EOS 6D Mark IIの詳細スペックとEOS 6DやD750との性能を比較!

EOS 6D Mark II

軒下デジカメ情報局にEOS 6D後継機となるEOS 6D Mark IIの詳細スペックが掲載されています。それによるとEOS 6D Mark IIは有効画素数2,620万画素のイメージセンサーとデュアルピクセルCMOS AFを採用し、バリアングル液晶を搭載しているとのこと。

加えて、EOS 6D Mark IIの詳細スペックに加えて旧モデルとなるEOS 6DとニコンのD750との性能比較表を製作してみましたのでご紹介します。

■EOS 6D Mark IIの詳細スペック


EOS 6D Mark IIの仕様

  • 総画素数:2,710万画素
  • 有効画素数:2,620万画素
  • 画像処理エンジン:DIGIC 7
  • オートフォーカス:デュアルピクセルCMOS AF
  • 測距点数:45点(オールクロスタイプ)
  • 測光センサー:7,560画素RGB+IR測光センサー
  • ファインダー視野率:上下/左右とも約98%
  • ファインダー倍率:0.71倍
  • 連続撮影速度:最高6.5コマ/秒
  • ライブビュー時連続撮影速度:最高約4コマ/秒(サーボAF設定時)
  • 標準ISO感度:ISO 100-40000
  • 拡張ISO感度:L(50相当)、H1(51200相当)、H2(102400相当)
  • シャッター速度:1/4000~30秒、バルブ
  • ストロボ同調最高シャッター速度:1/180秒
  • 動画記録
    • 1920×1080(Full HD):60p
    • 1280×720(HD):60p
  • 5軸電子手ブレ補正:搭載
  • 4Kタイムラプスムービー:搭載
  • アンチフリッカー:搭載
  • Wi-Fi・Bluetooth・NFC・GPS:搭載
  • 電子水準器:搭載
  • バッテリー:LP-E6N/LP-E6
  • 撮影可能枚数:約1200枚(ファインダー撮影時)
  • メディア:SD/SDHC/SDXCカード(UHS-Iカード対応)
  • 大きさ:約144.0(幅)×110.5(高さ)×74.8(奥行)mm
  • 重さ
    • 765g(CIPAガイドラインによる)
    • 685g(本体のみ)
  • キットレンズ(海外)
    • EF24-70mm F4L IS USM
    • EF24-105mm F4L IS II USM
    • EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM

■EOS 6D Mark IIと競合機の比較は?


EOS 6D Mark II vs EOS 6D vs D750

EOS 6D Mark IIEOS 6D、加えてニコンのD750と基本性能を比較してみましょう。

機種名 EOS 6D Mark II EOS 6D D750
総画素数 約2710万画素 約2060万画素 約2493万画素
有効画素数 約2620万画素 約2020万画素 約2432万画素
連写速度 約6.5コマ/秒 約4.5コマ/秒 約6.5コマ/秒
AF測距点 45点 11点 51点
クロス測距点 45点 1点 15点
ファインダー視野率 約98% 約97% 約100%
ファインダー倍率 約0.71倍 約0.71倍 約0.70倍
シャッター最高速 1/4000秒 1/4000秒 1/4000秒
ストロボ同調速度 1/180秒 1/180秒 1/200秒
最高ISO感度 ISO40000 ISO25600 ISO12800
拡張ISO感度 ISO102400 ISO102400 ISO51200
動画記録 Full HD/60p Full HD/30p Full HD/60p
手ぶれ補正 5軸電子式 レンズに依存 レンズに依存
液晶タイプ バリアングル式 固定式 チルト式
タッチパネル 対応 非対応 非対応
液晶サイズ 3.0型 3.0型 3.2型
電子水準器 搭載 搭載 搭載
内蔵ストロボ なし なし あり
Wi-Fi機能 搭載 搭載 搭載
NFC 搭載 非搭載 非搭載
Bluetooth 搭載 非搭載 非搭載
GPS 搭載 搭載 非搭載

高さ
奥行
144.0mm
110.5mm
74.8mm
144.5mm
110.5mm
71.2mm
140.5mm
113.0mm
78.0mm
質量 約765g(CIPA) 約755g(CIPA) 約840g(CIPA)

■進化したEOS 6D Mark IIは再び大ヒットとなるか?


現代的な進化を果たしたEOS 6D Mark II

EOS 6D Mark IIのスペックを見てみると、EOS 6Dから、イメージセンサーの刷新、デュアルピクセルCMOS AF、連写性能、可動式液晶モニター、常用ISO感度の向上など、画質・使い勝手共に大幅な進化を果たしています。

実にキヤノンらしい正常進化を果たしたEOS 6D Mark II、再び大ヒットフルサイズ一眼レフとなりそうな予感です。

参考:軒下デジカメ情報局
画像:軒下デジカメ情報局

Reported by 山﨑将方