タグ別アーカイブ: モニター

写真の色を合わせるカラーマネージメントの簡単な方法を解説

DSC04173
Photo by 山﨑将方

写真愛好家の皆さんこんにちは。

デジタルカメラで撮影した写真をプリントしていて困るのが、PC上のモニター(ディスプレイ)で見えている色と、実際にプリント(印刷)した時の写真の色味に差異が発生するケースです。

幾らRAW現像やレタッチ時にモニター上で色調を調整しても、プリントして見ると色味が違ってしまう、また他のモニターに変えて見た場合など以前のモニターで見ていた色と違う。

そういった色味に関する問題が頻繁に発生します。

その問題を解決し、モニター上で見る色調とプリントの色調が合うように調整する作業や、モニター間での色調の違いを一致させる作業、それがカラーマネージメントです。

【目次】

  1. なぜ写真は画像とプリントで色がズレるのか?
    • 色空間(カラースペース)とは?
    • 色空間の種類 同じ写真であってもデバイスが変わると違う色に見えている
    • 色空間やデバイスの設定が統一されていればほぼ同じ色に再現できる
    • カメラでもAdobe RGBを設定することができる
  2. カラーマネージメントシステムとは?
    • 色を一致させるカラーマネージメントシステム
    • カラーマネージメントに重要な「ICCプロファイル」とは?
    • ガモットマッピングとは?
  3. 実践的で簡単なカラーマネージメント
    • 結局簡単に色を合わせるにはどうすれば良いか?
    • 1.カメラでAdobe RGBに設定する
    • 2.モニター周辺を色評価光か、演色性の高い「昼白色」の照明環境下で作業を行う
    • 3.モニターもカラーキャリブレーションしてAdobe RGBに設定する
    • 4.LightroomやPhotoshopのようなAdobe RGBを扱えるアプリケーションでセレクトや画像編集を行う
    • 5.ICCプロファイルを利用してPhotoshopやLightroomからプリントする
  4. プリンターごとのカラーマネージメントの実際の設定
    • キヤノン製のプリンターで印刷する場合の手順
      • マッチング方式の「知覚的」の意味
      • マッチング方式の「相対的な色域を維持」の意味
    • エプソン製のプリンターで印刷する場合の手順
  5. 結局どうすれば写真の色は合うのか?
    • Adobe RGBかsRGBか?は、必ずしも重要ではない
    • 手っ取り早い組み合わせ
  6. カラーキャリブレーションの重要性
    • モニターは使っているうちに色も明るさもズレていく
    • カラーキャリブレーションの頻度
  7. カラーキャリブレーションの種類
    • カラーキャリブレーションの種類と原理
    • ソフトウェアキャリブレーションとは?
    • ハードウェアキャリブレーションとは?
    • ハードウェアキャリブレーションとソフトウェアキャリブレーションの違い
  8. 楽に正確な色を見たいなら、カラーマネージメントモニターがおすすめ
    • カラーマネージメントモニターの数々の利点

そこで今回は、この「カラーマネージメント」と、モニターの色調を調整するための作業である「カラーキャリブレーション」についてなるべく平易な表現でご説明させていただければと思います。 続きを読む 写真の色を合わせるカラーマネージメントの簡単な方法を解説

そのモニター正しい色見えてる?カラーIQテストに挑戦してみよう!

カラーIQテスト

皆さんは普段レタッチや写真鑑賞にどのようなモニターをお使いでしょうか?x-rite社のカラーIQテストは色覚だけでなくモニターの色再現性を確認するのにも役立ちます。

今回は楽しみながら色覚やモニターの色再現性を確認できるこのx-riteカラーIQテストをご紹介します。 続きを読む そのモニター正しい色見えてる?カラーIQテストに挑戦してみよう!

レタッチにオススメのアップル純正新型5Kモニターが登場!?

Apple Thunderbolt Display

アップルがApple Thunderbolt Displayの生産を終了すると発表ました。アップルストアもしくはオンラインストアでは在庫分の販売を継続するものの、在庫がなくなり次第終了となります。

また一方でアップルは5K解像度をもつディスプレイの後継モデルについては触れていないものの、新型ディスプレイの噂が出ています。 続きを読む レタッチにオススメのアップル純正新型5Kモニターが登場!?

iPad Proをテザー撮影用の外部モニターとして考えてみる。

tech_specs_social

今日はAppleから発売中のiPad Proは果たしてフォトグラファーにとって撮影に活用するに値するかを考えてみたいと思います。

ちなみに私はWindowsデスクトップとMac Book Pro、iPhoneユーザーですが、テザー撮影を行う場合はMacBook Proを使用しています。

iPad ProとノートPC、それぞれテザー撮影用の外部モニターとして使用した場合のメリットやデメリットについてお話ししたいと思います。 続きを読む iPad Proをテザー撮影用の外部モニターとして考えてみる。

カメラマン垂涎の外部モニター「On-Lap 1101P」発表!

GeChic On-Lap 1101P

今日はそんなクリスマスにピッタリのデジタルカメラ用外部モニター、「On-Lap 1101P」のご紹介です。

テジタル一眼レ用外部モニターとしては超大型と言っても良いこのOn-Lap 1101P、実際の使い勝手はどうなのか?じっくり見ていきたいと思います。 続きを読む カメラマン垂涎の外部モニター「On-Lap 1101P」発表!

カメラマンのためのモニター選び。ディスプレイを制すものは写真を制す!

CG248-4K

写真愛好家にとってのモニター(ディスプレイ)選びは非常に大切で、モニターがダメだとレタッチも印刷も上手くいきません。

キャリブレーションのようなカラーマネージメントも大切ですが、作業性という意味でも長時間モニターとにらめっこするわけですから、小さすぎるモニターや疲れるモニター、正確でないモニターは作業効率を大きく損ないます。

そこで、今日はモニター選びの話です。これであなたのフォトライフが快適になること間違いなし! 続きを読む カメラマンのためのモニター選び。ディスプレイを制すものは写真を制す!

カメラは超画素時代に!写真レタッチや画像編集に適したPCは?

Mac Book Pro

まだまだ続く高画素化。2015年7月現在、超高画素機と言われるカメラでは代表的な機種では約3,635万画素のNikon D810、約5,060万画素のCanon 5Ds/5DsRなどが思い浮かぶかと思います。

デジタル中判では、8,000万画素クラスの機種もあり、高画素化には賛否両論ありますが、時代の流れを考えればより高画素のモデルは必ず出てくるでしょう。

コンシューマ向け機材でさえ億画素時代も夢物語ではなくなった今、現像やレタッチにはより高速に快適に動作するPCスペックも重要になってきます。 続きを読む カメラは超画素時代に!写真レタッチや画像編集に適したPCは?