タグ別アーカイブ: ホワイトバランス

写真の色かぶりを防げ!光源の演色性を見極めよう!

スペクトロマスターC-7000
画像:SEKONIC(http://www.sekonic.com/united-states/products/c-7000/overview.aspx)

皆さん色かぶりしてますか?

写真撮影では色かぶりに悩まされることも多いもの。色合わせにはカメラのホワイトバランス調整機能を使用しますが、どうやっても色が合わないと言う場合があります。

そうした場合、環境光やライティング光の演色性が低いために、色再現が上手くできないことが原因である可能性があります。そこで今回は、光源の演色性について考えてみたいと思います。 続きを読む 写真の色かぶりを防げ!光源の演色性を見極めよう!

写真が色かぶりしている時、ホワイトバランスはどう調整すればいい?

Color Checker
画像:X-rite(http://www.xrite.co.jp/)

フォトマスター検定の予想問題です。合格目指してさっそく問題です!フォトマスター検定勉強法も掲載しています。参考にして頂ければと思います。

難易度:準1級レベル

問:カメラのプリセットホワイトバランスで撮影したところ、ほぼ適正な色味が得られたが、わずかな赤かぶりが見受けられた。そのためカメラ内のホワイトバランス微調整機能を使用して、ホワイトバランスを調整したい。赤かぶりを低減するには、どの方向に補正を加えれば良いか?次の中から選べ。

① シアン
② マゼンタ
③ イエロー

正解はこのあとすぐ! 続きを読む 写真が色かぶりしている時、ホワイトバランスはどう調整すればいい?

色温度が低い時と高い時、ケルビンを変えると色味はどうなる?

色温度(ケルビン)と色との関係
画像:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89)

フォトマスター検定の予想問題です。合格目指してさっそく問題です!フォトマスター検定勉強法も掲載しています。参考にして頂ければと思います。

難易度:1級レベル

問:日中の光の下(5500Kと仮定)で被写体を撮影してみた。カメラのホワイトバランスの項目で、色温度をそれぞれ2000K、3000K、5500K、6000K、10000Kと変えながら撮影した場合、2000Kと3000Kで撮影した画像と、6000Kと10000Kで撮影した画像では、どのような違いを感じるか次の中から選べ。

①2000Kで撮影した画像と3000Kで撮影した画像の色味の違いの方が大きい
②6000Kで撮影した画像と10000Kで撮影した画像の色味の違いの方が大きい
③ほぼ同じように見える

正解はこのあとすぐ! 続きを読む 色温度が低い時と高い時、ケルビンを変えると色味はどうなる?

6/23「モダンレトロ」写真教室レポート☆

みなさんこんにちは。梅雨ですね。久しぶりに外でかたつむりと、ナメクジを発見しました。わが家で…。

それはともかく!雨で写真を撮りにいけないよ~とお困りではありませんか?そんな梅雨の時期でも安心、安定の「モダンレトロ」写真教室が先日開催されました。

今回は5名様の参加でした!講師はもちろん、我らが山崎將方先生です。アシスタントとして私ひらりんも同行しましたので、作例を紹介させて頂きます。

写真教室をもう体験した人も、まだの人も、生徒さん気分で楽しんでくださいね☆

DSC_0002_1[1]

船のような形…とひらりんは思っている、東京国際フォーラムの中から天井を見上げた様子です。この日は標準ズームしか持っておらず、生徒さんもほとんど標準域をお持ちでした。

「広角でどーん」と広さを強調できないので、対角線を意識して構図を作ってみました。 続きを読む 6/23「モダンレトロ」写真教室レポート☆