世界最大のカメラショー、フォトキナ開催!CP+との違いは!?

photokina world of imaging

今年は2年に一度の世界最大のカメラショー、「フォトキナ ワールド・オブ・イメージング 2016」が開催されます。

今回もビッグな製品がフォトキナでお披露目となりそうですが、今回はこのフォトキナとはどんなカメラショーなのか?ご紹介したいと思います。



■フォトキナとは?


フォトキナはドイツのケルン市で2年に一度偶数年の9月に開催されている、世界最大のカメラショーとなっています。世界的な規模のカメラショーとしては、日本の横浜で開催されるアジア最大の規模を誇るカメラショー「CP+」や、アメリカのラスベガスで開催されるCES(Consumer Electronics Show)があります。

本来CESはカメラショーというよりは家電ショーですが、以前開催されていたPMA(Photo Maketing Association)を取り込んだ形でカメラ関連の機材も大々的に展示されます。

 

■フォトキナとCP+の比較


展示会名称 photokina CP+
主催 ケルン見本市会社 一般社団法人カメラ映像機器工業会
協賛 ドイツ写真工業会 一般社団法人 日本写真映像用品工業会
会期 2016年9月20日(火)~25日(日) 2017年2月23日(木)〜26日(日)
開催時間 連日10時~18時
    • 2/23(木)12:00~18:00(10:00~12:00 プレスタイム)
    • 2/24(金)10:00~18:00
    • 2/25(土)10:00~18:00
    • 2/26(日)10:00~17:00
会場 ドイツ連邦共和国ケルンメッセ会場
  • パシフィコ横浜
  • 大さん橋ホール
入場資格 専門業者及び一般ユーザー  専門業者及び一般ユーザー
開催頻度 隔年(西暦の偶数年)  毎年
出展分野
  • カメラ
  • レンズ
  • カムコーダー
  • スキャナー
  • 多機能複合機
  • デジタル情報通信機器
  • イメージング関連部品
  • ホームシネマ
  • 大型プロジェクター
  • LCD
  • PDP
  • プレゼンテーション技術
  • フィルム
  • メモリーカード
  • 画像処理ソフト
  • プリンター
  • ビーマー
  • 大型プリンター
  • モバイルイメージング
  • キオスクシステム
  • ミニラボ
  • フラッシュ
  • 印画紙
  • アクセサリー
  • 照明
  • フォトスタジオなど
  • カメラ
  • レンズ
  • フォトアクセサリー
  • プリンター
  • 画像処理ソフト
  • 携帯機器
  • ディスプレー
  • プロジェクター
  • フォトフィニッシング
  • フォトブック
  • プリントペーパー
  • スタジオ用品・機材など
出展者数 1,074社(51ヵ国 :外国企業比率68.0%)  132社
前回来場者数 183,297人(160ヵ国 :外国比率44.3%)  67,617人
総展示面積 150,000㎡  ー

 

■ケルン市とは?


ケルン市

ケルンはドイツで四番目に大きな都市です。ケルンといえばあの有名なケルン大聖堂ですが、実は駅の目の前にそびえています。ホーエンツォレルン橋と共に夜のライトアップが美しい街です。

ケルンは文化の香り高い地で、30以上の博物館と100以上の美術館(!)が点在するとか。フォトキナ以外にもさまざまな業界の見本市が開かれています。世界最大のカメラショーを開催するに相応しい、選ばれし都市と言えそうです。

 

■今年はどんな凄い機種がフォトキナで登場するのか?


毎回ビッグなカメラやレンズが発表されるフォトキナですが、今年もキヤノン・ニコンの有名フルサイズ一眼レフの最新モデル、ミラーレス各メーカーのフラッグシップ機などが登場するのではないかと噂されており、非常に注目度の高いショーとなっています。

 

画像:photokina

Reported by 山﨑将方