パースペクティブ(遠近感)や圧縮効果は何に影響される?

頭身に遠近感を感じさせないブリリアントです。

パースペクティブ
画像引用元:OLYMPUS(https://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/12_20/sample.html)

フォトマスター検定の予想問題です。合格目指してさっそく問題です!フォトマスター検定勉強法も掲載しています。参考にして頂ければと思います。

難易度:準1級レベル

問:焦点距離24-70mmのレンズの広角端(24mm)を使用し撮影したところ、パースペクティブ(遠近感)が強過ぎると感じた。次に同じ撮影位置から望遠端(70mm)を使用して撮影した。パースペクティブ(遠近感)はどうなるか?次の中から選べ。

① 望遠端で撮影した方がパースペクティブ(遠近感)は弱まる
② 広角端で撮影した方がパースペクティブ(遠近感)は弱まる
③ 広角端でも望遠端でもパースペクティブ(遠近感)は同じ

正解はこのあとすぐ!



■正解は③(広角端でも望遠端でもパースペクティブ(遠近感)は同じ)


パースペクティブ(遠近感)はカメラと被写体の距離に依存します。そのため24mmの広角端で撮影した場合と、70mmの望遠端で撮影した場合、画角は変わるもののパースペクティブ(遠近感)は変わりません。

しかし一般に「望遠レンズで撮影するとパースペクティブのつき方が弱まる」あるいは「圧縮効果で背景が大きく写る」といった表現がされることがあります。これはなぜでしょうか?

広角側
広角側
画像引用元:NIkon(http://www.nikon-image.com/)
望遠側
望遠側
画像引用元:Nikon(http://www.nikon-image.com/)

その理由は、同じ画角で撮影した場合、望遠レンズになるほど広角レンズで撮影した場合と比較して被写体から離れる、つまり広角レンズと画角を同じに揃えようとすることで、結果的に撮影距離が長くなるために遠近感が弱まるからです。

パースペクティブ(遠近感)は焦点距離ではなく撮影距離に依存します。そのため、撮影距離が同じであれば、広角端(24mm)で撮影しても望遠端(70mm)で撮影しても、被写体のパースペクティブ(遠近感)の付き方や被写体と背景の比率は変わりません。

同じ撮影距離から、広角側で撮った画像を、望遠側で撮影した画像と同じ範囲となるようにトリミングして比較してみましょう。同じパースペクティブとなるのがお分かり頂けると思います。

 

画像引用:OLYMPUS,Nikon

Reported by 山崎將方