SONY α7 IIIのスペック情報が登場!さらに新型FEレンズの登場時期も。

SONY α7 II
画像:Amazon(https://www.amazon.co.jp/)

ソニーファンの皆さんこんにちは。

SONY ALPHA RUMORSにソニーのα7 IIの後継となる、α7 IIIのスペックとさらにα7R III及びα7S IIIと、新型のフルサイズ対応Eマウントレンズとなる135mmと400mmの情報が掲載されています。

そこで今回はこのα7 IIIと135mmと400mmのFEレンズの噂をご紹介します。



■α7 IIIのスペックと新型FEレンズの情報


SONY ALPHA RUMORSによる情報は以下のようになっています。

α7 IIIのスペックと発表時期

二番目に信頼できる情報源から、2日前に投稿した噂の裏付けが取れ、さらに彼はα7 IIIが今秋に登場することを教えてくれた。

α7 IIIは改良されたオートフォーカスシステムとタッチスクリーン液晶モニター、2,400万画素で4K動画を搭載している。またα7 IIIは135mmと400mmの後に登場する(135mmと400mmのレンズは同時に発表される可能性が高い)。

α7 IIIの基本仕様
  • 撮像素子:2,400万画素イメージセンサー
  • オートフォーカス:最初のソースは「20コマ/秒の連写はないが、α9と同じオートフォーカスシステムだ」と教えてくれた
  • 液晶モニター:タッチスクリーン式液晶モニター
  • ジョイスティックコントロール搭載
  • 動画:4K動画記録対応
  • 発表時期:今秋開始
α7 IIIに関する予想

α7 IIIの2,400万画素イメージセンサーがα9と同じ物かどうかはまだ分からない。

またα7 IIIがα9と同じボディが採用されるかも分からないが、私の推測ではデュアルSDカードスロットではないような気がする。

α7R IIIとα7S IIIはどうなるか?

α7R IIIとα7S IIIの登場時期についての情報はまだないが、2018年に発表される可能性がますます高まっている。α7R IIIには新しい6,000万画素超のイメージセンサーが搭載される。α7S IIIに関する情報はまだない。

新しいFEレンズは?

今年の夏にはFE 135mmとFE 400mmレンズが発表される見込みだ。またこの2本に続いて、この秋に登場する3本目の新しいFEレンズが登場すると聞いている。

 

■怒涛の攻勢を続けるソニー


α7シリーズもしっかり進化

α7 IIの後継となるα7 IIIは秋に登場するとのことで、Eマウントフルサイズの入門クラスであるα7シリーズにも、驚異の多点オートフォーカスシステムを搭載してくるようです。

さらにα7 IIIにはマルチセレクターも搭載されるということで、操作性もさらに向上することが期待されます。

またFEレンズも夏に2本、秋にさらに1本登場するということで、ソニーの勢いを感じさせます。

ジョイスティック

余談ですが、SONY ALPHA RUMORSの記事中で「ジョイスティック」と呼ばれているこの測距点選択用の操作部は、α9の国内正式名称では「マルチセレクター」となっています。

ちなみに同様のレバーをキヤノンでは「マルチコントローラー」、ニコンでは「サブセレクター」が正式名称となっています。

ソニーだと「ジョイスティック」という呼び方がしっくりくるような気がするのは、私が昭和の人間だからなのでしょう。

 

参考:SONY ALPHA RUMORS
画像:Amazon

Reported by 山崎將方