PENTAX K-1でシグマレンズを使用するとキズがつく問題とシグマの神対応!

PENTAX K-1

シグマが2016年5月27日、一部のシグマレンズをPENTAX K-1で使用した際にボディと干渉し傷がつく場合がある件についての対応を発表しました。



■不具合の概要とシグマ側の対応


不具合内容

レンズを装着する際、PENTAX K-1本体のマウント上方の部分にすり傷がつくという問題です(この度の現象はPENTAX K-1のマウント上部形状との干渉によるもので、PENTAX K-1以外のカメラに
装着する場合は問題ありません)。

対象となるレンズ

シグマ側の対応について

2016年6月1日より受付を開始し、弊社にてレンズマウントの一部を無償にて交換するとのこと。シグマカスタマーサポート部へヤマト運輸またはゆうパックの着払いにて郵送するか、同住所のサポート窓口へ直接持ち込むことも可能とのこと。

シグマのカスタマーサポート部

郵便番号:215-8530
住所:神奈川県川崎市麻生区栗木2丁目4番16号 株式会社シグマ カスタマーサポート「PENTAX K-1対応」係
電話番号:0120-9977-88

製品受け取り後、約1週間で返送されるとのこと。

対象レンズの装着により既にPENTAX K-1ボディに傷をつけられてしまった方への対応

この発表以前にPENTAX K-1ボディへシグマレンズを装着し、既にカメラに傷をつけられてしまった方に対しては、カメラ本体につきましても修理対応を行う予定とのこと。

この件については、準備が整い次第あらためてシグマ側からの発表があるとのこと。カメラボディの修理に関しては、リコーイメージング株式会社もしくは正規修理代理店にて修理を行うとのこと。

レンズだけでなくボディまで無償修理対応ということで、シグマの神対応ぶりが光ります。またレンズの修理に関しては、レンズ受け取り後約1週間で返送されるとのことで、非常に素早い対応と言えるでしょう。

画像:PENTAX

Reported by 山﨑将方