タグ別アーカイブ: 撮影機材

iPhone Xのカメラとその他のiPhoneのカメラ性能を比較する

iPhone X

待望のiPhone Xが発表されました。iPhone Xはフロントデザインから物理ボタンを廃し、縦横比が約19.5:9のSuper Retina HDディスプレイの採用や、顔の立体形状を認識して生体認証を行う「Face ID」の搭載が話題となっています。

しかしそれだけでなく、iPhone Xはカメラ部も進化、静止画・動画ともにiPhone 史上最高のものとなっています。そこで今回は遂に登場した驚愕の次世代スマートフォン、iPhone XとiPhone 8/8 Plusなどの他のiPhoneシリーズとのカメラ性能の比較をご紹介します。 続きを読む iPhone Xのカメラとその他のiPhoneのカメラ性能を比較する

D850とEOS 5D Mark IVの低感度&高感度画質比較の結果やいかに!?

D850

IMAGING RESOURCEに、D850の感度別サンプルが掲載されています。

そこで今回はこのD850のサンプルレビューのご紹介と、加えて前モデルとなるD810及びキヤノンの競合機、EOS 5D Mark IVとの各ISO感度の画質を比較出来るようにリンク表を作ってみました。 続きを読む D850とEOS 5D Mark IVの低感度&高感度画質比較の結果やいかに!?

D850を分解して分かったこと。D850は内部構造もしっかり進化していた!

D850

NIKON RUMORSに、NRC台湾がD850の分解レビューが掲載されています。それによると、D850はD810から内部構造にさまざまな改良が加えられているとのこと。

そこで今回はこのD850内部構造のレビューをご紹介します。 続きを読む D850を分解して分かったこと。D850は内部構造もしっかり進化していた!

富士フイルムX-E3正式発表、コンセプトは高画質&ダウンサイジング!

X-E3

富士フイルムから中級ミラーレス機、X-E3が発表されました。

X-E2後継機となるX-E3の価格com登場時の最安値は、ボディ単体が111,290円、XF18-55mmF2.8-4 R LM OISが付属するレンズキットは150,170円となっています。 続きを読む 富士フイルムX-E3正式発表、コンセプトは高画質&ダウンサイジング!

ソニーRX0正式発表。RX0は新しいカメラのありようなのか!?

RX0

ソニーはプレミアムコンパクトRXシリーズで追求してきた高画質と、防水性と堅牢性を備えたコンパクトデジタルスチルカメラ サイバーショット RX0を発表しました。

雨や水中、振動などタフな環境でも撮影が可能ないわゆるアクションカムに分類されるカメラですが、ソニーとしてはアクションカムという表現はしておらず、またウェアラブルカメラとしての使い方は想定していないとうのことで、あくまでもプレミアムコンパクトRXシリーズの位置づけとなっています。 続きを読む ソニーRX0正式発表。RX0は新しいカメラのありようなのか!?

PLフィルターの使い方。時計回りに回すか?反時計回りに回すか?

PLフィルター、時計回りに回すか?反時計回りに回すか?

PLフィルターやサーキュラーPLフィルターといった偏光フィルターは、レンズフィルターの中でも特殊なフィルターで、さまざまな不思議な特性を持っています。

<目次>
  • 偏光フィルターは時計回りと反時計回りどちらに回す?
  • 偏光フィルターの〇や△のマークはどういう意味がある?
  • 偏光フィルターはなぜ鏡や金属の反射にはなぜ効果がないの?
  • 偏光フィルターの劣化はなにが原因で起きる?
  • 偏光フィルターは反射を目立たせてしまう場合もある?
  • ミラーレスでも円偏光フィルターを使うべき?

今回はこれら偏光フィルターのトリビアをご紹介します。 続きを読む PLフィルターの使い方。時計回りに回すか?反時計回りに回すか?

キヤノンTS-E(ティルトシフト)レンズ比較

TS-Eレンズ

キヤノンから3本のティルトシフトレンズが発表されました。50mm、90mmはリニューアル、さらに135mmが追加されたことで、商品撮影などにもさらに強いラインアップとなりました。

そこで今回はこの新レンズを加えたTS-Eレンズの比較をご紹介します。 続きを読む キヤノンTS-E(ティルトシフト)レンズ比較

キヤノンEFマウント中望遠ポートレートレンズ比較、おすすめはどれだ!?

EF85mm F1.4L IS USM

キヤノンから待望の新ポートレートレンズ、EF85mm F1.4L IS USMが正式発表されました。

  • EF85mm F1.8 USM(1992年発売)
  • EF85mm F1.2L II USM(2006年発売)
  • EF85mm F1.4L IS USM(2017年発売)

このように、純正85mm単焦点レンズとしては実に11年ぶりとなるこのレンズ、写りの面でも使い勝手の面でも大幅な進化を遂げており、手ぶれ補正も搭載、EFマウントのポートレートレンズの新定番となるべく作られています。

そこで今回はこのEF85mm F1.4L IS USMと他社製品も含めた85mm中望遠単焦点レンズの比較をご紹介します。 続きを読む キヤノンEFマウント中望遠ポートレートレンズ比較、おすすめはどれだ!?

史上最も明るいレンズ「Super-Q-Gigantar 40mm F0.33」とは?

Super-Q-Gigantar 40mm F0.33

現代のハイスピードレンズとしては、ライカのノクティルックスM F0.95/50mm ASPH.などがあります。また過去にはツァイスのPlanar 50mm f/0.7などの50mm/F0.7といったレンズも存在しました。

しかし世界は広いもの。なんと歴史上最も明るいレンズとしては、40mm/F0.33という桁外れのレンズが存在したというのです。

そこで今回はこのZEISS Super-Q-Gigantar 40mm f/0.33をご紹介したいと思います。 続きを読む 史上最も明るいレンズ「Super-Q-Gigantar 40mm F0.33」とは?