ニコンから久しぶりの高級コンパクトカメラがCP+で発表か!?

Nikon 35Ti

Nikon RumorsにNikonの新高級コンパクトの話が載っていたのでそちらをご紹介。CP+2016でNikonが高級コンパクトカメラシリーズを一挙に発表する可能性が高いとのことです。

Nikonは先日フルサイズフラッグシップ一眼レフ機D5とAPS-Cフラッグシップ機D500というスーパースペックの機種を発表し非常に話題になりましたが、高級コンパクトカメラでもCOOLPIX A以来の本格的な新機種を追加してくるようです。



■COOLPIX新高級コンパクトシリーズの概要


  • 1.0型センサーが搭載されている
  • APS-Cセンサーを搭載したモデルも発表される可能性がある
  • 将来にはフルサイズセンサーを搭載されたモデルも登場する可能性がある
  • 画角(レンズ焦点距離)違いで3機種同時発表される模様
  • 広角ズームレンズ(18-50mm F1.8-2.8)採用モデル
  • 標準ズームレンズ(24-85mm F1.8-2.8)採用モデル
  • 高倍率ズームレンズ(24-500mm F2.8-5.6)採用モデル
  • ホットシューが搭載されており、Nikonのスピードライトに対応している
  • オプションの外付けEVFも同時に発売される可能性がある。
  • 主なターゲット層はプロカメラマン及びハイアマチュア。

■COOLPIX Aのリベンジなるか?


Nikon 28Ti

Nikonの高級コンパクトと言えば35Ti28Ti…じゃなかった、COOLPIX Aですよね。

しかし発売直後により小型のRICOH GRが同じAPS-Cセンサーモデルとして登場し、COOLPIX Aは苦戦を強いられる結果となりました。その後RICOHはGR IIを発売するもののCOOLPIX Aは実質放置されその後継機は発売されていません。

Nikonファンからすれば高級コンパクトのラインアップが無い現在の状況は寂し限りでしょう。

NikonはCOOLPIX Aでも一眼レフとメニューや操作ボタンの配置をできる限り近づけており、一眼レフに近い操作感を可能な限りコンパクトカメラに盛り込むという試みを行いました。

Nikon 1シリーズの存在がNikonの高級コンパクトへの注力を妨げていた可能性があります。

などなど、各社がスマートフォンから逃げる形で高級コンパクトにこぞってシフトしている中で立ち遅れていた感があったNikonですが、ここにきて一気に3機種もの高級機のラインアップを図る可能性が出てきたことは大変楽しみです。

個人的には18-50mm F1.8-2.8がちょっと楽しみです。

参考:Nikon Rumors
画像:Wikipedia

Reported by 山﨑将方