カテゴリー別アーカイブ: 撮影テクニック

写真の背景を大きくボカすための5つのポイント!

苺を食べました。おいしかったです。ブリリアントです。

写真の背景を大きくボカす
Photo by 山崎將方

今回は初心者のための、背景をボカしたい時のためのカメラの設定や撮影方法をご紹介します。背景を大きくボカすことで、被写体が浮き立ちより印象的に被写体を写し出すことが出来ます。背景をボカすための5つのポイントを詳しく解説させて頂きたいと思います。 続きを読む 写真の背景を大きくボカすための5つのポイント!

今すぐ写真が上手くなる、写真構図10パターン!

ブリリアント改め、フレーミング山﨑です。

構図の考え方03

さて今日は写真の基本、構図の考え方について、作例を踏まえて詳しく解説させて頂きたいと思います。皆さんは普段被写体に向き合った時どのように撮ろうか悩んだことはありませんか?

写真撮影では美しいもの、撮りたいものを見つけた際に、それをどう表現すれば自分がその被写体を見つけた時の感動やイメージを伝えられるかは写真撮影の上で常に悩ましい部分です。

  • この被写体にはどういった構図が適しているのか?
  • こう表現したい場合にはどの構図を選べばいいのか?

などを知ることが出来ます。今回ご紹介するのは、以上の基本&主要な構図10パターンです。これであなたも構図マスター! 続きを読む 今すぐ写真が上手くなる、写真構図10パターン!

プロカメラマンの考える、良い写真を撮るための103のTips!

「プロ◯◯が教える△△」というタイトルはありがちな上に凄くウザいので積極的に使ってみたブリリアントです。

写真撮影のためのTips

海外で活躍するフォトグラファー、ERIC KIMさんのwebサイトに写真撮影の参考になる楽しいTips集があり、リストの最後は「自分自身の写真ティップスリストを書くこと。」というものでした。

というわけで今回は、私の考える「良い写真を撮るためのTips集」を御紹介します。撮影のコツからカメラの取り扱い、カメラや写真に関する豆知識をなるべく数多く、かつ簡潔に読み進められるように書いています。また、随時加筆していく予定です。 続きを読む プロカメラマンの考える、良い写真を撮るための103のTips!

色温度?ケルビン?ホワイトバランスを極めて、写真の色かぶりを補正しよう!

みなさんこんにちは、ひらりんです。

eya02_r

今回は知っているようで知らない、ホワイトバランス総集編を加筆修正番としてお送りします。基本の知識だけど、チョットあやふやかも…という方は、ぜひこの機会にホワイトバランスについておさらいしてみてくださいね!

ホワイトバランスとは何か? - 白を白く見せる -

写真を撮って確認したとき、「実際と色味が違う…」と感じたことはありませんか?私達がフルオートでシャッターを押した時に決定する色は、「カメラが考える正しい色」です。原因はさまざまですが、それは私達が自分で認識する「正しい色」とズレている場合があります。

この色合いを「ホワイトバランス」と呼び、デジタルカメラの設定で望むように補正することができます。表現としてあえて実際と違った色を演出する場合を除き、一般的には白を白く写すことを基準として行われます。 続きを読む 色温度?ケルビン?ホワイトバランスを極めて、写真の色かぶりを補正しよう!

露出モード(P・A・Av・S・Tv・M)の使い分けをマスター!多彩な表現を操ろう!

ブリリアントモードです。

露出モード

カメラには各種露出モード(P、A・Av、S・Tv、M)があります。各モードはどれが優れているというものではなく、被写体・シチュエーション・表現方法などによって使い分けることになるわけですが、この露出モードの細かい違いと使い分け方について考えてみましょう。 続きを読む 露出モード(P・A・Av・S・Tv・M)の使い分けをマスター!多彩な表現を操ろう!