α6500が5軸手ブレ補正とタッチパネルを搭載して登場!

α6500

SONYが新APS-Cフラッグシップ機、α6500を発表しましたので簡単にご紹介します。

先に発売されているα6300から非常に短いスパンでの発表となったこのα6500、果たしてどんなパワーアップを果たしたのでしょうか!?



■α6500の外観デザイン


SONY α6000 α6500 α6300 外観比較

α6000 α6500 α6300

α6500

α6500

 

■α6500のスペック概要


α6500の主要スペック、発売時期、価格は以下の通り。

  • 有効画素数2420万画素 Exmor CMOSイメージセンサー
  • 約5段分の補正効果を持つボディ内5軸手ブレ補正機能搭載
  • タッチスクリーン式チルト稼働液晶モニター
  • ファインダーを覗きながら測距点を変更することが可能なタッチパッドAF機能搭載
  • 合焦速度約0.05秒の4D FOCUS高速AFシステム
  • 425点像面位相差AFセンサー
  • AF追随約11コマ/秒の高速連写(ライブビュー表示モード時約8コマ/秒)
  • 4K(3840×2160)動画記録
  • S-Log3対応
  • 4K動画から約800万画素、FHDから約200万画素の静止画切り出しに対応
  • シャッター耐久約20万回
  • マグネシウム合金ボディ
  • NFC対応Wi-Fi機能搭載
  • スマートフォンアプリを利用しての位置情報の取得に対応
  • バッテリーライフ:約310枚(EVF時)/約 350枚(液晶モニター時)
  • 外形寸法(横×高×奥行):約120.0×66.9×53.3mm
  • 質量:453g(CIPA準拠)
  • 発売時期:2016年12月
  • ボディ単体価格:1700ユーロ
  • SEL1670Zレンズキット価格:2800ユーロ

 

■α6500 4K動画


 

参考:SONY
画像:SONY

Reported by 山﨑将方