デジタルカメラ出荷台数増加で前年比103.3%。金額は前年比111.6%

デジタルカメラ 出荷数量月間推移

2017年(1-12月累計)のデジタルカメラ総出荷実績は24,978,486台で、前年比103.3%と増加したとのこと。

2011年以降デジタルカメラの出荷台数は減少傾向にありましたが、昨年2017年に至り遂に増加に転じました。

地域別で見ると、デジタルカメラ全体の出荷台数では日本向けが100.0%、日本向け以外が103.8%となっており、国内は横ばい、海外で増加しています。合わせて交換レンズの総出荷実績も、19,220,599本で前年比100.2%と微増していることが分かります。

また出荷金額においては、792,817,491円(前年比111.6%)と顕著な伸びを示しています。



■レンズ交換式デジタルカメラ


レンズ交換式 出荷数量月間推移

レンズ交換式デジタルカメラの動向

レンズ交換式デジタルカメラの総出荷台数に関しては、11,675,689台と前年比で100.6%と増加しています。

レンズ交換式デジタルカメラの出荷台数を地域別で見ていくと、日本向けが95.0%、日本向け以外が101.3%ということで、主に海外で伸びており、微増ではあるもののほぼ横ばいであると言えるでしょう。

しかしながら、出荷金額の面では世界全体で前年比111.3%と国内・海外両方で大幅に伸びており、高付加価値商品へのシフトが上手くいっていることが分かります。

主流はまだまだ一眼レフ、しかし勢いはミラーレス

一眼レフの出荷台数が6,921,777台であるのに対して、ミラーレスは3,535,153台とほぼダブルスコアとなっており、レンズ交換式カメラの主流がまだまだ一眼レフであることが分かります。

しかしながら前年比で比較すると、一眼レフの出荷台数は前年比90.6%と減少しているのに対して、ミラーレスは131.8%と大幅増で、ミラーレスの勢いは目を見張るものがあります。

 

■レンズ一体型デジタルカメラ


レンズ一体型 出荷数量月間推移

レンズ一体型デジタルカメラの動向

レンズ一体型デジタルカメラ、いわゆるコンパクトデジタルカメラの総出荷台数は13,302,797台で、前年比105.7%とレンズ交換式デジタルカメラよりも増加しています。

地域別で見ていくと、日本向けが102.9%、日本向け以外が106.3%となっています。

また、出荷金額の面でも、前年比112.5%と明確な伸びを示しており、コンパクトデジタルカメラ市場はレンズ交換式カメラの市場以上に急速に回復してきていることが分かります。

 

■デジタルカメラ出荷台数実績


デジタルカメラ全体
出荷台数 前年比 出荷金額 前年比
世界 24,978,486台 103.3% 792,817,491円 111.6%
国内 3,521,425台 100.0% 102,336,939円 108.3%
海外 21,457,061台 103.8% 690,480,552円 112.1%
レンズ交換式デジタルカメラ
出荷台数 前年比 出荷金額 前年比
世界 11,675,689台 100.6% 578,328,888円 111.3%
国内 合計 1,218,759台 95.0% 65,618,316円 108.3%
一眼レフ 673,931台 83.6% 38,353,876円 97.5%
ミラーレス 544,828台 114.3% 27,264,440円 128.4%
海外 合計 10,456,930台 101.3% 512,710,572円 111.7%
一眼レフ 6,921,777台 90.6% 318,557,870円 96.3%
ミラーレス 3,535,153台 131.8% 194,152,702円 151.4%
レンズ一体型デジタルカメラ
出荷台数 前年比 出荷金額 前年比
世界 13,302,797台 105.7% 214,488,603円 112.5%
国内 2,302,666台 102.9% 36,718,623円 108.1%
海外 11,000,131台 106.3% 177,769,980円 113.4%

 

参考:CIPA
画像:CIPA

Reported by 山﨑将方