キヤノンEOS 5D MarK IV(5D4)はWi-Fi内蔵し、新型バッテリーが用意される!

Pocket

今日は機材を見てきました。ブリリアントです。

EOS 5D Mark IV
画像:CANON RUMORS(http://www.canonrumors.com/new-battery-grip-for-eos-5d-mark-iv-more-cr2/)

CANON RUMORSによると、EOS 5D Mark III後継機であるEOS 5D Mark IVにはWi-Fi・GPSが内蔵され、新型バッテリー(BG-E20)が用意されるとのこと、また選択測距点が赤く光る仕様も復活するとのことです。



■EOS 5D Mark IV(5D4)の新情報


  • EOS 5D Mark IVのための情報がゆっくりと寄せられている
  • EOS 5D Mark IVは8月に発表される
  • EOS 5D Mark IVには新型バッテリー、BG-E20が準備される
  • LP-E6N(EOS 5D Mark IIIと同じバッテリー)が引き続き使えることを期待しているが、現時点では不明
  • Wi-Fiが内蔵されている
  • AIサーボ時に選択測距点を赤く光らせる事が出来る仕様に戻る

EOS 5D Mark IIIはプロ・アマ問わず大ヒットしたフルサイズ一眼レフで、後継機であるEOS 5D Mark IVにも大きな期待がかかります。

バッテリーはLP-E6Nが引き続き採用されるか不明とのことですが、特に変える理由は感じられないため継続されるような気がします。またWi-Fiやタッチパネル、4K/60pが採用される可能性は非常に高いのではないかと思います。

EOS 5D Mark IIIのAIサーボ時に選択測距点が赤く光らないのは不満意見があったため、妥当な復活と言えるでしょう。

 

参考:CANON RUMORS
画像:Canon

Reported by 山崎將方



Pocket