2022年のミラーレスシェアがキヤノンの独壇場になりつつある

皆さんこんにちは。

今回は皆さん大好きBCNランキングのPOSデータから、2022年に入ってからの各週のミラーレス販売実績を見てみることにしましょう。

それによると、どうやらキヤノンが競合他社にに大きく差をつけて独走いる様子が見えて来ました。そしてこれはフルサイズミラーレスにおいても同様の傾向であることがわかります。

■2022年に入ってからキヤノンが全週でトップ2を独占


2022年BCNランキング各週ミラーレスカメラ販売台数ランキング
順位 1週 2週 3週 4週 5週 6週
01位 EOSKISSM2-WZKWH EOSKISSM2-WZKWH EOSM6MK2SL-WZK EOSKISSM2-WZKWH EOSKISSM2-WZKWH EOSKISSM2-WZKWH
02位 EOSKISSM2-WZKBK EOSKISSM2-WZKBK EOSKISSM2-WZKWH EOSKISSM2-WZKBK EOSKISSM2-WZKBK EOSKISSM2-WZKBK
03位 EOSRP-24105ISSTMLK PEN E-PL10 EZ EOSKISSM2-WZKBK EOSM6MK2SL-WZK ZFCLK16-50SL OM-1
04位 ILCE-6400Y(S) EOSRP-24105ISSTMLK ILCE-7M4 PEN E-PL10 EZ PEN E-PL10 EZ EOSRP-24105ISSTMLK
05位 ILCE-6100Y(B) ILCE-6400Y(S) PEN E-PL10 EZ DC-G100V-K ILCE-6100Y(B) ILCE-6100Y(B)
06位 ILCE-6400Y(B) EOSM6MK2SL-WZK Z50WZ ZFCLK16-50SL X-S10LK ILCE-7M3
07位 PEN E-PL10 EZ ILCE-7M4 ILCE-6100Y(B) ZV-E10L(B) ILCE-6400Y(S) DC-G100V-K
08位 X-T30LK-1545-B ILCE-6100Y(B) EOSRP-24105ISSTMLK EOSRP-24105ISSTMLK X-T30 II-S ZFCLK16-50SL
09位 EOSR6 Z50WZ ILCE-6400Y(S) ILCE-7M4 E-M10 Mark IV EZ Z50WZ
10位 EOSKISSMWH-WZK ILCE-6400Y(B) EOSM6MK2BK-WZK ILCE-6400Y(S) EOSRP-24105ISSTMLK ILCE-7M3K
ILCE-7M3

フルサイズミラーレスでもミラーレス市場を制しつつあるキヤノン

上の表を見ていただければわかるように、ミラーレス市場でもキヤノンが全ての週で上位を独占しており、フルサイズミラーレスに限定してもEOS RPがもっとも売れている機種であることがわかります。

BCNの発表によると、2021年の10月下旬からキヤノンがミラーレスシェアのトップになっていますが、それは2022年に入ってからも続いている(というか加速している)ようで、キヤノンがミラーレス市場でも独走状態に入ってきていることがわかります。

上の表を、1位→10点、2位→9点…10位→1点という風に点数を付けていくと、6週間の合計は、

  1. キヤノン→168点
  2. ソニー→75点
  3. OMデジタルソリューションズ→42点
  4. ニコン→25点
  5. 富士フイルム→11点
  6. パナソニック→10点

となり、2位ソニーから6位のパナソニックまでを全て合計してもキヤノン1社に及んでいません。

またフルサイズミラーレスがラインクインしているのはキヤノンとソニーだけですが、フルサイズミラーレスに限定して比較しても

  1. キヤノン→31点(EOS R6EOS RPがランクイン)
  2. ソニー→20点(α7 IVα7 IIIがランクイン)

となり、2022年に入ってからは「フルサイズミラーレスといえばソニー」の時代から「フルサイズミラーレスといえばキヤノン」へと既に変わってきているというわけです。

半導体不足は言い訳にならない

また半導体不足はどこも同じなので言い訳にはなりません。半導体不足を見越して対策できず他社に遅れをとっている時点でダメなのです。

このままではカメラ業界はキヤノン一強の市場になってしまうでしょう。それはかつてのキヤノン・ニコンの一眼レフ二強時代よりももっと厳しいものです。

現在キヤノン以外の代表的な日本のカメラメーカーは、

  • ニコン
  • ソニー
  • OMデジタルソリューションズ
  • パナソニック
  • 富士フイルム
  • リコー

がありますが、各社がバラバラに自分たちのこだわりや利益に固執していれば結局はキヤノンに利するだけです。

特にニコン・ソニー・パナソニックには対キヤノンの共同戦線を張って欲しいと思っていますが、こういったことは、どのメーカーも手遅れになってから動き始めるので多分無理でしょう。

追い上げるニコン、危機感の足りないソニー

この調子でいくと、2022年のミラーレスの年間シェアは、

  1. キヤノン
  2. ソニー
  3. OMデジタルソリューションズ

となるわけですが、表を見ていただければわかるように、ニコンがちらほらランクインしており、春以降ニコンが良い機種を出していけば、来年2023年頃にはニコンはOMデジタルソリューションズを抜いてミラーレスのシェア3位に入ってくる可能性が十分あると思います。

対してソニーはキヤノンに上から押さえつけられ、下からニコンに追われる危機的な状況になってきているのですが、メーカーもユーザーも危機感が足りないためソニーは非常に危険な状況にあります

 

Reported by 平原正隆