコンの本気の新世代マウント

そこで今回は、このニコンの次世代のレンズ交換式カメラの主流となりそうな、Zマウントの輝かしい幕開けとなる2機種、ニコン本気のフルサイズミラーレス、Zシリーズとその将来性について解説したいと思います。 続きを読む ニコン本気のフルサイズミラーレスZ6とZ7登場!Zマウントの将来性は?

ニコン一眼レフの信頼性評価試験は修羅の国。

ニコン温度試験

YouTubeチャンネルのNikon Asiaに、ニコンD850の動作試験の動画が掲載されています。

D850の厳しい信頼性テストの様子が紹介されており、落下・衝撃、防塵防滴、高温多湿といった様々な過酷な環境の中での動作確認を行っています。

そこで今回は、このニコンの信頼性・耐久性テストの様子をご紹介します。 続きを読む ニコン一眼レフの信頼性評価試験は修羅の国。

ニコンフルサイズミラーレスのコンセプトを考察する

ニコンフルサイズミラーレス

ニコンファンの皆さんこんにちは。

正式発表が近づくにつれ、非常に期待が高まっているニコンフルサイズミラーレス機ですが、現在までに出ているティザー広告の画像からさまざまな事が推察されています。

フルスペックの発表は8月中が予想されており、リークされている画像の完成度などから見て、発売も秋から遅くとも年内の発売が期待できると思っています。

【目次】

  • ニコンフルサイズミラーレスのボディについての考察
    • 競合機とのサイズ比較
    • 従来のミラーレスのホールディング性の問題を改善
    • 上面液晶やフォーカスセレクターレバーも搭載
    • 注目のEVFはチルト機構搭載の可能性?
    • 最も気になるのはスペックに表されない見え味
  • 新マウントについての考察
    • 既存のフルサイズカメラを大幅に上回るマウント口径
    • 巨大なマウント径は中判イメージセンサーさえも搭載可能
    • レンズ設計の自由度やイメージセンサー関連技術にも有利
    • 正方形センサーなどは可能性薄
    • バヨネットはライカと同じく4本爪
    • 反時計回りのレンズ取り付け方向はFマウントを踏襲
  • ニコンらしい質実剛健さと実用的な操作性に期待
    • ニコンのテイストとミラーレスらしさの融合

そこで今回は、Nikon Rumorsに掲載されている現時点での画像から、来たるニコンのフルサイズミラーレスカメラについて考察したいと思います。 続きを読む ニコンフルサイズミラーレスのコンセプトを考察する

ニコンフルサイズミラーレスカメラに期待されること。

ニコンフルサイズミラーレス

ニコンファンの皆さんこんにちは。

詳細発表が近づき盛り上がっているニコンフルサイズミラーレス機ですが、皆さんがニコンのフルサイズミラーレスに期待することは何でしょうか?

そこで今回はDPREVIEWのアンケートから、大きな期待がかかるニコンとキヤノンのフルサイズミラーレスにファンが期待していることをごしょう秋したいと思います。 続きを読む ニコンフルサイズミラーレスカメラに期待されること。

BCN2019カメラ市場シェアはキヤノン全部門首位、ニコンが追い上げ中?

レンズ交換式 一眼レフ ミラーレス コンデジ
キヤノン 46.8% 56.5% 34.6% 35.6%
ニコン 21.9% 43.4% 33.3%
オリンパス 13.7% 28.0% 2.1%
ソニー 12.7% 27.5% 10.5%
パナソニック 3.7% 7.6% 1.0%
富士フイルム 1.1% 2.3% 3.8%
リコー 5.2%
カシオ 8.4%

BCNランキング(全国の家電量販店やECサイトのPOSデータを日次で集計したもの)を元に、BCN AWARD 2019(2018年分)の各カメラメーカーの現時点での国内市場シェアを概算してみました。

2018年上半期のシェアは現在のところ、

  • レンズ交換式カメラ全体:キヤノンが圧倒
  • 一眼レフカメラ:キヤノン首位を維持もニコンが追い上げ傾向
  • ミラーレスカメラ:キヤノンが遂に国内市場で首位に
  • コンパクトデジタルカメラ:キヤノンとニコンが熾烈な首位争い

といった感じだと思います。

今回は2018年上半期のシェア動向について考えてみたいと思います。 続きを読む BCN2019カメラ市場シェアはキヤノン全部門首位、ニコンが追い上げ中?

報道写真の傑作の過半数はニコンのカメラで撮影されている?

ベネズエラの危機
ベネズエラの危機:Ronaldo Schemidt

報道写真ファンの皆さんこんにちは。

「世界報道写真展(WORLD PRESS PHOTO)」は、世界で最も有名な報道写真のコンテストであり、1955年にオランダのアムステルダムで世界報道写真財団が発足したことを機に、翌年から始まったドキュメンタリー、報道写真の世界的展覧会です。

世界報道写真コンテストは、毎年、1-2月にかけて前年に撮影された写真を対象に、十数人からなる国際審査員団によって入賞作品を選出し、「世界報道写真展」として、世界中の約100会場で展示されます。

第61回を迎える2018年の世界報道写真展には、125カ国の地域から、4,548人のフォトグラファーが参加、73,044点の作品の応募がありました。

そして、全8部門において、22カ国、42人のフォトグラファーの作品が受賞しましたが、スペインの有名カメラサイトPHOTOLARIがそれら受賞作品129作品のうち、カメラ情報が記されていた97作品のデータを対象に使用機材の調査を行いました。

その結果、受賞作品の半数以上がニコン製のデジタル一眼レフで撮影されているということが判明しました。

ちなみに、この記事のアイキャッチ画像となっている大賞作品「ベネズエラの危機」も、ニコンのフラッグシップ機D4Sによって撮影されたものです。

そこで今回は、この調査の詳細と共に、果たして世界の傑作報道写真はどんなカメラを使って撮影されているのか?をご紹介したいと思います。 続きを読む 報道写真の傑作の過半数はニコンのカメラで撮影されている?