D810後継機は7000-8000万画素になり153点オートフォーカスが採用される!?

D810

NEW CAMERAによると、ニコンD810後継機(D820 or D850 or D900)には、7000-8000万画素のイメージセンサーが採用されるのではないかという話が掲載されています。



■フォトキナでは各社の重要機種がこぞって発表される?


今回D810後継機には7000-8000万画素機が採用され、D500と同じ153点(うち99点クロスタイプセンサー)のオートフォーカスモジュールが採用されるのではないかという噂が掲載されましたが、この超高画素イメージセンサーは、SONYのフラッグシップミラーレス機α9α7R IIIへの採用も噂されています。

フォトキナでは、以下のカメラの発表が噂されています。

今年は一眼レフ、ミラーレス共に各社のフラッグシップや上級機がこぞって発売されるようで、カメラ業界にとって充実した1年となりそうです。

参考:NEW CAMERA
画像:Amazon

Reported by 山﨑将方