EOS 5D Mark IVの等倍サンプルが登場!画質は5D3から進歩したのか!?

EOS 5D Mark IV 24-105mm F4L IS II USM

ついに登場した注目のフルサイズ一眼レフ、キヤノンEOS 5D Mark IVですが、IMAGING RESOURCEにISO50の低感度からISO102400までの高感度までの等倍撮影サンプルが掲載されていましたの簡単にご紹介します。



■ISO100低感度対決:EOS 5D Mark IV vs EOS 5D Mark III


EOS 5D Mark IV:ISO100

EOS 5D Mark IV ISO100

EOS 5D Mark III ISO100

EOS 5D Mark III ISO100

ぱっと見の解像感はそれほど劇的に伸びているわけでありませんが、EOS 5D Mark IVの方が明らかに細かい部分まで精細な写りとなっており解像力が増しているのが見てとれます。また線自体が細くスッキリとした描写である点も好印象です。

これまでキヤノン機が不得意としていた左上の赤・ピンクの生地も生地の質感が見て取れるものとなっており、EOS 5D Mark IIIから大幅な進化を感じることが出来る写りとなっています。

■ISO102400高感度対決:EOS 5D Mark IV vs EOS 5D Mark III


EOS 5D Mark IV:ISO102400

EOS 5D Mark IV ISO102400

EOS 5D Mark III:ISO102400

EOS 5D Mark III ISO102400

ISO102400という最高感度領域で比較した場合、EOS 5D Mark IIIはディテールが完全に崩れているのに比べ、EOS 5D Mark IVではカラーノイズこそ盛大に発生しているものの、EOS 5D Mark IIIよりもはるかにディテールを残したものとなっており、好ましい仕上がりとなっています。

新型イメージセンサー及び画像処理エンジンの進化によって、EOS 5D Mark IVは使い勝手だけでなく、低感度・高感度共にEOS 5D Mark IIIから確実な進化を果たしたと言えるでしょう。

画像:Amazon,IMAGING RESOURCE

Reported by 山﨑将方