カメラの良し悪しは底面を見ればすぐ分かる

D5

突然ですが、「作りの良いカメラ」を見抜くにはどうすれば良いのでしょうか?

仕様表を見比べる?カタログを読み込む?

しかし、仕様表から分かるのはカメラの性能であって、カメラの本質的な作りの良し悪しではありませんし、カタログを読み込んだとしても、どのメーカーも高品位なボディであることのアピールに余念がないため、本当のところは分かりません。

そこで今回は「カメラの作りの良し悪しを一目で判断する方法」をご紹介します。



■カメラの底面には品質が出る


作りの良いカメラは外装の接合部やネジが目立たない

昔からカメラ業界では、

「作りの悪いカメラはパッチワークのようにつぎはぎだらけでやたらと外装にネジが多く、逆に作りの良いカメラはつなぎ目が少なく外装にネジが少ない」

と言われています。

しかし「作りの良いカメラは接合部が目立たず外装のネジが少ない」と言っても、そこはカメラメーカーも分かったもので、上面・前面・背面・側面などは、

  • 張り革の下にネジ止めがくるようにする
  • ビスキャップでネジを目立たないようにする
  • アイカップなど外装のパーツでネジが隠れるようにする

といったさまざまな工夫を施すことで、接合部やネジが目立たないように工夫しています。

最も品質が出るのがカメラの底面

しかしながらカメラの底面はそこまで気を配れていないため、作りの良し悪しが出やすい部分です。

例えばキヤノンの最も安価な一眼レフであるEOS Kiss X70と、フラッグシップ機であるEOS-1D Xの底面を比較してみましょう。

EOS Kiss X70は底面に確認できるネジは7本、EOS-1D Xは4本となっているのが分かります。ボディの大柄なEOS-1D Xの方がネジが少ないというわけです。

またEOS Kiss X70の底面はパーツのつなぎ目やネジが目立つのに対して、EOS-1D Xの底面は非常にスッキリとまとまっていてつなぎ目やネジが目立たないのがお分かり頂けると思います。

EOS Kiss X70

EOS Kiss 70

EOS-1D X

EOS-1D X

良いカメラはネジの種類も違う

作りの良いカメラとそうで無いカメラでは、ネジの本数だけでなくネジそのものにも違いがあります。

EOS Kiss X70の方が頭が丸いネジを使用しているのに対して、EOS-1D Xの方はネジの頭が平らな皿小ネジが使われています。

EOS-1D Xのように金属のボディで皿小ねじを使用するためには、部材に開けたネジ穴にネジの頭部がピッタリと嵌るように、ザグリ加工を部材側(カメラボディ側)に施す必要があります。

EOS Kiss X70のネジ穴もネジ頭が出っ張らないようにザグリ加工はされているのですが、単にネジが飛び出さなければ良いという簡単な作りのもので、EOS-1D Xに見られるような、ネジ頭がピッタリとボディに埋め込まれているように見えるような精度の高いザグリ加工ではありません。

対してEOS-1D Xに施されているザグリ加工は、より高いレベルでの加工精度が必要であるためにコストがかかってしまうのですが、その分部材とネジ頭の密着度を高くできるため、ネジが緩みにくく、また面一に仕上げられるという見栄えの良さもあります。

実際、単純にネジの本数が少ないだけでなく、ネジの色・形状ともにボディとの一体感が高いEOS-1D Xの底面はほとんどネジが目立ちません。

ニコンでも同様に、エントリーモデルD3400は見える底面のネジが6本であるのに対し、フラッグシップ機であるD5は2本と極端に少なくなっていますし、やはりネジも違う種類のものが使われています。

また、底面のつなぎ目の少なさや美しさもD5はD3400よりも勝っており、アイキャッチに使われているのがD5の底面の画像です。

価格と比例するとは限らないカメラの作り

もちろんこのEOS Kiss X70とEOS-1D Xや、D3400とD5の差は、かけられるコストが異なることから生まれるものであるということも忘れてはいけません。

安価なカメラと非常に高価なカメラを比較して作りに差があるのは当然ですから、EOS Kiss X70やD3400がダメなカメラというわけではありません。

しかし、「高価なカメラなのに、底面が継ぎ目だらけネジだらけ」というようなカメラは、幾らカタログスペックが高くても考えものというわけです。

良いカメラはネジの音も違う

またネジの数や見た目だけでなく、音でもカメラの作りの良し悪しが分かると言われており、「良いカメラは分解するとき、ネジを回すとパチン!と小気味良い音がする」と言われます。

実はこの音も皿子ネジと精度の高いザグリ加工が施されたネジ穴によるもので、ネジ頭とザグリ加工された部材との密着度が高いために、ネジを緩める瞬間に「パチン!」という指を鳴らすような音がするのだと言われています。

そうした精度の高いネジの場合、ネジを締め付けている状態ではネジとネジ穴の密着していてネジが緩みにくいというメリットがあるそうです。

反面、カメラを分解するためにネジを緩めようとすると最初は強い力が必要なのですが、一旦緩むと後はほとんど力を入れることなく指でもスルスルと回す事が出来ます。

逆に作りの悪いカメラの場合、分解しようとネジを緩めても、外装と内部のパーツのネジ穴の位置がピッタリ一致しておらず、外装と内部パーツのズレたネジ穴同士にネジが違う方向に引っ張られているため、いつまで回してもギシギシと外れているのか外れていないのか分からないような感触が続き、最後までドライバーでネジを回し続けなければいけないという場合があります。

 

■目立たない部分にこそ、そのカメラの本質がある


カメラの底面を見れば作り手の拘りが分かる

カメラの底面は、そのカメラが「売り上げに直接影響のない細部に至るまで、どれだけの手間とコストをかけ、拘りを持って作っているのか」が現れる部分と言えるでしょう。

例えば同価格帯のカメラと比較して性能面では評価されることの無いライカカメラは、底面まで非常に美しく仕上げられています。

このあたりの「カタログスペックに現れない作りの良さ」が、世界中にライカファンがいる理由の一つなのかも知れません。

LEICA T

勿論ライカに限らず、高品位な作りがなされたカメラボディは見た目に美しいだけでなく、実際にカメラを手に取った際にも高い剛性感を感じさせる作りとなっています。

もし今度カメラ店などに行かれた際には、カメラの底面を見比べてみて、どのようなネジが何本使われているのか?つなぎ目が目立つか?などに注目して頂ければと思います。

カタログスペックには現れない、本当のカメラの作りの良し悪しを感じ取る事が出来るかも知れません。

 

画像:LEICA,KRISTIAN DOWLING,Amazon,GANREF

Reported by 山﨑将方