カメラの「ソロントンシャッター」ってどんなシャッター?

カメラの「ソロントンシャッター」ってどんなシャッター?

フォトマスター検定の予想問題です。フォトマスター検定勉強法も掲載していますので、参考にして頂ければと思います。合格目指してさっそく問題です!

難易度:1級レベル

問:カメラのシャッターには、通称「ソロントンシャッター」とも呼ばれる「定時瞬時シャッター」があるが、このソロントンシャッターはどのようなシャッター方式に分類されるものか?次の中から選べ。

① フォーカルプレーンシャッター
② レンズシャッター
③ ローラーブラインドシャッター

正解はこのあとすぐ!



■正解は③(ローラーブラインドシャッター)


ソロントンシャッターとは?

ソロントンシャッターは1888年にソロントン・ピッカード社(当時:ソロントン製作所)によって開発・発売されました。

通称ソロントンシャッターと呼ばれるこのシャッターの正式名称は「定時瞬時シャッター」(Time & Instantaneous shutter )で、シャッターのタイプとしては「ローラーブラインドシャッター」にカテゴライズされます。

ソロントンシャッターは、レンズシャッターが一般的になる前に大判カメラなどで多用され、レンズ鏡筒にかぶせて使う布幕のシャッターで、さまざまなレンズに後付けで使用できることから、レンズ本数の多い職業写真家を中心にヒットしました。

また多くのメーカーにライセンス生産され、「ソロントンシャッター」の名称で広まりました。

ソロントンシャッター

ローラーブラインドシャッターのシステム

ソロントンシャッターに代表されるローラーブラインドシャッターは、現在でも広く使われているフォーカルプレーンシャッターと似た構造を持ちます。

しかしフォーカルプレーンシャッターが焦点面の近くに設置されるの対し、ソロントンシャッターはレンズの前、もしくはレンズと蛇腹の間に取り付けて使用します。

ローラーブラインドシャッターの多くは1枚の幕に複数幅のスリットを設けることで調速し、また幕速自体をある程度下げることができるようになっていて、B、1/10秒-1/100秒といった範囲で4段程度シャッター速度を調整が可能です。

ソロントンシャッターは現代ではほとんど見かけることはありませんが、中古カメラ店などに極まれに在庫されているケースがあります。もし運良く見かけた際には、レアなものが見ることが出来たということで、拝んでおくと良いでしょう。

 

参考:Wikipedia
画像:SCIENCE MEDIA MUSEUM,WET PLATE SUPPLIES

Reported by 山﨑将方