iPhone Xのカメラとその他のiPhoneのカメラ性能を比較する

iPhone X

待望のiPhone Xが発表されました。iPhone Xはフロントデザインから物理ボタンを廃し、縦横比が約19.5:9のSuper Retina HDディスプレイの採用や、顔の立体形状を認識して生体認証を行う「Face ID」の搭載が話題となっています。

しかしそれだけでなく、iPhone Xはカメラ部も進化、静止画・動画ともにiPhone 史上最高のものとなっています。そこで今回は遂に登場した驚愕の次世代スマートフォン、iPhone XとiPhone 8/8 Plusなどの他のiPhoneシリーズとのカメラ性能の比較をご紹介します。



■iPhone X vs iPhone 8/8 Plus vs iPhone 7/7Plusスペック比較


iPhone Xとその他のiPhoneシリーズのカメラスペック比較
メインカメラ
iPhone X iPhone 8 Plus iPhone 8 iPhone 7 Plus iPhone 7
カメラ数
デュアル デュアル シングル デュアル シングル
画素数
12MP/広角
12MP/望遠
12MP/広角
12MP/望遠
12MP 12MP/広角
12MP/望遠
12MP
レンズF値
広角:F1.8
望遠:F2.4
広角:F1.8
望遠:F2.8
F1.8 広角:F1.8
望遠:F2.8
F1.8
手ぶれ補正
デュアル光学式 光学式 光学式 光学式 光学式
静止画撮影時ズーム
光学2倍
デジタル10倍
光学2倍
デジタル10倍
デジタル5倍 光学2倍
デジタル10倍
デジタル5倍
スローシンクロ
対応 対応 対応 非対応 非対応
ポートレートモード
対応 対応 非対応 対応 非対応
ポートレートライティング(ベータ版)
対応 対応 非対応 非対応 非対応
動画最高解像度
4K 4K 4K 4K 4K
フレームレート
24fps
30fps
60fps
24fps
30fps
60fps
24fps
30fps
60fps
30fps 30fps
動画撮影時手ぶれ補正
対応 対応 対応 対応 対応
動画撮影時ズーム
光学2倍
デジタル6倍
光学2倍
デジタル6倍
デジタル3倍 光学2倍
デジタル6倍
デジタル3倍
インカメラ
iPhone X iPhone 8 Plus iPhone 8 iPhone 7 Plus iPhone 7
画素数
7MP 7MP 7MP 7MP 7MP
レンズF値
F2.2 F2.2 F2.2 F2.2 F2.2
動画解像度
1080p 1080p 1080p 1080p 1080p
ポートレートモード
対応 非対応 非対応 非対応 非対応
ポートレートライティング(ベータ版)
対応 非対応 非対応 非対応 非対応
アニ文字
対応 非対応 非対応 非対応 非対応
その他
液晶画面
5.8インチ 5.5インチ 4.7インチ 5.5インチ 4.7インチ
外形寸法(縦×横×高さ)
143.6mm
70.9mm
7.7mm
158.4mm
78.1mm
7.5mm
138.4mm
67.3mm
7.3mm
158.2mm
77.9mm
7.3mm
138.3mm
67.1mm
7.1mm
質量
174g 202g 148g 188g 138g

 

■これがスマートフォン!?iPhone X驚愕のカメラ性能


iPhone Xはレンズが明るくなり、イメージセンサーも大型化&高速化

iPhone Xは新しく発表されたiPhone 8 Plusや既に発売済みのiPhone 7 Plusと同じくデュアルレンズ構成であるものの、iPhone Xのメインカメラのレンズは望遠側のレンズがF2.4となっており、iPhone 8 PlusやiPhone 7 Plusよりも明るいものになっています。

またiPhone Xのデュアルレンズには、広角側レンズ・望遠側レンズともに手ぶれ補正が搭載されたデュアル光学式手ぶれ補正を採用しています。

また、イメージセンサー自体も大型化&高速化を果たしているとのこと。

背景をボカすポートレートモードに加え、ポートレートライティングも搭載

iPhone XとiPhone 8 Plus、iPhone 7Plusではデュアルカメラ構成による、被写界深度エフェクトを活用した「ポートレートモード」を利用可能。人物撮影で背景をぼかした撮影が可能です。

さらに新たに加わった「ポートレートライティング」は、同じくデュアルカメラ撮影による距離情報と顔検出を利用した機能し、照明エフェクトを行う機能で、

  • 自然光:スタンダードなライティング
  • スタジオ照明:全体に光が回った柔らかいライティング
  • 輪郭強調照明:シャドー部を濃くし立体感を強めたライティング
  • ステージ照明:スポットライトのように人物だけを明るく背景を暗く落としたライティング
  • ステージ照明(モノクロ):スポットライトかつモノクロ画像にしたもの

以上の5つからライティングを選べ、しかもリアルタイムにその効果を確認しながら撮影することが可能です。もはやこれは専用のスチールカメラ機以上の部分と言えるでしょう。

なんとスローシンクロにまで対応

一般的なスチールカメラでも、夜景+人物を組み合わせて撮影する夜景ポートレートなどでは、スローシャッターで撮影したのでは人物が暗く写ったり被写体ブレを起こしてしまい、かといって単純にストロボを発光すると、人物だけ明るくなり夜景が目立たないといった事が起こります。

そこで皆さんも良くご存じのストロボとスローシャッターを組み合わせた「スローシンクロ撮影」を行うのですが、なんとiPhone X、iPhone 8/8 Plusではこのスローシンクロにも対応しています。

4K動画は遂に60pにまで対応

iPhone XとiPhone 8/8 Plusでは動画機能もさらに向上、ついに4K/60p記録にまで対応してしまいました。

もちろん動画品質は解像度とフレームレートだけで語れる物ではないものの、4K/60pといえば一眼レフやビデオカメラでもまだやっと普及が始まったといった状態で、それがiPhoneに搭載されるというのはスマートフォンの進化の速度たるや驚愕としか言いようがありません。


いかがでしたでしょうか?

iPhone X、価格は税別11万2,800円からとのことで、スマートフォンとしては非常に高額なモデルとなっていますが、そのカメラ性能だけでも驚きのスペックとなっているようです。

 

参考:Apple
画像:Apple

Reported by 山﨑将方