風景撮影の大定番、キヤノンEF16-35mm F2.8L III USMが発表!

EF16-35mm F2.8L II USM

キヤノンから風景写真愛好家の定番レンズ、EF16-35mm F2.8L II USMの後継モデル、EF16-35mm F2.8L III USMが発表されるかも知れないという話がCANON RUMORSに掲載されています。



■現行EF16-35mm F2.8L II USMってどんなレンズ?


EF16-35mm F2.8L II USMは2007年3月30日に発売された所謂キヤノン大三元レンズの一つです。

このレンズですが、評判としては「周辺が流れる、色収差が大きい」というのがユーザーの評価のようで、これはDxOのデータとも一致しています。

レンズ EF17-40mm F4L USM EF16-35mm F4L IS USM EF16-35mm F2.8L II USM
使用カメラ EOS 5Ds R EOS 5Ds R EOS 5Ds R
DxO総合点 26 27 26
解像力 18P-Mpix 23P-Mpix 18P-Mpix
歪曲収差 0.4% 0.4% 0.6%
周辺光量落ち -1.6EV -1.5EV -1.5EV
レンズ透過 4.4TStop 4.5TStop 3.4TStop
色収差 11µm 6µm 13µm

 

■EF16-35mm F2.8L III USMはどのような進化を見せるのか?


最近キヤノンでは単焦点ではありますが、非常に高い解像力と低収差を実現し評判の良いEF35mm F1.4L II USMがあります。BRレンズ(Blue Spectrum Refractive Optics)を採用し、大幅な高画質化を実現しました。

EF35mm F1.4L II USM

EOS 5Ds/EOS 5Ds Rといった超高画素機をラインアップしているキヤノンとしては、発売から9年が経つEF16-35mm F2.8L II USMのリニューアルに迫られているのは確実で、開発はほぼ完了しており発表のタイミングを図っているとCANON RUMORSは報告しています。

CP+2016でお披露目されるのか、春頃を予定しているのかは不明ですが、9年ぶりにリニューアルされる大三元ということで、EF35mm F1.4L III USMに大きな期待がかかります。

 

画像:Canon

Reported by 山﨑将方