タグ別アーカイブ: 撮影機材

3層積層型CMOSイメージセンサーってどんなもの?

3層積層型CMOSイメージセンサー
画像:SONY(https://www.sony.co.jp/)

皆さん積層されてますか?私は積層されています。

この度ソニーから発表されたα9は、世界初のフルサイズ3層積層型CMOSイメージセンサーとなるExmor RSを搭載した点も大きな革新として注目されています。

イメージセンサーにはさまざまな種類がありますが、3層積層型CMOSイメージセンサーとは一体どんな特徴があるのか?今回はこの3層積層型CMOSイメージセンサーがどういったものかをご紹介します。 続きを読む 3層積層型CMOSイメージセンサーってどんなもの?

クリエイター向けPC DAIVを購入レビュー!創造の海へDAIVせよ!

画像:mouse computer(http://www.mouse-jp.co.jp/creator/)

3年ほど恋に仕事に頑張っていた普段使い用のデスクトップPCが寿命を迎えつつあるため、このたび思い切って画像編集のバリバリできそうなクリエイター向けPC「DAIV」シリーズのDAIV-DGZ510E1-SH2を購入しました。

mouse computerから発売されている「DAIV」シリーズは、オンライン上で自分の求める性能やパーツを選んで自在にカスタマイズできるのも魅力。(お見積りするだけでも楽しいですよ)

私も悩みに悩んで選びましたが、実際に届いたものを使用してみて「ここはこっちを選んでおけばよかった!」とか「このオプション意外と付けたほうがいいかも!」という実感もありましたので、今回は「DAIV」の使い勝手とともに、そうしたカスタマイズのポイントまでこっそりお教えします。

これから写真編集用のPC購入を検討しているフォトグラファーはきっと読んで損なし! 続きを読む クリエイター向けPC DAIVを購入レビュー!創造の海へDAIVせよ!

SONY αシリーズ新機種カメラ・レンズ・アクセサリー価格情報!

α9
画像:SONY(http://www.sony.com/)

ソニーのフルサイズハイエンドEマウントカメラα9が国内でも正式発表された事に合わせて、α9及びアクセサリーの価格が発表されました。α9の気になる価格は実勢価格で約50万円(税別)、FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSは32万円(税別)となっており、その他α9関連のアクセサリーの価格も発表されました。

今回はこのソニー新カメラ&レンズ&アクセサリーの価格をご紹介します。 続きを読む SONY αシリーズ新機種カメラ・レンズ・アクセサリー価格情報!

SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSの魅力に迫る!

FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
画像:SONY(http://presscentre.sony.co.uk/pressreleases/)

ソニーからFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSが正式発表されました。FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSはEマウントユーザー待望のフルサイズ対応超望遠ズームレンズであると同時に、ソニーの最高級レンズシリーズであるG MASTERブランドとなっています。

今回はこのEマウント初の本格プロスポーツ撮影対応超望遠ズームレンズ、FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSをご紹介させていただきます。 続きを読む SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSの魅力に迫る!

SONY α9を徹底解説!真のゲームチェンジャーここに爆誕!

α9
画像:SONY(http://presscentre.sony.co.uk/)

ついにソニーから真のプロ機とも言えるハイエンドEマウントミラーレス機、α9が正式発表されました。

このα9、途方も無いスペックを載せており、まさにキヤノン・ニコンによって寡占状態になっていたプロスポーツカメラ市場に殴り込みをかけるべく登場した初めてのミラーレス機と言えるでしょう。またソニーの発表イベントでは複数のプロフォトグラファーが「α9はゲームチェンジャーとなる」と発言しています。

目次
  • α9特徴概要
  • α9製品外観
  • α9のスペック詳細解説
  • 気になる価格と発売日
  • ソニーはプロスポーツ市場を崩せるか?α9Rやα9Sはあるのか?

今回はこの「途方も無いミラーレス機」、ソニーα9をご紹介したいと思います。 続きを読む SONY α9を徹底解説!真のゲームチェンジャーここに爆誕!

人はなぜ上級機を使うのか?画質以外の入門機との違いを解説

人はなぜ上級機を使うのか?画質以外の入門機との違いを解説

皆さん上級機使ってますか?私は神棚に置いて拝んでいます。

一眼レフ選びの際、上級機と入門機で同じイメージセンサーや画像処理エンジンが使われている場合がままあります。画質が同じならなぜわざわざ高くて重い上級機を選ぶのか?と疑問に思われる方もおられるでしょう。

そこで今回は一眼レフの上級機と入門機で何が違うのか?を、「レリーズボタン」「ファインダー」「ボディ構造」の3つのポイントに関して解説させていただきたいと思います(※但し全ての機種に共通しているということではありません)。 続きを読む 人はなぜ上級機を使うのか?画質以外の入門機との違いを解説

「F-stop」日本上陸!最強アウトドアカメラバッグの魅力に迫る!

AJNA
画像:TAKE(http://www.take-online.jp/)

みなさんはカメラバッグは何を使っていますか?さまざまな持ち運びスタイルがありますが、沢山の機材を持ち運びたいとなった場合の定番といえばバックパックとローラーバッグです。

自然風景撮影や山岳写真などではローラーバッグは持って行きづらいため、バックパックが定番です。

そこで、今回はバックパックタイプカメラバッグの最高峰として名高いF-stopの魅力をご紹介します。 続きを読む 「F-stop」日本上陸!最強アウトドアカメラバッグの魅力に迫る!

D7500はガッカリ機種!?D7500の真相に迫る!

D7500
画像:Nikon(http://www.nikon.co.jp/news/2017/0412_d7500_01.htm)

ニコン人気一眼レフ中級機、D7200後継機となるD7500が遂に発表されました。

D7500には約2,088万画素のイメージセンサーとチルト可動式背面液晶モニターを搭載、4K動画や最近のニコン機のトレンドの一つでもあるSnapBridgeを搭載していています。

しかしながらメモリーカードスロットがダブルスロットがシングルスロット化し、バッテリーグリップ非対応やD7200からスペックダウンされた部分もあり、賛否が分かれるところでしょう。

実際に触ってきましたので、今回はこのニッポンの一眼レフ、Nikon D7500の魅力をご紹介します。 続きを読む D7500はガッカリ機種!?D7500の真相に迫る!

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMはお散歩写真にピッタリの万能単焦点レンズ!

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM
画像:Amazon(https://www.amazon.co.jp/)

キヤノンからEOS一眼レフAPS-C機用マクロレンズ、EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMが正式発表されました。このマクロレンズは既に発売されているEF-M28mm F3.5 マクロ IS STMと同じく、マクロリングライトを搭載し、被写体を等倍の大きさで撮影できる小型・軽量のマクロレンズです。

キヤノンAPS-C一眼レフと合わせることで、35mm判換算で56mm相当の画角を持つ標準単焦点レンズであり、同時にマクロ撮影にも対応できるということで、スナップフォトグラファーにとって楽しみな一本となることでしょう。 続きを読む EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMはお散歩写真にピッタリの万能単焦点レンズ!

魅力的なカラーネガフィルム「Lomography Color Negative F²/400」が新発売!

Lomography Color Negative F²:400
画像:Lomography(http://www.lomography.jp/)

ロモグラフィーから非常に魅力的なカラーネガフィルム、Lomography Color Negative F²/400が数量限定で発売されるとのこと。Lomography Color Negative F²/400は今までにない鮮やかな発色が表現できる個性的なカラーネガフィルムです。

今回はこのカラーネガフィルム、Lomography Color Negative F²/400をご紹介します。 続きを読む 魅力的なカラーネガフィルム「Lomography Color Negative F²/400」が新発売!