PENTAXの2016年予想!どんなカメラが登場する!?

bg_04

今日は一眼レフの老舗PENTAXのこれからについて考えてみたいと思います!



■PENTAXの2015年について


2015年PENTAXが発売した一眼レフはK-S2K-3 IIだった訳ですが、K-S2の前モデルK-S1はPENTAXが売りにしている防塵防滴がなかった為にPENTAXファンの受けは今ひとつでした。

K-S2になってPENTAXらしい機種になり、K-3 IIはリアル・レゾリューション・システムなど正常進化した非常に優れたモデルとなっています。

しかしながら、やはりPENTAXをとりまく状況は芳しくなく、PENTAX一眼レフのシェアは年々僅かずつではありますが低下しているのが現実です。

一眼レフメーカー全ラインアップと当初月産台数
メーカー Nikon 当初月産 Canon 当初月産 PENTAX 当初月産
APS-C 入門機 EOS Kiss X70 160,000台
APS-C 入門機 D3300 120,000台 EOS Kiss X7 200,000台 K-S1 20,000台
APS-C 入門機 D5300 100,000台 EOS Kiss X7i 110,000台
APS-C 入門機 D5500 90,000台 EOS Kiss X8i 100,000台 K-S2 15,000台
APS-C 中級機 EOS 8000D 30,000台
APS-C 中級機 D7200 40,000台 EOS 70D 140,000台
APS-C 上級機 EOS 7D Mark II 45,000台 K-3 II 10,000台
フルサイズ 入門機 D610 60,000台 EOS 6D 70,000台
フルサイズ 中級機 D750 40,000台
フルサイズ 上級機 EOS 5D Mark III 60,000台
フルサイズ 上級機 D810 20,000台 EOS 5Ds 15,000台
フルサイズ 上級機 EOS 5Ds R 15,000台
フルサイズ 天体用 D810A 300台
フルサイズ クラシック Df 12,000台
フラグシップ機 D4S 3,000台 EOS-1D X 7,000台 645Z 400台
機種合計 10機種 485,300台 12機種 837,000台 3機種 45,000台

ラインアップ上も2機種+旧機種併売の1機種と、3機種体制で製品ラインアップとしては厳しい状況が今も続いています。

そこに起死回生、とまではいかなくても、PENTAXファン待望のフルサイズ一眼レフが2016年には予定されています!

 

■PENTAX K-1について


PENTAXの2016年注目の話題と言えばKマウントのフラグシップにしてPENTAX初のフルサイズデジタル一眼レフK-1以外にはないでしょう。

何年も前から噂やPENTAX自身の発言があり、CP+ではモックアップが参考展示され、2015年中の発売を予定しているという発言がありました。

しかしながらつい先日PENTAX公式サイトにティザー広告が掲載され、2016年春発売との発表がなされました。

噂→開発中→発売時期の発言→延期と、フルサイズ機を待ち望んでいるPENTAXユーザーはかなり待たされている状態ですが、本当に2016年春に発売出来るかはまだ未知数かも知れません。

あとは製品仕様がPENTAXユーザーだけでなく、他社ユーザーに響くものに出来るかどうかが重要で、今後のPENTAX一眼レフの状況を考えると、現PENTAXユーザーがフルサイズ機に期待するものを作っただけではダメだろうと思っています。

高品位な光学ファインダーやリアルレゾリューションシステムは予想される範囲内ですし、α7R IIに搭載されたSONY製裏面照射型フルサイズCMOSセンサーの搭載も想定の範囲内。

PENTAXだけの武器となり、他社フルサイズユーザーも乗り換えを考えるほどインパクトのある機種を期待したいところです。

細かいところを言うと、癖のあるユーザーインターフェイスや古臭いフォントなども見直して欲しい部分です。

 

■レンズについて


PENTAX(Kマウント)フルサイズ用ズームレンズ
メーカー 焦点距離 F値 AF/MF レンズ名
PENTAX 24-70mm F2.8 AF HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8ED SDM WR
PENTAX 70-200mm F2.8 AF HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW
PENTAX 150-450mm F4.5-5.6 AF HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW
PENTAX(Kマウント)フルサイズ用単焦点レンズ
メーカー 焦点距離 F値 AF/MF レンズ名
Sigma 15mm F2.8 AF 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
SAMYANG 24mm F3.5 MF T-S 24mm F3.5 ED AS UMC
PENTAX 31mm F1.8 AF FA31mm F1.8 AL Limited
Sigma 35mm F1.4 AF 35mm F1.4 DG HSM Art
PENTAX 43mm F1.9 AF FA43mm F1.9 Limited
PENTAX 50mm F1.4 AF FA50mm F1.4
PENTAX 77mm F1.8 AF FA77mm F1.8 Limited
Sigma 85mm F1.4 AF 85mm F1.4 EX DG HSM
PENTAX 100mm F2.8 AF smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR

レンズに関してはフルサイズ対応Kマウントレンズはサードパーティ製を含めてもそれほどある訳ではありません。

PENTAXフルサイズを定着させるにはD FAレンズの充実が必要で、サードパーティも来たるフルサイズ機K-1が売れれば対応する姿勢でしょうから、現行サードパーティ製の最新高画質レンズは35mm F1.4 DG HSM Artくらいしかないのが実情です。

APS-C用レンズも大切ですが、K-1が本格的に他メーカーユーザーも取り込んでいくつもりであれば、広角・標準・望遠のズームレンズでF2.8とF4.0通しのレンズラインアップは必須でしょう。

PENTAXでは現在SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDを基に、OEMと思われるHD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8ED SDM WRの発売が確定しており、いわゆる大三元のうちの標準ズームと望遠ズームが揃うことになります。

F2.8通しの広角ズームレンズに関しては、フルサイズ対応のKマウントレンズがサードパーティにもないため、やや不安がありますが、フルサイズ機が発売された際にはPENTAXもしくはサードパーティから早期の供給が期待できるように思います。

 

■PENTAXの2016年予想


PENTAXは現在エントリーモデル(K-S1K-S2)とAPS-C上級機(K-3 II)のラインアップですが、来年はPENTAX初のフルサイズデジタル一眼レフであるK-1に期待と注目が集まる事は間違いなく、ここでカメラ市場にどれだけのインパクトを与えられるかが今後のPENTAXを左右するでしょう。

圧倒的にPENTAXらしく、それでいて他社ユーザーにも響く機種を期待しています。

 

画像:PENTAX

Reported by 山﨑将方