a-graph のすべての投稿

フォトマスター検定予想問題まとめ

フォトマスターEX認定証/フォトマスターEX合格証書

いよいよ第15回フォトマスター検定が11/19日に迫ってまいりました。受験予定の皆さん勉強は進んでおられますでしょうか?

Amazing Graphではフォトマスター検定の勉強法と、フォトマスター検定予想問題を掲載していますが、これまでに掲載した問題のまとめを作ってみました。 続きを読む フォトマスター検定予想問題まとめ

カメラの良し悪しは底面を見ればすぐ分かる

D5

突然ですが、「作りの良いカメラ」を見抜くにはどうすれば良いのでしょうか?

仕様表を見比べる?カタログを読み込む?

しかし、仕様表から分かるのはカメラの性能であって、カメラの本質的な作りの良し悪しではありませんし、カタログを読み込んだとしても、どのメーカーも高品位なボディであることのアピールに余念がないため、本当のところは分かりません。

そこで今回は「カメラの作りの良し悪しを一目で判断する方法」をご紹介します。 続きを読む カメラの良し悪しは底面を見ればすぐ分かる

レンズの明るさを表す「T値」はどうやって計算する?

ZEISS

フォトマスター検定の予想問題です。フォトマスター検定勉強法も掲載していますので、参考にして頂ければと思います。合格目指してさっそく問題です!

難易度:1級レベル

問:レンズの明るさを表す指標に「T値」があるが、

  • 焦点距離100mm
  • 有効口径50mm
  • 透過率90%

以上の条件のレンズがあった場合、このレンズのT値は幾つになるか?最も近いものを次の中から選べ。

① T2.1
② T2.2
③ T2.3

正解はこのあとすぐ! 続きを読む レンズの明るさを表す「T値」はどうやって計算する?

ユーチューバーになるためのオススメ撮影機材を解説

LUMIX GH5

YouTubeでの動画投稿も一般化した昨今。さまざまなユーチューバーに使われているキング・オブ・一眼動画機といえばパナソニックのLUMIX GH5です。

4K/60p記録や、4:2:2 10bit 4K/30p記録、ALL-Intra記録、最大400Mbpsの高ビットレート記録、HDR動画記録、ボディ内5軸手ぶれ補正、防塵防滴など、動画機として民生用機と業務機のいいとこ取りをしたようなスーパースペックとなっています。

目次
  • カメラボディ
    • カメラはもちろん、LUMIX GH5
    • なぜLUMIX GH5が選ばれるのか?
    • 4K/60pはYouTube動画にも活かせる
  • レンズ
    • LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH.
    • LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.
  • バッテリー
    • DCカプラー(DMW-DCC12)+ACアダプター(DMW-AC10)
    • バッテリーパック(DMW-BLF19)
  • メモリーカード
    • 128GBもしくは64GBのSDXCメモリーカード×2枚
  • マイク
    • XLRマイクロホンアダプター(DMW-XLR1)+MKH 416-P48U3
  • 三脚・雲台
    • System Ace L MS
    • トラベラー三脚GT1545T+雲台GH1382TQDキット(GK1545T-82TQD)
  • ブラシレスジンバル
    • PILOTFLY H2-45

そこで多くのユーチューバーも使っている、LUMIX GH5でYouTube動画撮影をする際のおすすめのレンズやアクセサリー一式をご紹介します。 続きを読む ユーチューバーになるためのオススメ撮影機材を解説

さまざまなイメージセンサー(撮像素子)を総解説!

イメージセンサー

撮像素子ファンの皆さんこんにちは。

デジタルカメラの核心とも言えるイメージセンサーは、さまざまな進化を果たしてきました。現在でも多様なイメージセンサーがそれぞれのイメージセンサーの特徴を主張しながら市場に共存しています。

そこで今回は、このデジタルカメラの最重要部品とも言えるイメージセンサーにはどのようなものがあるのか?をご紹介したいと思います。

目次
  • CCD
    • かつての王者CCDイメージセンサー
    • CCDはバケツリレーのように電荷を運ぶ
    • 主役の座は譲っても未だ生き残るセンサー
  • スーパーCCDハニカム
    • 特殊な配列がスーパーCCDハニカムの特徴
    • 人間の眼の特性を利用して2倍のデータを得る
    • HR系とさらに進化したSR系
    • 消えていったスーパーCCDハニカム
  • CMOS
    • 現代の主流、猫も杓子もCMOSイメージセンサー
    • 安物扱いから主役に昇格
    • グローバルシャッターなどさらなる進化に期待
  • Live MOS
    • パナソニックの革新、Live MOSイメージセンサー
  • 裏面照射型CMOS
    • ソニーの革命、裏面照射型CMOSイメージセンサー
    • 高感度に劇的に強くなった裏面照射型CMOSイメージセンサー
    • 今やフルサイズイメージセンサーにも採用
  • 積層型CMOS
    • 裏面照射型のさらに先へ。積層型CMOSイメージセンサー
    • 高速化と高機能化を実現する積層型CMOSイメージセンサー
  • 曲面(湾曲)CMOS
    • レンズに合わせてセンサーを曲げる曲面イメージセンサー
    • 曲面センサーの課題
    • 曲面イメージセンサーの様々なメリット
  • 有機薄膜CMOS
    • 光電変換部と回路部を独立設計
    • 入射光線範囲を60°に拡大、忠実な色再現性を可能に
    • 従来比1.2倍の感度を達成、低ノイズを実現
    • 1画素内に明暗2つの感度検出セルを備えることでダイナミックレンジを劇的に拡大
  • Foveon X3
    • 独特な三層型イメージセンサー、Foveon X3
    • 圧倒的解像感と偽色の発生を防ぐフォビオン
  • デュアルピクセルCMOS
    • デュアルピクセルCMOS AFの原理
    • 画質に影響を及ぼさない像面位相差システム
    • 一眼レフありながら像面位相差AFを搭載し、快適なライブビュー撮影を実現
    • デュアルピクセルCMOS AFはF8まで対応可能
    • デュアルピクセルCMOS AFの画素数の考え方

続きを読む さまざまなイメージセンサー(撮像素子)を総解説!

ファインダー視野率とファインダー倍率の意味を解説

ファインダー

ファインダー内蔵カメラでは、ファインダーの性能を表すのに「ファインダー視野率」と「ファインダー倍率」というものがあります。

多くの方がなんとなくは分かっているこの「視野率」と「倍率」ですが、今回はこの視野率と倍率をもう少し詳しく解説していきたいと思います。 続きを読む ファインダー視野率とファインダー倍率の意味を解説

スミア、ブルーミング、パープルフリンジってどんな現象?原因は?

CCD

フォトマスター検定の予想問題です。フォトマスター検定勉強法も掲載していますので、参考にして頂ければと思います。合格目指してさっそく問題です!

難易度:3級レベル

問:CCDイメージセンサーを用いたカメラで、極端に明るい光源などを撮影した際に、垂直あるいは水平方向に直線状の白飛びが発生する現象をなんと呼ぶか?(※アイキャッチ画像は複数の現象が起きているが、画面中央やや左寄りに上下方向に走る線状の白飛び部分のこと)次の中から選べ。

① スミア
② ブルーミング
③ パープルフリンジ

正解はこのあとすぐ! 続きを読む スミア、ブルーミング、パープルフリンジってどんな現象?原因は?

世界一大きいカメラと写真ってどんなもの?

The Great Picture

世界最大のカメラとはどのようなものでしょうか?

世界最大の写真「The Great Picture」は、縦9.4メートル、横33.8メートル、重さ544キロもあり、この写真は飛行機の格納庫を使って撮影されました。

飛行機の格納庫の中でカメラで撮影したのではありません。飛行機の格納庫を巨大なピンホールカメラのように見立て、原始的かつとびきり巨大なカメラオブスキュラとしたのです。

そこで今回はこの約11年前に打ち立てられた伝説の記録、世界最大の写真撮影プロジェクト「The Great Picture」をご紹介します。 続きを読む 世界一大きいカメラと写真ってどんなもの?

HD PENTAX-D FA★ 50mm F1.4 SDM AWとHD PENTAX-DA★ 11-18mm F2.8が間も無く発表!?

HD PENTAX-D FA★ 50mm F1.4 SDM AW

軒下デジカメ情報局にペンタックスの新レンズ、HD PENTAX-D FA★ 50mm F1.4 SDM AWとHD PENTAX-DA★ 11-18mm F2.8の情報が掲載されていますのでご紹介します。 続きを読む HD PENTAX-D FA★ 50mm F1.4 SDM AWとHD PENTAX-DA★ 11-18mm F2.8が間も無く発表!?

α7R III、プロ機として大幅進化!

α7R III

ソニーからα7R II後継機となるα7R IIIが発表されました。

α7R IIIは新世代の画像処理エンジンBIONZ XとフロントエンドLSIが採用され、常用ISO感度はISO32000まで、ダイナミックレンジは低感度時約15.0Evまで拡大しているとのこと。

画質面だけでなく、4Dフォーカス、高速連写、タッチパネルなど全方位にハイスペックを実現しています。

そしてα7R IIIは、シンクロ接点の追加、デュアルカードスロットの採用、大容量バッテリーへの変更など、プロの撮影現場を完全に意識した仕上がりとなっており、ソニーが人物撮影や商品撮影など、コマーシャルフォトの分野でプロカメラマンの市場に本格的に進出していくための下地を全て揃えたモデルとなっている点も注目です。

目次
  • α7R IIIの特徴概要
    • α7R IIIの概要
    • あらゆる撮影ジャンルに対応できるスペック
  • 優れたダイナミックレンジとボディ内手ぶれ補正
    • 一新した信号処理システムで向上した画質性能
    • シャッタースピード約5.5段分。驚異の5軸ボディ内手ぶれ補正
  • 動体にもポートレートにも強力に動作する進化したAF
    • 4Dフォーカスに対応し、最高約10コマ/秒のAF/AE追従による高速連写
    • 進化した瞳AFはポートレート撮影の強力な武器に
  • 動画品質も一眼動画トップクラス
    • 高解像4K動画とプロフェッショナルの映像制作に対応する多彩な機能
    • LUMIX GH5ほどではないが、高品質な動画でHDR動画にも対応
  • 新機能「ピクセルシフトマルチ撮影」で商品撮影や建築写真の大伸ばしにも対応
    • 高解像に細部の色や質感を忠実に描写するピクセルシフトマルチ撮影
  • プロの現場に対応するためのα7R IIIの進化
    • 小型・軽量ボディに高い操作性、信頼性、ソリューションを
  • 本当の意味でコマーシャルフォトの現場で使えるモデルに進化
    • シンクロ接点の搭載と大型ストロボへの対応
    • サードパーティー製もαを使うプロカメラマンを意識
    • デュアルカードスロットの搭載
  • 大口径超望遠レンズ「FE 400mm F2.8 GM OSS」も予定
    • プロスポーツカメラマンの市場も狙っていくソニー
  • α7R IIIの機能紹介動画
    • α7R IIIの機能説明ビデオ
  • α7R III基本仕様

フルサイズミラーレス機として驚異の画質で話題を呼んだモデルはどのように進化したのか?今回はこのα7R IIIをご紹介します。 続きを読む α7R III、プロ機として大幅進化!