EOS R3の新しい視線入力はスポーツ撮影に革新をもたらすか?

画像引用:キヤノン(https://cweb.canon.jp/eos/your-eos/product/eosr/r3/)

みなさんこんにちは。

さて、先日キヤノンがEOS R3の開発発表を行い、その目玉機能の一つとして「視線入力対応ファインダー」がありました。

この視線入力は、EOS 5QD(1992年)において世界で初めて搭載された機能で、その後EOS55(1995年)、EOS-3(1998年)、EOS 7(2000年)でも搭載されたものの、当時の視線入力はあまり評価されなかったことは皆さんもご存知だと思います。

しかし最後の視線入力ファインダー搭載機であるEOS 7から20年以上の時が経ち、比較にならないほどAFの処理速度が向上した今、キヤノンが20年前と同じような視線入力を勝算もなく再び搭載してくるとも思えません。

おそらく相当な自信をもっているからこそ復活させてくるわけですから、EOS R3の視線入力は21年前とは比較にならない進化を果たしているのではないかと期待しています。

また「瞳AFがあれば視線入力はいらない」という声もありますが、私はEOS R3の実機を見てみるまでそれは分からないと思っています。

そこで、今回は21年の時を経て視線入力のレスポンスが劇的に上がっているという前提で、「瞳AFにない視線入力のメリット」をお話ししたいと思います。

続きを読む EOS R3の新しい視線入力はスポーツ撮影に革新をもたらすか?

EOS-1系はなぜEOSと1の間に「-」ハイフンが入っているのか?

画像引用:Amazon(https://amzn.to/3d789Q0)

みなさんこんにちは。

今日はちょっとしたトリビアですが、キヤノンのフラッグシップ機にはフィルム時代から代々、

という風に、「EOS」と「1」の間に「-(ハイフン)」が入っていることで有名です。

これは他のEOSシリーズでは見られないことで(実は一部例外がありそれは本編でご紹介します)、EOS 5DやEOS 6D、あるいはミラーレスのEOS R5やEOS R6シリーズでもハイフンはありません。

そもそもなぜフラッグシップ機である1系にだけハイフンがあるのでしょうか?その歴史と経緯についてお話ししたいと思います。

目次

  1. ハイフンが入っていたEOS-1系たち
  2. 例外的に存在したEOS-3
  3. 実はEOS以前から1系にはハイフンが入っていた
  4. 結局なぜ1系には「-(ハイフン)」が入っているのか?

結論だけ知りたいという方はガッとスクロールして頂いて、終盤の「4.結局なぜ1系には「-(ハイフン)」が入っているのか?」だけ読んでいただければと思います。

ただ歴史的な流れも知っておいた方が面白いと思うので、時間のある方は全部読んでみるのをお勧めします。

続きを読む EOS-1系はなぜEOSと1の間に「-」ハイフンが入っているのか?

EOS R3のサイズをα1やEOS R5やEOS-1D X Mark IIIと比較する

皆さんこんにちは。

EOS R3の開発発表が行われました。

写真では結構大きく見えるEOS 3ですが、そこでEOS R3を一眼レフフラッグシップ機であるEOS-1D X Mark IIIとRFマウントのEOS R5、そしてソニーのフラッグシップ機であるα1とでサイズを比較してみました。

続きを読む EOS R3のサイズをα1やEOS R5やEOS-1D X Mark IIIと比較する

フラッグシップ機がバッテリーグリップ一体型になった理由

画像引用:軒下デジカメ情報局(https://twitter.com/nokishita_c)

皆さんこんにちは。

昨今ではミラーレスのフラッグシップ機(ソニーα1やニコンZ 9)を巡って、「フラッグシップ機はバッテリーグリップ一体型が良いのか?分離型が良いのか?」について語られることが増えています。

またキヤノンはEOS R3で久しぶりに3シリーズを復活させるようで、こちらは後にフラッグシップのEOS-R1が控えていると思いますが、3シリーズからすでに一体型を選択したようです。

このフラッグシップは一体型か?分離型か?という議論は今に始まったことではなく15年以上も前にもあったのですが、カメラマニアがある程度入れ替わったのか、報道やスポーツ用のフラッグシップ機の主流がバッテリーグリップ一体型になっていった経緯を知らない世代が増えてきていると思います。

目次

  • バッテリーグリップ一体型のメリット
    1. 一体型の方が後付けバッテリーグリップより操作性が良い
    2. 一体型の方が剛性感に優れる
    3. 一体型の方が重量バランスが良く長時間の操作で疲れない
    4. 一体型の方が防塵防滴性を上げられる
    5. 一体型の方が排熱性に優れる
    6. 一体型の方がバッテリーの持ちが良い
  • バッテリーグリップ分離型のメリット
    1. 分離型の方が携帯性に優れる
  • そしてフラッグシップは一体型になった
    • 結局、報道やスポーツ撮影では分離型より一体型の方がメリットが圧倒的に多い

15年以上も経ってまた同じ議論をしているのは本当に時間の無駄だと思うので、今回はフラッグシップ機(報道用・スポーツ用のプロ機)の主流が一体型になった理由についてまとめておきたいと思います。

続きを読む フラッグシップ機がバッテリーグリップ一体型になった理由

レンズ交換式カメラ生産、キヤノン276万台、ソニー115万台、ニコン90万台

SankeiBizの記事によると、2020年のレンズ交換式カメラの各社生産台数は、

  1. キヤノン:276万台(ミラーレス:105万台/一眼レフ:171万台)
  2. ソニー :115万台(ミラーレス:115万台/一眼レフ:ーーー)
  3. ニコン :   90万台(ミラーレス :  25万台/一眼レフ:65万台)

であったとのことです。そこで今回はこの話題です。 続きを読む レンズ交換式カメラ生産、キヤノン276万台、ソニー115万台、ニコン90万台

カメラが正方形イメージセンサーを採用しない理由

画像:Amazon(https://amzn.to/399KZGt)

皆さんこんにちは。

カメラマニアの中で、縦位置の撮影時にカメラを構え直さなくて良い、三脚に横位置で固定したまま縦位置も撮影できるなどの理由から「正方形のイメージセンサーを採用してはどうか?」という意見が定期的に聞かれます。

実は正方形のイメージセンサーを搭載したデジタルカメラはレンズ一体型カメラなど一部で存在はしているのですが、一般的なレンズ交換式デジタルカメラで正方形イメージセンサーを採用している機種は私の知る限り現時点ではありません。

これはコスト面ということではなく、正方形のイメージセンサーを採用できない理由があるからです。

というわけで、今回はカメラメーカーはなぜ正方形イメージセンサーを採用しないのか?について解説したいと思います。 続きを読む カメラが正方形イメージセンサーを採用しない理由

ニコンZ 9は年内発売!フラッグシップはやっぱりこうじゃないと。

画像:DPREVIEW(https://www.dpreview.com/news/7215673224/)

ニコンからミラーレスZマウントのフラッグシップ機、Z 9の開発が発表されました。2021年内の発売を目指しているとのこと。

ニコンの持てる最先端技術を結集させ、静止画・動画ともに過去最高の性能を発揮することを目指し幅広いジャンルで活躍するプロフェッショナルの高いニーズに応えるべく、鋭意開発を行っているとのこと。

新開発のフルサイズ積層型CMOSセンサーと新型画像処理エンジンを搭載するとのことで、特に開発費のかかるところに新技術を盛り込んできた様子です。

またこれまで一眼動画を最初に作った割には定着しなかったニコンの動画機能に関しても、8K動画に対応するとのことです。

CP+2021でもニコンのセミナーはかなり動画関連のアピールに力を入れていたことからも分かるように、Z 9で動画でもキヤノン、ソニー、パナソニックと張り合えるという新しいニコンのイメージを作っていくための一里塚としたい様子です。

ニコンによるとZ 9は、道具としての使い心地を極め、これまでの一眼レフカメラ、ミラーレスカメラを超える新しい映像体験を提供したいとのこと。

目次

  • Z 9のデザインの良いところ、残念なところ
    • 右側シャッターボタン周り
    • ファインダー部分
    • 左側ダイヤル部分
    • 縦位置グリップ部分
  • やっぱりいいわ、ニコン

そこで今回は、発表された(まだ開発段階ですが)フロントの画像を見たZ 9の印象をお話ししたいと思います。 続きを読む ニコンZ 9は年内発売!フラッグシップはやっぱりこうじゃないと。

雑誌で活躍したいフォトグラファーのための持ち込みの時のポイント

画像:Amazon(https://amzn.to/3qkknIq)

皆さんこんにちは。

皆さんの中には既にプロとして活動している方、あるいはこれからプロになりたい方もおられるかと思います。

プロフォトグラファーと言ってもジャンルは様々ですし、プロになるためのルートも幾つもあります。

そこで今回は、雑誌のフォトグラファーになりたいというかた向けに、雑誌編集部へ持ち込みを行う際のコツをご紹介します。

目次

  1. 雑誌の発売日前などは避ける
  2. 編集部の連絡先が分からない場合は奥付を見る
  3. 電話で冷たい対応を受けても気にしない
  4. 雑誌の傾向を知ってポートフォリオを持ち込む
  5. 持ち込み用のブックとウェブポートフォリオも
  6. 雑誌の最新号だけでも読んでおこう
  7. 名刺やプロフィールシートもしっかり渡していこう
  8. 有名誌だからといって臆することはない
  9. 小さい出版社は依頼までの話は早いがリスクもある
  10. 有名誌だから特別ギャラが高いというわけではない
  11. 変化があれば一度持ち込んだ出版社でもまた持ち込んでいい
  12. 持ち込みが徒労になってもめげない!絶対にめげない!

続きを読む 雑誌で活躍したいフォトグラファーのための持ち込みの時のポイント

α1はオリンピックには使われないだろうけど、広告写真には魅力的だと思う。

画像引用:SONY(https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-1/)

皆さんこんにちは。

ソニーからフラッグシップ機α1が発表され話題となっています。高画素+高速連写を実現し、α9シリーズとα7Rシリーズの両方の機能を兼ね備えたようなハイスペックモデルであり、一部ではオリンピックのような大規模スポーツイベントを撮影するフォトグラファーをターゲットとしているとも言われています。

ただこの作りだとα9シリーズがワールドカップで全然使われなかったように、東京オリンピックが無事開催されたとしても、α1を使うフォトグラファーは現実には殆どいないと思います。

しかし逆にα1はスタジオ撮影を主体とするようなコマーシャルフォトグラファーには向いているのではないかという気がするので、今回はその話をしたいと思います。

目次

  • α1オリンピックフォトグラファーに向いていない理由
    • 相変わらず全然スポーツ向きでない操作部
    • オリンピックフォトグラファーはきっとα1を選ばない
  • α1がコマーシャルフォトフォトグラファーに向いている理由
    • スタジオ撮影では使いやすそうな操作部
    • 静止画も動画も1台でいける高い汎用性
    • コマーシャルフォトグラファーでお金があればおすすめ
  • α1は誰におすすめなのか?
    • 結局誰におすすめなのか?

続きを読む α1はオリンピックには使われないだろうけど、広告写真には魅力的だと思う。

2021年プロフォトグラファーが良く使っているカメラは?

画像:Amazon

皆さんこんにちは。

さて今回は2年ごとの恒例企画となっている、フォトグラファー白書 2021が発表されましたので、こちらをご紹介します。

フォトグラファー白書とは、広告写真業界の専門誌である玄光社のコマーシャル・フォトが広告業界で活動するプロフォトグラファーを対象にアンケートを行い、現在のプロフォトグラファーの状況を2年おきに調査しているものです。

アンケート内容は仕事内容に関するものを中心に、現在使用している機材といったものもあります。

  • プロフォトグラファーたちが本当に使っているカメラは?
    • コマーシャルフォトグラファーに使われている機種
    • ミラーレスへの移行が進み始めた
    • メーカー別の割合は?
    • コマーシャルフォトグラファーが「今年買った」機材
    • コマーシャルフォトグラファーが「今欲しい」機材
    • プロフォトグラファーの現在

果たして撮影を収入のメインとしているリアルな広告業界のプロフォトグラファーたちは、どんなカメラを使っているのでしょうか?

今回はそのアンケート結果の一部とそれに対する私の個人的な感想を書いてみたいと思います。 続きを読む 2021年プロフォトグラファーが良く使っているカメラは?