FUJIFILM GFX 50Sの実機レビューが登場!社運を賭けた中判ミラーレスの出来やいかに!?

FUJIFILM GFX 50S

非常に期待されているフジフイルムデジタル中判ミラーレス機GFX 50Sですが、デジカメWatchGFX 50Sの実機レビューが掲載されていましたので簡単にご紹介します。



■FUJIFILM GFX 50Sのレビュー


FUJIFILM GFX 50Sのレビュー簡潔にまとめてみました。

  • GFX 50Sの撮像素子サイズは43.8×32.9mm(約5,140万画素)
  • 35mm判フルサイズイメージセンサーと比較すると約1.7倍
  • マウントの名称は「Gマウント」、レンズは「GFレンズ」
  • Xシリーズらしい精密かつ趣味性の高いデザインをフジフイルムでは「X-DNA」と呼んでいる
  • 接眼部の光学系が優れておりX-T1,X-T2よりも視野が広く見やすかった
  • EVFは着脱式で非常に精巧なガイドレールを介しておりロックされる
  • EVFチルトアダプターを使用すればファインダーを上下だけでなく左右にも回転可能
  • EVFチルトアダプターは任意の角度でロックすることが可能
  • 縦グリップは縦位置でも横位置でも同じ操作性とグリップ感を実現している
  • 背面のサムグリップもホールディング性を向上させている
  • サブLCDを搭載したのはプロの撮影現場で露出設定をシンプルに読み取りやすくするため
  • 開発発表された6本のGFレンズは感触や操作性にもこだわっている
  • 2017年初期にGFX 50Sと同時発売予定のレンズは、GF63mmF2.8 R WR(35mm判換算50mm相当)、GF120mmF4 R LM OIS WR Macro(35mm判換算95mm相当)とGF32-64mmF4 R LM WR(35mm判換算25-51mm相当)
  • その他には、GF23mmF4 R LM WR(35mm判換算18mm相当)、GF45mmF2.8 R WR(35mm判換算36mm相当)、GF110mmF2 R LM WR(35mm判換算87mm相当)が予定されている
  • GFX 50Sには中判カメラに多いレンズシャッターではなく技術的蓄積のあるフォーカルプレーンシャッターを採用した
  • 価格は1万ドル以下が予定されている

曽根原昇(そねはら のぼる)さんによる元記事も非常に読み応えがありますので、GFX 50Sにご興味のある方はそちらも是非ご覧いただければと思います。

 

参考:デジカメWatch
画像:FUJIFILM

Reported by 山﨑将方