コシナがフォクトレンダーHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mountとSUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mountを発売!

Pocket

フシャー!疲れた!ブリリアントです。

HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mount
画像:Daily Camera News(http://www.dailycameranews.com/)

Daily Camera Newsによると、コシナからフォクトレンダーブランドで2本のEマウントレンズ、HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mountとSUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mountを発売するとのことです!マニュアルフォーカスレンズ派のSONYミラーレスユーザーの方からすると、「時は来た!」という感じでしょうか。待望のフルサイズ対応Eマウントレンズです。



■HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mountとSUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mountの概要


HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mountとSUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mountはSONY Eマウント専用レンズであるため、従来のVMレンズのようにマウントアダプターを使用せずにSONYミラーレス機に使えるのが大きな魅力です。

もちろんフルサイズ対応となっていて、電子接点もあるとのことですから、Exif情報も自動で記録され、マニュアルフォーカスFEレンズの感覚で使えます。肝心の光学系に関してはデジタルように新設計されているとのことなので、周辺光量落ちや周辺部の色かぶりもあまり心配は要らないでしょう。

距離エンコーダーも内蔵しており、α7II、α7R II、α7S IIのようなボディ内手振れ補正を搭載した機種では、手振れ補正もバッチリです。

絞りは1/3段ずつ細かく動かせるタイプとなっており、クリックストップ無しにも出来るので動画撮影にも使用できるように配慮されています。

ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 ASPHERICAL III E-mountも計画中(2016年8月発売予定)とのことで、こちらも楽しみな1本です。

 

■HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mountの主な特長


HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mountは超広角レンズにありがちな歪曲収差を極限まで補正した超広角レンズで、魚眼ではない35mmフルサイズ用レンズとしては世界で最も広い画角130°(対角線)を持っています。劇的でドラマテックな風景撮影に最適のレンズと言えるでしょう。

HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mountの仕様

  • 焦点距離:10mm
  • 解放絞り値:F5.6
  • 最小絞り値: F22
  • レンズ構成枚数:10群13枚
  • 画角:130°
  • 絞り羽根枚数:10枚
  • 最短撮影距離:0.3m
  • 外形寸法:φ67.4 × 68.5mm
  • 質量:375g
  • フィルターサイズ:装着不可
  • レンズフード:レンズ一体式
  • 絞りリング: 装備(マニュアル絞り)
  • 電子接点:あり
  • フォーカス拡大機能:対応
  • Exif情報記録:対応
  • レンズ補正選択:対応
  • 5軸ボディ内手ブレ対応(5軸対応ボディに限る)
  • 絞りデクリック: 対応
  • メーカー希望小売価格:¥155,000円(税別)
  • 発売日:2016年5月予定

 

■SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mountの主な特長


SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mountは、画角が110°(対角線)の超広角ながら極めて歪曲が少なく、周辺までシャープな画像が得られるレンズです。またイメージセンサーの構造に起因する画像周辺部の色被りの発生を防ぐべく、入射光線角度を最適化した光学設計を採用してるとのこと。

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mountの仕様

  • 焦点距離:15mm
  • 解放絞り:F4.5
  • 最小絞り:F22
  • レンズ構成枚数:9群11枚
  • 画角:110°
  • 絞り羽根枚数:10枚
  • 最短撮影距離:0.3m
  • 外形寸法:φ66.4 × 62.3mm
  • 質量:298g
  • フィルターサイズ:φ58mm
  • レンズフード:レンズ一体式
  • 電子接点:あり
  • フォーカス拡大機能:対応
  • Exif情報記録:対応
  • レンズ補正選択:可能
  • 5軸ボディー内手ブレ:対応(5軸対応ボディに限る)
  • 絞りデクリック:対応
  • メーカー希望小売価格:¥115,000 円(税別)
  • 発売日:2016年4月予定

 

■まとめ 〜 待望のデジタル用超広角レンズ 〜


何と言っても金属鏡筒を採用しながらこの大きさと重さでこの画角は驚くべきものがあります。明るいレンズではありませんが、デジタル用に新設計したとのことで周辺減光や色かぶりも少ないことが期待できそうです。

さらにEマウントにアダプター無しでダイレクトに付き、ボディ内補正にも対応しているとあっては、待ちわびておられた方も多いのではないかと思います。

まさに通のためのレンズと言えるでしょう。

 

参考:COSINA,Daily Camera News
画像:Daily Camera News

Reported by 山崎將方



Pocket