35mm判はどこの長さが35mmなのか?

画像:Amazon(https://www.amazon.co.jp/)

フォトマスター検定の予想問題です。フォトマスター検定勉強法も掲載していますので、参考にして頂ければと思います。

過去の各級の予想問題のまとめ

合格目指してさっそく問題です!

難易度:2級レベル

問:フィルムカメラの中には一般に「35mm判」と呼ばれている、有名なフォーマットがある。この35mm判の35mmとは、一体どこの長さのことを表しているか?次の中から選べ。

① 撮影画面サイズの長辺が35mm
② フィルムの幅が35mm
③ フィルムを収納している金属製パトローネの直径が35mm

正解はこのあとすぐ!

■正解は②(フィルムの幅が35mmであるため)


35mm判とはフィルムの幅のこと

先に、

  • ①の撮影画面サイズの長辺
  • ③のフィルムを収納しているパトローネの直径

に関してですが、

①は「35mm判の画面サイズ」は、長辺36.0×24.0mmなので、長辺は36.0mmなので不正解となります。

③の「パトローネの直径」は、かつてはパトローネの大きさは幾つかあったのですが、今日皆さんが一番よく見かける一般的な金属製パトローネの直径はおおよそ24mm程度であるため、やはりこちらも不正解となります。

というわけで、②(フィルムの幅が35mm)が正解となります。

35mm判というのは、いわゆる135フィルムのフィルム幅のこと表していたわけです。

35mmフィルムのことをなぜ「135フィルム」と呼ぶ?

ちなみに「135フィルム」というのは、コダックが名付けたもので、もともと35mmフィルムは映画用の長尺フィルムを転用して作られたわけですが、当初は長い映画用のフィルムを切ってスプールに巻いて使っていました。

それをアグファが1932年に世界で初めてパトローネに入れて販売し、1934年にドイツ・コダック(元ナーゲル)が後を追う形で販売したのですが、その時のコダックでの規格名が「135フィルム」で、それが一般に広まり、35mm判のことを「135フィルム」と呼ぶようになったわけです。

中判用のブローニーフィルムも「120フィルム」とか「220フィルム」と呼ばれますが、これもコダック内でのフィルムの規格名で、その点においては「135フィルム」も同様です。

この「3桁数字のコダックのフィルム規格」は、現在ではその多くが使われなくなり、製造もされなくなりましたが、かつてはとても沢山の種類が存在していました。

 

Reported by 平原正隆